堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:
【東日本大震災】No.33 わが子よ  石巻市立大川小学校
2011.03.24
撮影場所 石巻市立大川小学校
サブジャンル [東日本大震災]

思い出の写真。子供たちは楽しそうに写っていた
 教科書や鍵盤ハーモニカ、絵、写真などが散乱した校舎。そこにはがれきをかき分け、児童たちの遺留品をみつけて涙する親の姿があった。北上川の河口にある宮城県石巻市立大川小学校は、地震で校庭に大半の生徒と教職員が避難していたところを津波にのみこまれた。23日現在、全校生徒108人のうち、21人が死亡、56人が行方不明になっている。教職員は、13人のうち1人が死亡、9人が行方不明。消防隊員らによる懸命の捜索が今も続いている。

 ステンドグラスが施されたホールは面影もなく崩壊していた。校舎と体育館をつないでいた2階の渡り廊下もねじれたように落ちていた。校舎内は腰の高さほどまで土砂で埋まり、津波で押し流されてきたがれきが散乱していた。音楽室のピアノはひっくり返り、4本の足をつき上げていた。


児童たちの遺留品のヘルメットを手にする母親とみられる女性

がれきの中から見つかったランドセル

児童の遺留品の中にあった鍵盤ハーモニカ
 毎日のように遺体が見つかる。

 「ケンちゃん、ケンちゃん。苦しかっただろう。ケンちゃん、ケンちゃん。ゴメンな」。ビニールシートに包まれて運ばれてきた子供の姿を確認した親の悲痛な声が響く。近くには、捜索隊が持ち帰った泥だらけのランドセルやピアニカ、学習用具などが山積になっている。

 「少しでも子供の思い出が見つかれば」と山積の遺留品の中から懸命に自分の子供の写真を探していた母親(37)がいた。小6の長女(12)と小3(9)の長男を失ったという。「学校で避難したと聞いて、安心していたが…。泣くしかできない」と唇をかんだ。(写真報道局 松本健吾)

 【関連】大川小で今年度最後の登校日、卒業式開けずを見る

以上引用

・・・・・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
被災16歳、おいっ子に寄り添う 義姉不明、悲しみ隠し
2011年3月21日


甥っ子の小鎚悠陽君(右)の世話をして過ごす秀斗君(右から2番目)。優しい「お兄さん」は避難所の子どもたちに大人気だ=陸前高田市

 避難所となっている陸前高田市の市立第一中学校に、子どもたちの人気者になっている高校生がいる、住田高の小鎚秀斗(おづち・しゅうと)君(16)だ。

 1千人ほどが避難する市立第一中学校の2階。秀斗君は、休んでいる高齢者もいる部屋の中を所構わず走り回るおいっ子の悠陽(ゆうひ)君(1)を抱きあげてあやした。すぐさまその足元から、「お兄ちゃん見て、この折り紙すごいでしょ」「早く遊んで!」と、ほかの子どもたちが押し寄せてきた。

 かくれんぼをしたり、アンパンマンのぬいぐるを使って喜ばせたり、体の上をよじ登られても決して怒らず、子どもたちと過ごしていた。

 そんな秀斗君だが、身内で安否が分からない人がいる。悠陽君の母、有花さん(24)だ。秀斗君の義姉にあたる。

 津波が来たとき、秀斗君は祖父母たちと逃げて無事だった。有花さんは市内の農協で働いていて逃げ遅れた。おなかには、5月に生まれる予定の悠陽君の妹がいる。4月から産休に入り、いよいよ出産という矢先の津波だった。

 水が引いた後、有花さんの夫の潤一さん(27)らが毎日探しに出た。茶色い髪をした有花さんがどこかで助けを求めていないか見て回ったが、1週間経ってもみつからなかった。

 「うーん、悲しい……」。秀斗君は有花さんのことについて考えられるまで、まだ頭の整理はできておらす、複雑な気持ちでいる。高校のことも少し心配だ。

 でも今は、何も知らずにいるおいっ子を大切に守りたい。悲しみを、表情には出さないでいる。(森本未紀)

以上引用
悲しみと不安をこらえて・・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夫の遺影残っていた がれきの自宅から発見 宮古
2011年3月20日


見つかった夫・正弘さんの遺影を大事そうに抱える竹花美穂子さん=宮古市

 高さ10メートル、総延長2.4キロの防潮堤を越えて、津波が押し寄せた宮古市田老地区。児童施設職員の竹花美穂子さん(51)が18日、がれきに埋もれた自宅から、2年前に逝った夫の正弘さんの遺影を見つけた。「あぁ、よかった。これがあれば、これからも生きていけます」。長女の佳澄さん(22)と次女の友里恵さん(17)と顔を見合わせ、涙目になった。

 自宅は防潮堤から約50メートル。遺影は2階の居間のかもいにかけてあった。11日、大きく揺れた瞬間、居間にいた佳澄さんは遺影の中の正弘さんと目が合った。「逃げろ! 」と聞こえた気がして、約5キロ南にある祖母の家まで夢中で逃げた。勤務先にいた美穂子さん、学校にいた友里恵さんも無事だった。

 翌日から毎日、3人で自宅を目指したが、がれきに阻まれ続けた。自衛隊によって少しずつ、がれきの間に道ができ、1週間目にようやくたどりついた自宅は、窓が割れ、玄関のドアがなくなり、漁船が乗り上げていた。

 遺影は、流されることもなく、倒れていた仏壇にすっぽりと覆われた状態で見つかった。傷ひとつなく、写真も鮮明なままだった。美穂子さんは「こんなにきれいな状態で見つかるなんて、不思議ですね」。

 正弘さんが53歳の若さで肺がんで亡くなってから、2人の娘と支え合いながら暮らしてきた。「優しかった夫が見守ってくれていた。今回も、これからも家族を守ってくれると思います」(古田真梨子

以上引用

あの日・・・何かに救われた思い・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。