投財堂のドタバタ妄想録

兜町という聖地へ
夢を求め 金を求め彷徨う・・・
市場放浪記、改め・・・・・ドタバタ妄想録。


テーマ:
4月14日 伝説のおじさんシリーズ

久しぶりに変なおじさんを見た。
恒例の、変なおじさんシリーズ。

題して・・・
自動販売機おじさんの話。

昨日の事だった。
結構、交通量の多い県道にて

俺の前を、一人のおじさんが歩いていた。
あっ、先に言っておくけど、そのおじさん俺じゃないからね。
そこそこの身なり。
一見して、ホームレスではない。
そのおじさん、ふと立ち止まり道路の反対側をまじまじと見ていた。

え?

もしかして、信号も無いこの場所を渡ろうとしてる?
20メートル位先に押しボタン式の信号があるのだが
そのおじさん、この場所を渡ろうとしていた。
その目は、道路の向こうに釘付け。

ん?
何があるのだろう?

俺も見た。

何もない。

あるのは自動販売機だけ。

ん?

もしかして・・・・あれか?

あの、自動販売機見てるの?

するとおじさん、何とスルスルと道路を渡り始めたではないか。
左右から車、来てます。
年の割に軽快なフットワークで渡るおじさん。

えっ?
えっ?

鳴り響くクラクションをよそに、おじさん見事に渡り切りました。
何故か安堵する俺。
そして拍手。
よくやった。
よくぞ渡り切った。

さあ、おじさん・・・何をする!
そんな危ない思いをして、一体何をしようというんだ。

ごく自然な形で自動販売機に近づくおじさん。

そして、その手をサッとつり銭入れへ伸ばす。
シャカシャカシャカ。

え?

危ない道路横断をして・・・・あれ?
もしかして、つり銭探し?

つり銭がなかったのか、残念そうな顔をして
じっとこちら側を見るおじさん。

そして・・・・・何と、また・・・
無謀な道路横断をする素振り。

待て!

せめて、20メートル先の信号まで行け。

何故だ?
何故、またここを渡ろうとしているのだ。

俺はおじさんの視線を見た。
おじさんの視線は、こちら側5メートル位先にあった。

そこにわずかな窪みがある。
そして、その窪みに・・・そいつはあった。
わずかな窪みに隠れるように自動販売機が・・・

何故そこにある!

また、そこにあるならなぜ先に気づかなかったのだ。
二度手間ではないか。

再び道路を横断し始めるおじさん。

俺の中で何かが弾けた。

今ここで、おじさんの目指している自動販売機のつり銭口に
俺が先に手を伸ばしたらどうなる。

俺の方が近い。

今ならやれる。

俺なら出来る。



しかし、俺は立ち止まったまま動かなかった。
・・・というか、おじさんの行動を終始立ち止まったまま
見守っている俺って、どうなのよ。

とにかく俺は動かなかった。
俺が自動販売機に近づくと、おじさん、慌てるかも知れない。
慌てたおじさんが、車に轢かれちゃったらシャレにならんもんね。

おじさん、ようやくこちら側に着きました。
そして自動販売機へ向かう。

手は再びつり銭口へ・・・

「あるワケねぇ~だろ!」

心の中で毒づく俺。

そして・・・つり銭口へ入れた手をニヤリとしながら戻すおじさん。

え?

え?

え?


「あったのかよ!!」


なぜか拍手をする俺がいた。

(了)

嘘のような本当の自動販売機おじさんの話でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「伝説のおじさんシリーズ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
2月13日 春一番

「お客さん、お客さん」

某・市役所のロビーで新聞を読んでいると、そう声をかけられた。
昨日の事である。
振り返ると、片手に缶コーヒーを持ったオッサンがいた。
風采の上がらない、いかにも・・・といったような身なりである。

「???」

俺がキョトンとしていると、そのオッサンがまた・・

「お客さん、お客さん」と、俺が読んでる新聞を指して言う。

「ん?」

オッサン
「お客さん・・今日は株が大変なことになってるよ」
「金の値段が凄いよ。6500円だってさ」
「ビックリしちゃったよ、6500円て凄いよね~」

どうやら俺に言ってるようだ。
何で俺に話しかけてんの?
俺が新聞を読んでるからかな・・・まあいいか。
しかし、このオッサン・・・
どう見ても市役所の職員ではない。
だとすれば・・オッサン、アンタもお客さんだろ。
・・・と思ったが、それよりも俺は
オッサンの言った「金が6500円」という言葉が気になった。

6500円?マジかよ・・・

その日、株が暴落してるのは勿論判っていた。
しかし、金が6500円とは・・・・不覚だが全く知らなんだ。

俺は小躍りしそうになった。
若干だが金を持っているからだ。
頭の中ですばやく計算する。
6500円・・・ということは、手数料を引いても・・フムフム・・
こいつは凄い事になる!!

さらに追い討ちをかけるオッサン
「お客さん、このままだと10000円になるかも知れないって・・」
「さっきラジオで言ってたよ」

おおおお~~!!

マジかよ、マジかよ。

この風采の上がらないオッサンが天使に見えてきた。

まだ話をしたそうなオッサンに適当にあしらい、俺は市役所を出た。
まだ順番が来てないが、今はそれどころではない。

家路を急ぐ。
まだ仕事が残ってるが、それどころではない。

6000円超えてりゃ十分だろ。
場合によっては売るのだ。

ハアハア言いながら家に帰って来た。
慌ててPCを立ち上げ、金価格を調べ・・・場合によっては・・・

出た!
本日の金買い取り価格・・・

4787円!



何?

普通の価格じゃん。

(  ゚ ▽ ゚ ;)


え?


市役所の用を放り投げ・・・
仕事そっちのけで帰って来て・・・この始末?



どこが6500円なんじゃい!

あの、クソオヤジめ。
適当なこと言いやがって。


仕方なく、もう一度市役所に戻る。

すると・・あのオッサン
まだいた。
何やら、フラフラしながらロビーの中を徘徊してる。
どうやら、話しかける相手を探してるようだ。
そして、新聞を読んでいる人を見つけるオッサン。
何気なくそちらの方に近づいて行く。

俺も気づかれないようにオッサンに近づく。
背後に回る俺。

オッサン・・・新聞を読んでる人に声をかけた
「お客さん、お客さん・・知ってるかい?」
「金価格が凄いことになってるよ。7500円だよ」

完全に確信犯だろコイツ!
しかも1000円上がってるし。

これが確信犯オジサンである。

貴方の街の役所にも現れるかも知れません。
気をつけた方がいいでしょう。








AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
おじさんシリーズ

今回は、鳩おじさんの話をしよう。

鳩おじさん・・・
これはフィクションではない。
真実の物語なのである。

鳩おじさんが誰なのかは、この際言わない事にする。
誰でもいい。
鳩おじさんには誰もが成り得るのだ。
これを読んでいる貴方が男性なら・・・
貴方も十分鳩おじさんに成り得る。

また、もし貴方が女性ならば・・・あら、私は女だから大丈夫ね
・・等とゆめゆめ思わないように。
大丈夫、鳩おばさんも十分存在します。

決して、他人事などと思わないで欲しい。
あっ、それと言わずもがなだが
鳩おじさんが誰なのかは・・・詮索しない事だ。

いいね。

鳩おじさんの話

※ ※ ※

今日も俺は公園にいた。

なぜ公園にいるのか?
もちろん昼食のためである。
某スーパーで買ってきた250円の弁当。
これがまたいいのよ。
安くて量もある。
味もいい。
文句なしだ。
その弁当を、一人、公園で食べるのが楽しみでね。
まさに至福の時。
誰にも邪魔させないぞ。
人生最大の楽しみ・・それが昼公園弁当なのだ。
ウヒヒヒ、ウヒヒ、ウヒヒ
ベンチに腰かけ、薄ら笑いを浮かべながら弁当を食べ始める。

その時・・・鳩が来た。

ここの鳩は、いる時といない時があるのだが
今日は・・・いた。
5羽いた。
食事のおこぼれにあずかる算段なのだ。
クックー、クックーとか鳴きながら
人が弁当を食ってる周りをウロウロしている。

「そうはいくか。お前らに与えるメシなない」
これは俺の弁当なのだ。

遠くの方ではしゃぎ回る子供たちの姿が目に入ったが
とりあえず無視をする。

気持ちがそちらの方に向いていたせいか、飯粒が一粒落ちた。
それを見ていた鳩・・・
クックー、クックーと鳴きながら
俺の落とした飯粒を奪い合う。
失敗した。
飯粒を落としてしまった・・・まあいい。
もう、落としはせん。
クックー クックー
『はよ落とせよ』・・・とでも言いたげに、周回する鳩。

この時・・・遠くで走り回っていた子供たちが俺の方に向かって来るのが見えた。
ん?
よく見ると、子供たちは別の鳩を追ってるようだ。
子供たちの前には逃げ惑う鳩が・・・5羽。
それをキャッキャ、キャッキャと追いかける子ら。
年の頃なら・・・3歳位だろう。
何にでも興味を示す頃だ。

段々とこちらに近づいて来る。

な、何かイヤな予感がする。
・・てか、イヤな予感しかしない。

俺はメシを食っている。
俺の周りには、すでに5羽の鳩がウロウロしている。
そこに子供たちが追っている鳩が、さらに5羽・・・
こちらに来ないという保証はなにもない。
むしろ来る。
おこぼれにあずかろうと先発隊の鳩が5羽。
そこに後発隊の鳩が、逃げるついでに俺の飯を狙いに・・・

鳩が来れば・・・必然的に・・・それを追っている子供たちも来る。
鳩を追っている子供たちは3人だ。
この状況に、さらに5羽の鳩と3人の子供たちが加わるのである。
俺は弁当を見た。
ほとんど減ってない。
メインのおかずは、これから手をつけるのだ。
「これから楽しむに食うんだよぉ~邪魔しないでくれよぉ」
などと思ってるうちに・・・やつらが加わった。
ベンチに腰かけ、10羽の鳩と3人の子供たちに囲まれて
一人黙々と飯を食う図。
どうよ?
この図・・・どうなのよ?
気になる。
ヒジョ~に気になる。
ベンチはまだ他にある。
移動するか?
この状況でベンチを移動する勇気が俺にあるのか?
食いかけの弁当を持ち、ベンチを移動する図。
これもイヤだ。
また、たとえ無事に移動出来たにしても
弁当を持ってる以上、鳩はついて来る。
鳩がついてくれば当然、子らも来る。

俺は決意した。
このまま食い続けよう。

食い終われば堂々とベンチを離れる事が出来る。
しかし、美味しく頂くために早食いは厳禁だ。
10羽の鳩と3人の子供たちを従え堂々と食うのだ。
俺は神だ。
俺はこの状況を支配してる神なのだ・・・と思うことにした。

ムシャムシャ、ムシャムシャ
クックー、クックー
キャッキャ、キャッキャ

ムシャムシャ
クックー
キャッキャ

ムシャクーキャッ

そんな状況が5分くらい続いただろうか・・・
さらなる苦痛は唐突にやって来た。
なぜ、その事に頭が回らなかったのか?
よく考えれば判る事だった。
目の前の弁当と・・・鳩と・・・子供たちばかりに気を奪われていた。

子供たちは・・・子供たちだけで・・・この公園にいるのか?
???
違う気がする。
3歳児・・・だぞ。
絶対に違う。

だとすれば?

当然いるだろう。

アレたちが。

すると・・・・・


来た。

アレたちが、3歳児を追って来た。

母親である。

弁当は・・・まだ半分くらい残っている。
イカン!味わい過ぎた。

最初に、俺の弁当を追って5羽の鳩。
そこに、子らから逃げるついでにやって来た別鳩5羽。
その鳩を追って来たわらべが3人。
そのわらべを見守る母親3人が、このグループに加わった。

もはや、俺は神だなどと言ってるバヤイではない。
32の瞳に見守られながら、残り半分のメシを大急ぎで食う。
貪るように食う。
味わうどころではない。
メインディッシュが・・・俺のメインディッシュが・・・
焦りと涙で味が判らなかった。


『鳩!メシはやらん!諦めてどこか行けよバカ』
『こら、母親!この状況を何とかせい!』

しかし一向に動かない御一行さんたち。
ぶつぶつ言いながら食い続ける俺。

そして、ようやく味気ない昼飯が終わった。

よかった・・・
ようやくこの苦痛から逃れられる。
俺は立ち上がった。
食い終わった弁当箱片手に公園の出口へ向かう。
あとは好きにやってくれ。

出口付近で、何気なく後ろを振り返った。

???

ついて来てる!



わらべ
母親

・・・の順でついて来ている。

クックー クックー
キャッキャ キャッキャ
ペチャクチャ ペチャクチャ

何だこの展開は?

俺は泣きたくなった。

※ ※ ※


以上が鳩おじさんの話である。
10日以上も前の話だ。

その後、どうなったのか?・・・・だと?
知らない方がいいと思うよ。

おっ、もうこんな時間か。
そろそろ出かけなければ。

玄関を開けるだろ?

そこにいるんだよ。
10羽の鳩と、わらべ3人と、その母親3人が。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。