堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
仕事忘れに海外へ 関空ラッシュ
 正月を海外で過ごす人たちの出国ラッシュが始まり、関西空港の国際線出発フロアは28日朝から、スーツケースを抱えた家族連れらで混雑した。

 この日は1万6700人が出国予定で、搭乗手続きのカウンター前には長い列ができた。家族6人でグアムに向かう奈良市の歯科医有山佳伸さん(41)は「円高で少しぜいたく気分が味わえるのでは。仕事の忙しさを忘れ、のんびりしたい」と話していた。

 関空会社によると、年末年始(23日~来年1月4日)に関空から出入国する旅客数は前年比6%増の約39万3000人の見通し。ピークは出国が30日、帰国が来年1月4日という。

(2011年12月28日 読売新聞)

以上引用

いいなぁ~

家で
iPhoneでブログ書き

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
<世論調査>災害への備え「強化せず」46%、地域差も顕著
毎日新聞 12月31日(土)10時58分配信

拡大写真
震災を受け、備えを強化したか?
 8割の人が東日本大震災のような地震がいつ起きても不思議ではないと考えている中、震災後も自然災害への備えを変えていない人が46%に上ることが、毎日新聞が実施した世論調査で分かった。震災を受けて災害への危機意識が高まる一方、備えの必要性への理解は浸透していない状況が浮かび上がった。備えを変えていない人の割合は東北から遠い地方ほど高い傾向にあり、震災への実感の差が数字に表れたとみられる。

 震災のような地震が日本で起きる可能性について三者択一で聞いたところ、(1)「いつ起きても不思議ではない」81%(2)「(政府の機関が災害発生の目安としてよく挙げる)30年以内には起きると思う」13%(3)「当分は起きないと思う」4%--の順だった。

 震災を受け、自然災害に対する備えを強化したかを尋ねた質問への回答は「ある程度強化した」と「特に変えていない」がともに46%で「かなり強化した」は8%にとどまった。

 「特に変えていない」と答えた人を地域別に見ると、近畿、中国・四国、九州・沖縄がそれぞれ60%、64%、67%で、東北の16%を大きく上回った。北海道も63%と高かった。関東35%、東海38%、甲信越・北陸49%だった。

 「備えは経験に応じて強化される。被災地から遠ざかるほど実感がわかず、人ごとという意識が強くなり、備えへの意識が低くなったのではないか」。広瀬弘忠・東京女子大名誉教授(災害・リスク心理学)は分析している。

 調査は23、24両日に実施した。

【関連記事】
東日本大震災:福島・浪江の味で年越し B-1グランプリ4位の焼きそば
東日本大震災:福島第1原発事故 国責任の除染、難航必至 特措法あす施行 廃棄物処理めどなく
東日本大震災:福島第1原発事故 1号機の非常用電源部屋、91年に浸水事故
東日本大震災:福島第1原発事故 住民と千葉・柏市、除染で協働 「ココ掘れワンワン隊」活躍
東日本大震災:暮らしどうなる? チェルノブイリの経験から 内部被ばく減らす食事を
最終更新:12月31日(土)11時6分


以上引用
体験が、重要。


ちなみに、地震体験車の活用が重要な意味を持つだろうということが想像できる。

堺市は充分活用で来ているのだろうか。

ちなみに、どんな備えが必要かわかっていないという部分も少なくないと思う。

具体的な、マニュアルとか、リストとかを提示する事が必要だろう。

さらに、震災の体験談や被災地援助の体験を幅広く、啓発することだろう。

さて、こんな記事を読んで、堺市の危機管理は、どう思ったのだろうか?

どんな事をしなければならないと感じたのだろうか


不安だ、
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
防災学習報告会:地域住民と防災学習 津波対策など、児童ら成果披露--海南・黒江小 /和歌山
毎日新聞 12月22日(木)14時53分配信
 死者1330人を出した昭和南海地震(1946年)から65年の21日、海南市の市立黒江小学校(丸谷泰規校長)で防災学習報告会が開かれ、児童が地域住民らと津波対策などを学んだ成果を発表した
 同小校区の黒江船尾地区(約2600世帯)は、東南海・南海地震で、約50分後に約8メートルの津波が来ると予測されている。東日本大震災前から地域主導で避難訓練を実施してきたが、30~40代の子育て世代の参加率が低いことが課題となっていた。
 和歌山大防災研究教育センターなどと連携し、災害時の地域のリーダー育成につなげようと、今年度初めて小学校を巻き込み地域学習を進めた。11月には子どもらが作成した想定図で避難訓練をした。
 報告会には住民や保護者を含む約60人が参加し、3~6年生が学年ごとに発表。立体模型地図を作って街並みがどのように津波で浸水するかを調べたり、避難経路の道幅などを実測して歩きやすさなどをまとめるなどした結果を報告した。同市黒江、無職、大谷博通さん(72)は、「子どもらしい感性で地域での避難について考えてくれ、非常に分かりやすかった。またいろいろと教えてほしい」と話していた。【藤顕一郎】

12月22日朝刊

【関連記事】
ラグビー:釜石シーウェイブス 震災を乗り越え闘う
終業式:同居の7小中学校 それぞれに開く 福島・南相馬
話題 紅白歌合戦曲目決まる
東日本大震災:被災地に本をください!
津波被害:播磨・淡路地域、最大6.4万人 浸水想定区域、「東日本」級で県試算 /兵庫
最終更新:12月22日(木)14時53分

以上引用

どんな風にして、防災意識を高めるのか?

どんな課題があるのか?

なかなか、展開が見えていない堺市

なかなか、ユニークな展開で参考になると思う。

防災教育とのコラボ

どう地域を巻き込むのか


どう若い層をかかわらせるのか?

防災の取り組みすればいいというもんではない


意識と組織、どう展開させて行くのが課題


参考にして、、防災教育とのコラボ大事だと思う


堺市でもぜひ、

特に、三宝で、
過去の災害との関係での防災教育を
ひとつの社会実験として



AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
太田房江・元大阪府知事、谷川参院議員後継か

 2013年夏に任期満了を迎える谷川秀善・自民党参院議員(77)(大阪選挙区)の後継として、同党大阪府連内で、太田房江・元府知事(60)の擁立が検討されていることがわかった。


 谷川氏は27日の読売新聞の取材に、「今期で引退すると決めたわけではないが、引退するなら(太田氏は)有力な(後継)候補であることは間違いない」と述べた。

 太田氏は00年2月に女性初の知事として当選し、2期8年間同府知事を務めたが、自身の政治団体事務所費問題などで、3選出馬を断念。現在は産業ガス製造会社の役員を務めている。

(2011年12月27日21時04分 読売新聞)

以上引用

引退するなら、?!

仮定話がてること自体、政治ではご法度

ましてや、引退なら!

噂では、息子が、衆議院?

可愛がった木原氏も、いないし、大阪府も、乗っ取られ、自民党もあんな状態


政治的影響も、だいぶと落ちたし…

マジ、
引退するんだろうね

なかなか切れる人だと思うが

橋下に親近感を感じつつも、
対立してしまって


ある意味、飼い犬に噛まれて重傷?

そんな印象だ。


けど、太田氏を後釜?

少し、わからない。

最後の嫌味?
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
飲酒ひき逃げ死、同乗男「自分で運転は嫌」
読売新聞 12月28日(水)9時7分配信
 北海道江別市で11月、女性(当時39歳)が死亡したひき逃げ事件で、危険運転致死傷罪などで起訴された同市の配管工工藤博英被告(36)の乗用車に同乗していた岩見沢市のアルバイト従業員の男(22)について、江別署は27日、「厳重処罰を求める」との意見を付け、危険運転致死傷ほう助の疑いで札幌地検に書類送検した。

 男は「金がもったいなくて、最初からタクシーに乗るつもりはなかった」「自分が運転して捕まるのは嫌で、工藤被告の飲酒運転を黙認した」などと供述しているという。危険運転致死傷ほう助の適用は道内では初めてで、起訴されれば、裁判員裁判の対象事件となる。

 同署は江別市の元スナック従業員の女2人(37歳と30歳)についても道交法違反(飲酒運転同乗)容疑で札幌地検に書類送検した。

 道警幹部によると、男は当時、工藤被告の同僚で、事件前夜の10月31日夜から、勤務先で一緒に飲酒を開始し、その後、工藤被告の車でスナック、カラオケ店と移動して酒を飲み続け、工藤被告が正常な運転をできない状態だったのに、運転を止めなかった疑い。女2人は、工藤被告が立ち寄ったスナックの従業員で、工藤被告の飲酒運転を知りながら、車に乗り込んで自宅方向への道案内などをした疑い。調べに対し、3人は「危険は感じたが、止めなかった」と容疑を認めている。
最終更新:12月28日(水)9時7分


江別の死亡事故:被告追起訴 8年前の被害者母、飲酒運転根絶へ決意「まだ罪の意識薄い」 /北海道
毎日新聞 12月23日(金)10時48分配信
 江別市の飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕された男が22日、危険運転致死傷罪で追起訴された。飲酒運転や飲酒に絡む事故は減少傾向にあるが、根絶には遠い。8年前にやはり江別市で起きたひき逃げ事故で次男を亡くし、悪質な交通事故根絶を訴える活動を続ける高石洋子さん(49)は「まだ飲酒運転に対する世の中の罪の意識は薄い。各地の裁判を傍聴し、被害者遺族のサポートをしたい」と決意を新たにする。【小川祐希】
 高石さんは03年2月、高校1年の次男拓那さん(当時16歳)をひき逃げ事故で亡くした。発生は午前4時50分ごろ。逃走し、同日夜に逮捕された男は飲酒運転を認めたにもかかわらず、アルコールが検出されなかったために危険運転致死罪は適用されなかった。「見捨てて逃げれば刑が軽くなるのはおかしい」。他の遺族らとともに署名や講演活動を続けてきた。「拓那に『頑張ったね』と言ってほしい」との思いもあると打ち明ける。
 「逃げ得」を許さない関係法令の改正を求め、法務相に提出した署名は10年6月までに計52万人。かえって逃げ得を周知してしまうのでは、という葛藤もある。それでも「国会議員はなかなか動いてくれない。今後も地道に署名を集めるしかない」と話す。
 危険運転致死罪などの厳罰化が進んだことも影響し、飲酒運転は減少傾向にある。道内の飲酒運転の検挙件数は01年の7643件から10年には1129件に、飲酒による自動車人身事故も06年の345件から10年は187件にまで減った。だが、今回追起訴された男は昨年にも飲酒事故を起こしていた。「どうすれば根絶できるのか……」。無力感にさいなまれる時もある。
 「飲酒運転常習者には『自分だけは大丈夫』という変な自信がある。飲酒運転は自分の家族も不幸にすることに、事故を起こす前に気づいてほしい」。高石さんの切なる訴えだ。
 ■解説
 ◇立証膨大、捜査難しく
 江別市の飲酒ひき逃げ死亡事件は、発生から危険運転致死傷罪での起訴まで52日間を要した。飲酒による危険運転の解釈が明確ではないため、勾留期間の20日間では捜査が困難な問題を改めて浮き彫りにした。
 危険運転致死傷罪は▽アルコールの影響で正常運転が困難▽制御困難な高速度の運転--など五つの類型がある。アルコールの影響に関しては、飲酒量、酒に酔った状況、事故前・事故後の運転状況、事故後の言動、飲酒検知結果など、ハンドルを握る前から事故後に至るまで膨大な証拠収集が必要だ。
 同罪の適否を判断するには判例の集積が不可欠だが、最高裁が飲酒に関して適用基準を示したのは、福岡・3児死亡事故の決定(10月31日)の1件しかない。一方で、検察が起訴段階で同罪の適用を見送るケースは少なくない。危険運転致死傷罪(最高刑は懲役20年)と自動車運転過失致死傷罪(同7年)には量刑に大きな差があり、捜査機関に慎重さが求められるのは当然のことだが、現状は被害者、加害者とも結論に納得しにくい仕組みになっているのも確かだ。
 10月の最高裁決定も「8秒間脇見をしていた」という限定的状況をアルコールの影響と判断したに過ぎない。今回のケースでも、公判で被告が起訴内容を否認したら、裁判員は難しい判断を迫られるだろう。
 危険運転致死傷罪の創設から10年。悪質な飲酒運転をどのように処罰することが望ましいか、改めて幅広い議論が求められている。【伊藤直孝】

12月23日朝刊

以上引用
飲酒運転の理不尽

逃げたら、刑がかるくなる


それにしても。自分が捕まりたくないから運転させるという発想。自分勝手な。



くれぐれも飲酒運転は、ダメ

周りでも、注意をそ
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。