プクッチ劇場

ギャンブル魂の真実


テーマ:

 電王戦合議制マッチ。

 

 

 結果はソフト軍の圧勝だったけど、それよりも凄かったのは棋士軍の電動椅子。

 

 あれほど無駄な演出はなかった。

 

 但し、笑えた。

 

 

 粘って何とか年越しまでもたせたけど。

 

 

 内容は棋士軍に全く良いところなし。

 

 完全な読み負けプッシュ。にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

 


               ギャンブル魂の真実

 

 

 8六香が凄い手とか言ってたけど。

 

 

 もっと前の7三角打ちからの、二度の角打ち。

 

 あそこで勝負は決まってたんじゃないかな。

 

 金が不格好な位置に行って、飛車を玉頭に旋回された。

 

 この構想が凄かった。

 

 

 守りの駒がバラバラにされて、どうにもならんかったもんな。

 

 

 ポナンザは一昨年のポナンザで、今年の春に出てくるポナンザはもっと強いらしい。

 

 その弱いポナンザは更に弱いソフトと連合を組んだわけで、ソフトは連合によってかなり弱体化したと言っていい。

 

 しかし、それに勝てなかったのは、ソフトと人間の差がかなり開いてると感じた。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 

 と言っても、棋士側の選択にも問題があったと思う。

 

 

 森下、稲葉、斎藤って同じ門下でもなし、クラスが同じわけでもなし。

 

 稲葉はA級で全勝だから、来年名人に挑戦する力を持ってるかもしれんけど、あとの二人は古豪と若手やもんな。

 

 総大将を稲葉にするならまだしも、森下が総大将では合議制にする意味ってあったんかな?

 

 

 所詮は大晦日の特番お遊びだから、それほど真剣にやってなかったとしても。

 

 

 もうちょっとマシな人選ってなかったんかな?

 

 仲のええ棋士同士とか、タイトルホルダー同士の組み合わせとか。

 

 天彦と渡辺は仲が良いから、その二人にソフトに詳しい千田とかならもっとやれたと思う。

 

 竜王や名人がそんな場に出てこれないだろうけど、あんな格下感がある棋士三人集めてもな~。

 

 稲葉に期待したけど、雑談に気を取られてる感じがして、本気で指してるとは思えなかった。

 

 詰み筋の発見も一番早かったし、稲葉単独のほうがもっとやれたんじゃないかな?

 

 で、迷った時にだけ相談するという方法のが良かったと思う。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 

 

 将棋ファンはこのようなものを見ながら年を越した。

 

$プクッチ劇場

 

 ボタンを押して動く電動椅子がシュールだった。

 

 見世物としては面白いから来年もやってほしい。

 

 今年の春、天彦が負けたら、いよいよ人間は追い詰められるな。

 

 いや、とっくに追い詰められて寄り切られてるんやけどね。

 

 将棋の棋士に未来はあるんやろか?

 

 それが心配。

 

 ほなな。

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 12月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
プクッチメイン口座    森好二郎レポート   あると便利                   
       
FXプライム   

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

pukuzohさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。