投財堂の市場放浪記

兜町という聖地へ
夢を求め 金を求め彷徨う・・・
市場放浪記。

NEW !
テーマ:
N駅

道を訊かれて、間違って教えてしまった事ってないですか?
ありますよね?
ね、ね、あるでしょ?
ありますとも、そんな事って何回も・・・(何回もないかも知れないけど)
勘違いなんざ、あるでしょうよね・・そらあるでしょ。
ワザとじゃないですモンね。
不可抗力ですよ。

そんな、誰にでもあるような・・ごくごく普通の日常が
ちょっとした事で、とても恐ろしい状況になってしまう・・・
そんな話をしたいと思います。

いやなに、誰でも経験した事あると思いますよ。

それは・・・・・・




道をね

訊かれたんですよ昨日。
・・・こんな感じで・・・

女 
「あのぅ・・・N駅へはどう行ったらいいんでしょうか?」


「ああ、N駅なら・・・この道をまっすぐ行って、突き当りを左ですよ」


「どうも有り難うございました」

・・・とまあ、ここまでは普通なんですよ。

ところが・・・
しばらくしてから気がついた。

あっ!!
間違えたかも知れん。
女はN駅を訊いてきた。
俺が教えたのは、私鉄のS駅ではないか。
嗚呼、そうだそうだ。
この道を真っ直ぐ行って左にあるのは私鉄のS駅だ。


JRのN駅は・・・


いかんいかん。
方向が全く逆である。

しかし、もう遅い。
女の姿はすでになかった。

まあいい。
判らなければ、誰かに訊くだろう。
そしてもう一度、この道を引き返してくるに違いない。
運が悪い事に・・俺はそのS駅の方向に用があった。


隠れよう。

別に、悪い事をしたワケではないのに
なぜ隠れにゃならんのだ。
俺はその時の情景を思い浮かべた。
引き返してくる女と会う・・・
そして俺は言うんだ。


「いやぁ~、先ほどはスイマセンでした。N駅とS駅を間違えました」


「いえいえ、気にしてませんから・・今から本当のN駅に行って来ます」

『本当の? 何だそら。当てつけか?』

女は柔和な笑みを浮かべて言うが、その目は決して笑ってはいない。
ジロリ・・と恐ろしい目で俺を睨みつける。
私の貴重な時間を返してよ!・・とでも言いたげだ。

それだけは避けなければならない。
だから隠れるのだ。
顔を合わせるのは絶対にマズイし、女も俺と会いたくはないだろう。
女のためにも隠れなければならんのだ。


この大通りは一本道だ。
俺がここにいる以上、間違いなく戻って来た女とスレ違ってしまう。

俺はちょっとした脇道に身を隠した。

その脇道に身を潜め・・・息さえ殺しながら、女の戻りを待った。
ここで女が通り過ぎるのを待つのだ。
しばらく待っていたが、女はなかなか戻って来なかった。
息を殺しているため、胸が苦しくなっている。

ハアハア・・・ハアハア・・・
マ、マズイ。

呼吸が荒い。

ん?
ややや?

脇道に身を潜め、まんじリともせず・・一つ場所に身を屈め
荒い呼吸で女を待つ。
この態勢・・・

まるで、ストーカーではないか!?

いかんいかん。
このままでは他人に勘違いされる。
そ、そうだ。
この脇道を裏通りの方に抜けてしまおう。
かなり遠回りになるが、仕方ない。
裏通りは、N駅とは繋がってないから
この脇道を抜ければ女と会う心配もない。
何でもっと早く気付かなかったのだ。
俺の目の前を女が通り過ぎるのだけを待っていたからだ。
「隠れる」という意識があったからこそ気付かなかった。

俺はコソコソと、脇道を奥へ奥へと歩き出した。

そして思った。

これはもはや「隠れる」・・という行為ではない。
完全に・・・「逃げる」・・・だ。

ただ、道を訊かれただけなのに・・逃げる?

俺が何をした!?
何をしたって言うんだよぉぉぉぉ~~~


雨の中・・・NとSを間違えてしまった、ただそれだけで
俺は、自宅とは程遠い、脇道の奥へ奥へと歩いて行くのだった。

後ろを振り返る。

だ、大丈夫だ。女はいない。
女がつけてくる様子はない。

なぜ逃げる。
なぜ、女から逃げているのだ。

判らない。

もう何にも判らなくなっていた。

俺は走り出した。

つまずいた。

転ぶ。

雨の中を泥だらけになりながら・・走り・・・転び・・・
もの凄い勢いで走った。

ハアハア!

逃げろ!
逃げないと捕まる。

恐ろしくて後ろを振り向くことも出来ない。

も、もうダメだ。
もう走れない。
完全に捕まる。
捕まってしまう。
薄れ行く意識の中で
俺は思わず叫んだ。

「た、助けてくれ~~~~!」


・・・・・


いかがです皆さん。
こんな経験・・・もちろんありますよね?

以上 誰にでもある日常の風景・・・でした。






AD
いいね!した人  |  コメント(2)
NEW !
テーマ:
7月7日 七夕が空からやって来る

これより、5銘柄によるチキンチキン銘柄猛レース・・を執り行う。

第1のコース (3823)アクロディア君 850円
第2のコース (3843)フリービット君 942円
第3のコース (4813)ACCESS君 848円
第4のコース (9748)NJK君 629円
第5のコース (9758)ジャパンシステム君 985円

以上 チキン5銘柄がエントリーしております。

尚、ゴールは1500円!

現在、ジャパンシステムが頭一つリード。
しかし、いずれも典型的なチキンのため
ゴール前で、コケる可能性大であります。
また、そのチキン性により
全く進む素振りすら見せない事がありますので、注意が必要です。

そしてこのレースには、スペシャルゲストとして
元祖、チキチキマシン猛レースの個性的なメンバーが
応援団として来日しております。

どうでもいいのですが、コイツ等が自分達も紹介しろ・・と
ダダをこねておるようですので、取りあえず紹介だけしておきますね。
ああ、メンドクセ~~~。

ゼッケンNO 00 ゼロゼロマシン(ブラック魔王&ケンケン)
ゼッケンNO1 岩石オープン(タメゴロー&トンチキ)
ゼッケンNO2 ヒュードロクーペ(モンスター&ドラチビ)
ゼッケンNO3 マジックスリー(ドクターH)
ゼッケンNO4 クロイツェルスポーツ(こうもりボス)
ゼッケンNO5 プシーキャット(ミルクちゃん)
ゼッケンNO6 タンクGT(軍曹閣下&新兵)
ゼッケンNO7 ギャングセブン(トラヒゲ一家)
ゼッケンNO8 ポッポSL(ヨタロー&熊八)
ゼッケンNO9 ハンサムV9(キザトト君)
ゼッケンNO10 トロッコスペシャル(ドンカッペ&甚平)


kenken


   
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
15:00分00秒

株式市場が終わった。
なでしこは既に終わっているだろう。
俺はまだ出先にいる。
相変わらず、結果は全然判らない。

しかし・・・

君は予知能力の天才を目の当たりにしたハズだ。

どうだい?

恐らく、なでしこジャパンは5-2位で破れ
(9758)ジャパンシステムは暴騰してるハズだ。

え?

当たってる・・・って?

当然じゃないか。
私には、99%の予知能力があるのだ。
全てを誤差の範囲で当てることが出来るのだ。

現在の時刻は7月6日の8時ジャスト。
この未来記事は、本日の午後3時に投稿される。

誰が何と言ってもこれは、未来記事なのだ。
その証拠に私は今ここにはいない。

・・・というのが、何の証拠にもならない事は判っている。

信じてくれ。

これは事実なのだ。



ほ~~~う。
では聞こう。
予知能力のある人間が、そこまで貧乏な理由を教えてくれ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇