東予温泉いやしのリゾート

愛媛県西条市の東予温泉いやしのリゾートスタッフによるブログです。
歩行湯、薬湯、源泉かけ流しのお風呂が楽しめる大浴場や家族風呂、ご宿泊もございます。
お得なキャンペーン情報や休館情報などを発信しています。


テーマ:

東予温泉いやしのリゾートをご利用いただきまして

ありがとうございます。

 

健康応援キャンペーンと感謝セール実施中です。

期間中入浴回数券をお買上げの方に入浴券4枚プレゼント

致しますのでこの機会に是非お求め下さい・・・・

 

j

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏休みやお盆でふるさとの東予に帰って来られる方もたくさんおられると思います・・・この辺り(東予温泉いやしのリゾート周辺)に多い苗字と歴史について一考察してみたいと思います

愛媛県の東予地区でよく聞かれる苗字の塩崎さんについてです。


 楠正成の末裔が西条神戸の楠に居住し塩崎と名乗りました。

この一族に周布本郷の浄土真宗長敬寺ご住職を代々務めている塩崎氏がいます。
 長敬寺は鎌倉時代の弘安6年
(1283)の創立当初より伊予守護河野氏との関係が深いお寺です。
 市の文化財に指定されている河野左京大夫通宣の血書三部経が保存されていることでも有名なお寺です。

 坊守も代々城主級の家より来ていて戦国時代の第十三代願入権利津師の坊守は河野通直公娘、第14代唯圓の防守は伊予守晴通公娘と河野本家当主の娘がきています。

 長敬寺では武士団を養い軍団化が進んでいたようで十四代唯圓は土佐国長宗我部元親が宇和郡、喜多郡に侵入し西園寺氏、宇都宮氏が元親に下り河野氏に反した時、河野通直に従って南予に出陣して戦っています。

 塩崎系図には「・・・長宗我部、我国ノ相乱聞キ籏ヲ巻キテ引退ク、通直公帰館セリ唯圓戦功一ナランヤ」と言っています。

 天正13年には豊臣秀吉の四国平定「天正の陣」により、河野家は所領を没収され、小早川隆景の執り成しも空しく河野家の再興は望みを失って旧家臣による竹原での秀吉襲撃も失敗し河野通直の死没により天正15年河野氏宗家は滅亡しました。

 塩崎系図、十四代唯圓の項に「河野正流長ク断、威籏下、不残、民間ニ下リ、当時此時寺領ヲ離シ、暫ク所々散ル・・・」とあり河野氏滅亡と共に長敬寺も破壊され、武士団も解体離散したようです。

 唯圓=塩崎氏の出家名

塩崎氏の末裔に政治家塩崎泰久さんがいます。
 日本国政治の要である官房長官を努めました。(現在も衆議院議員は現役です)
 伊予国(現愛媛県)出身者で歴史上最高位の政治家になられました。
 不思議なのは塩崎泰久氏と河野家末裔と言われている衆議院議員河野太郎氏との関係です。
 伝え聞く所によると河野太郎議員は塩崎議員と仲が良いようで塩崎議員を総理候補に推薦したこともあったようです。
400年の時がたっても誰もわからないご縁があるのかもしれませんね!
  
塩崎先生はまだまだ現役ですので最高ポスト迄上り詰めてほしいものです

 
 唯圓と同時代
(天分~天正年間)に金子備後守元宅の家臣になった人で塩崎播磨守通兼がいます。(唯圓の一族)

彼は最初周布本郷(長敬寺)に程近い(旧東予市)今在家に住んでいましたが、其の地は新居郡旗頭の金子氏の領地であった時もあり彼は抜擢されて金子氏の地に移り家臣となりました。
 奉行として今の新居浜市の金子新田を開拓したと言い伝えられています。

播磨守通兼の居城は平城で名護城と呼び磯浦名古志呂新田塩浜(新居浜字塩浜跡乙31番地~乙102番地あたり)にありました。

名古志呂 = 名護城から出た地名である。

ここに先祖の楠正成を祀り新しく造ったお宮で若宮と呼ぶ今の若宮神社があります。

楠正成の紋所は菊水で金子新田では、祭りなどで菊水紋が見られます。

又、惣開も塩崎一族が総出で開墾したので、惣開という地名になりました。
 天正13年豊臣秀吉の四国平定「天正の陣」では塩崎播磨守が御代島城の加藤氏の舟軍と共に毛利軍の上陸を許さず吉川軍と小早川軍は東西より二城を攻め落とし其の勢いで王子砦に攻め寄せました。

王子山砦で播磨守が戦死したと言い伝えられています。
 王子山は前に王子渕という大池があり付近は湿地帯で砦の日表に王子権現を祀り難攻不落の砦であったようです。


壬生川にお寄りのせつはぜひ東予温泉いやしのリゾートへお越し下さい・・お待ちしております。
      只今、夏のキャンペーン実施中。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏休みやお盆でふるさとの東予に帰って来られる方もたくさんおられると思います・・・この辺り(東予温泉いやしのリゾート周辺)に多い苗字と歴史について一考察してみたいと思います

愛媛県の東予地区でよく聞かれる苗字の佐伯さんについてです。

 
佐伯氏は豊後の大族大神氏の一族です『平家物語』によれば、大神氏の祖大太(惟基)は高知尾明神の神子となっています

 源平時代、惟基五代の孫緒方三郎惟栄(惟義)は平氏に属したことから常陸に配流され、のち赦されて豊後佐伯庄(現在の大分県佐伯市)に住し、その子孫が佐伯氏を名乗ったとされています。

 愛媛には佐伯氏直系と思われるご子孫が幾つかあります。

名前が歴史上出てくる時期が重なりますしお名前からしても下記の方々は同じ一族と考えられます。

 余談ですが豊臣秀吉の四国制覇で主君をなくした武士達が小早川隆景の支配下に入り河野配下の佐伯氏も戦の為九州へ随従したり、旧主河野氏に従い広島の三原へと渡ったりして子孫を広げていったようです。

適塾の緒方洪庵(緒方姓は元は佐伯)の出自もご先祖様が四国経由で備中足守藩に仕えたという説もあります。

 

 下記の佐伯さんは元々豊後国佐伯庄から伊予国に来た人々です。

    東予の佐伯さんの始祖は佐伯伊賀守惟之(戦国末期の周布郡旗頭黒川氏のお旗下組(大熊城)、ご子孫は小松藩の武士や庄屋を務めました。

大熊城
は現在の東温市川内町則之内にあり戒能備前守通森居城であったが
大除城大野紀伊守利直が元の城主である戒能氏を攻め周布郡の黒川氏が興力し黒川氏旗下の佐伯伊賀守惟之の居城とした。

    佐伯川内守惟重 この人は伊予守護河野家の足軽大将を務めた人で東温市河内の七森城を居城としていました。

    佐伯十兵衛惟善 この方は山方旗頭大除城主 大野山城守直昌の旗下で高森城で土佐、長宗我部元親の侵入を防ぐための番城(久万高原町美川)城主(戦国末期)をしていました。

   佐伯惟教・子 惟真・孫 惟照

豊後(大分県)では弘治2年(1556)「氏姓遺恨事件」が勃発し惟教はも真っ先に主君大友氏に疑われ厳しい追及を逃れる為、父と子の惟真他一族と共に豊後水道を渡り惟教の妹の嫁ぎ先である伊予国八幡浜萩森城の主である宇都宮房綱の元へ逃亡してきました。

惟教一行が八幡浜へ渡った弘治2年(15569月、宇都宮豐綱が西園寺実充と境界紛争を起こし西園寺実充の子が戦死した。

この時西園寺氏側についた(宇都宮房綱は西園寺側)佐伯惟真は西園寺氏の厚遇を得て野村の白木城主宇都宮乗綱の知行四五貫で被官となった。

12年後(1568)惟教、惟真らは豊後佐伯への帰参が叶えられましたが、豊後は西園寺氏らの敵国にあたり白木城主宇都宮乗綱の恩義に報いるため惟実の長男、惟照(緒方蔵人)、を人質に置き去りにした。

豊後へ帰参した惟教と惟実は天正6年(1578)日向高城川原の戦いで戦死しました。

伊予に残された惟照(緒方藤蔵人)は白木城代から城主となり野村を支配しました。
 天正13年
(1585)には秀吉の四国制覇により伊予国は小早川隆景の指揮下に入りました。
 そして天正15年には小早川隆景の命により九州平定に出征しました。惟照は豊後国築城郡除原の戦いで軍功があり藤蔵人に任じられたが野村町に帰り帰農しました。

二男惟定最初河野家は宇和島藩主となった藤堂高虎に仕え

慶長19年(1614)以降は伊達家の支配下で子孫は代々与次兵衛を襲名し野村の庄屋を務めた。

野村佐伯氏は同族の緒方氏や白木氏を名乗り、天明8年(1788)緒方源治は酒製造業(現在の白川町にある緒方酒造に継る)を始め野村代官を努め御徒士各を与えらた。

伊予佐伯氏は戦国時代最後の時期に伊予国の要といえる場所に配置されています。
これはいかに佐伯氏が戦に長けていかを証明してい証でしょう。
さすが世にしれた軍事の家系です。感服しました!


壬生川にお寄りのせつはぜひ東予温泉いやしのリゾートへお越し下さい・・お待ちしております。
      只今、夏のキャンペーン実施中。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏休みやお盆でふるさとの東予に帰って来られる方もたくさんおられると思います・・・この辺り(東予温泉いやしのリゾート周辺)に多い苗字と歴史について一考察してみたいと思います。

愛媛県の東予地区でよく聞かれる近藤さんについて

近藤さんは、近江国(滋賀県)の藤原氏からきた姓です。
近藤氏は藤原氏より出 代々阿波勝浦の新居見山城主たりしが 室町時代 畑野城薦田氏を頼り西条舩形横山城主となった 天正年間近藤長門守は高峠城主 石川備中守道の女婿となり 天正一三年七月天正の陣と呼ばれる豊臣秀吉の四国制圧の時、新居郡旗頭石川虎竹丸を補け宇摩郡、新居郡の諸城主を 指揮し 小早川の大軍と野々市原に戦い花々しく討死し その子太兵衛直信は幼 にして畑野に逃れ 後此地横水に転住し祖霊を祀りて三崎神社を創建したが明治 41年滝神社に合祀したとあります。

これが西条近藤氏のルーツのようです。

余談ですが源平合戦の時、源義経が平家を追って阿波に上陸その時屋島まで道案内したのが近藤親家で西国武士には珍しく鎌倉幕府の御家人となり、阿波に基盤を築きました。(西条近藤氏の始祖です)

近藤親家の父は西光法師(。俗名は中納言・藤原家成の養子藤原師光(ふじわら もろみつ)。

のち後白河法皇に仕え、「第一の近臣」と呼ばれた。西光は藤原成親・俊寛・多田行綱らの平氏打倒の陰謀に加わり、鹿ヶ谷の山荘での密議の首謀者となり(鹿ケ谷の陰謀)激怒した平清盛は西光を拷問の末、五条西朱雀で斬首させました。

 

◎近藤神社

西条市の近藤神社は西條市中西に鎮座、船形にある横山城(横岡城)主近藤長門守尚盛を祀る。

天正の陣(豊臣秀吉の四国制覇)で近藤長門守が討死した場所と伝えられています。

長門守は高峠城主石川伊予守の女婿といわれ、天正十二年石川備中守病死の後を受けて、幼主虎竹丸の後見となった。高峠では従来慣(ならわ)しとして六人の郡司(ぐんじ)(横山城主近藤長門守・狭間(はざま)城主徳永因幡守・江渕(えぶち)城主塩出紀伊守-以上西條、金子城主金子備後守・生子山(しょうじやま)城主松木三河守・岡崎城主藤田山城守-以上更新、現新居浜市)に宇摩郡の薦田氏・野田氏二人を判頭として加え管内(新居宇摩二郡)を取りしきっていた(澄水記)。天正十二年の戦には、地元西條の将兵を率いて高峠に龍城し中国勢を迎えるのである。その後のことについては文献もなく不明であるが、決戦場野々市へ出撃して戦ったことであろう。法名は青岳院殿慈光宗達大居士。
 神社には四百年記念に拝殿・神殿が改築され、また玉垣が新築された。中西部落十数軒の近藤家が氏子で祭祀は毎年八月八日であるが一月八日・五月八日・九月八日にも小祭を行っているようです。
 (参考資料「西条史談」3号)

壬生川にお寄りのせつはぜひ東予温泉いやしのリゾートへお越し下さい・・お待ちしております。
      只今、夏のキャンペーン実施中。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏休みやお盆でふるさとの東予に帰って来られる方もたくさんおられると思います・・・この辺り(東予温泉いやしのリゾート周辺)に多い苗字と歴史について一考察してみたいと思います。

今回は黒川氏についてです。
小松町黒川家系図に依ると
①民部少輔 黒川通堯(元春) → ②黒川通博山城守 (嫡男黒川通俊を戎能通運攻めにて失った為河野一族正岡通純二男が後を継ぐ) → ③山城通貫(黒川五右衛門と称す) → ④勘右衛門通春(佐伯勘右衛門と称す)

始祖の黒川元春は四国を統一した長宗我部元親の祖父兼序の次男で土佐を出奔して小松町石鎚の黒川山城守通矩を頼り、その妹婿に納まり黒川性を名乗ったと伝えられています。
 伊予二名集によれば黒川元春(1528~1531)は享禄年間に周布郡・桑村郡に覇を唱えるために山間部の石鎚から平野部への進出の拠点として剣山城を築きました。
 元春はまたたく間に周布郡を席捲してやがては新居・宇摩二郡を支配する高外木城の石川氏と対抗する勢力に発展していきました。
幸門城主・正岡右近太夫通純の次男が養子となり後を継いで黒川美濃守通博と名乗ました。
 通博は河野屋形晴通の従弟であり、また晴通の女を娶ったことから、河野十八将の一人に列しました。

持城
 剣山城・坦ノ城・山城・中森城・幻城・松尾城・大熊城・鉢森城・赤滝城・榎木城・大曲砦・黒川本陣       

    天正の陣頃の周布郡

剣山城主
 黒川美濃守通博
家老
玉井備前守(大頭)、安藤次右衛門(玉之江)
客家老
十河又五郎(石田東)、醸(下見)越後守(石田西)、
総奉行
首藤大蔵充(玉之江)、久米妥女正(北川)
総大官
徳増右源太(石田)、武方次郎左衛門(北条)
御旗下組十三騎
佐伯伊賀守惟之(大熊城)、桑島四郎左衛門、曽我部左近、
戸田妥女正(北川)、曽我部修理亮、久米五郎右衛門尉(北川)、
兼道日向守(文台城)、桑村又左衛門、今井玄蕃、
野口四郎大夫(田野)、垂水彦五郎(明河)、臼坂三郎兵衛尉(臼坂)
玉井又十郎(安井)
黒川八人衆
宇知屋敷 (大頭村) 犬坊屋敷 (湯谷口村)
三谷屋敷 (周布村) 荒井藤四郎 東屋敷 (大頭村)
国広屋敷 (田野村) 国広源左衛門 兼頭屋敷 (志川村) 兼頭首里亮
倉堂屋敷 (赤尾村) 要害屋敷 (池田村)

 黒川氏は五十年間に渡りこの地を支配しましたが天正十三年の秀吉の四国征伐によって滅亡、よって黒川氏以下一族郎党が野に下りました。
 この敗戦によりこの地の支配体制も大きく変わり黒川五右衛門尉通貫 → 小早川隆景 → 青木一重民部→青木重兼 寛永四年、蒲生忠知が松山藩二十万石に封ぜられた時、青木重兼の伊予の領地は摂津国へ変え地され、青木氏の伊予国周敷村支配は四十年間で終わりましたがその後も目まぐるしく領主が代わり桑村・周布両郡は松山藩領、西条藩領、小松藩領、天領と入り乱れた複雑な地域として明治のはじめまで続きました。
 黒川氏は江戸時代には小松藩の武士や庄屋等になり黒川通軌陸軍中将男爵もご子孫です。

壬生川にお寄りのせつはぜひ東予温泉いやしのリゾートへお越し下さい・・お待ちしております。
      只今、夏のキャンペーン実施中。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。