プクッチ劇場

ギャンブル魂の真実


テーマ:

 今週号の文春に続編が載るかもと思いきや。

 

 

 いきなりトーンダウン。

 

 三浦九段が言った言葉の矛盾を指摘するだけ。

 

 それも、冷静に考えると三浦九段の話に矛盾はない。

 

 スマホの提出は連盟に求められたものではなく自発的に提出しようとしていただけで、弁護士に聞いたら連盟に提出するよりも第三者機関に出したほうが良いというようなアドバイスを受けたなら、自発的に提出を取りやめても不自然ではない。

 

 自ら出場辞退を申し出たというのも、疑われてるのなら出場できないと言ったなら、それは辞退を申し出たとは言わない。

 

 

 そんな中、竜王戦第二局が始まった。

 

 

 ニコ生のコメ欄は荒れまくり。

 

 しかし、そこには触れないプッシュ。にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実

 

 

 ちょっと話をまとめてみよう。

 

 

 三浦九段が不正をしてるんではないか?と複数の棋士が申し出たことに関しては問題ない。

 

 それは申し出る権利があるから。

 

 そこでしっかり調査して裁定を下すのは連盟の仕事であって、黒なら三浦九段の処分を考えないといけないし、白なら申し出た棋士に説明しなければいけない。

 

 しかし、連盟が採った措置は、グレーのまま三浦九段に処分を下した、というもの。

 

 ここに矛盾がある。

 

 

 

 

 何故、連盟は調査もせずに、三浦九段を処分したのか?

 

 

 それは渡辺竜王の「タイトルを剥奪されても、不正を疑われてる棋士とは指したくない」と言ったことが問題となる。

 

 将棋界では名人・竜王のタイトルを持ってる者が最高峰というルールがある。

 

 名人や竜王になると昇段免状にサインしたりする。

 

 それは将棋界において最も強いという称号であるから。

 

 竜王と名人は同格で、もし、竜王と名人が別の人になっていた場合、七大タイトルの保持数によって席次が変わる。

 

 佐藤天彦は名人位しか持っていないので、棋王を持ってる渡辺が序列では1位になる。

 

 その序列1位の棋士が、「タイトルを剥奪されても」という言葉を使ったために、三浦不出場の処分が決まったと思う。

 

 

 しかし、まだ、疑惑の段階で三浦九段の不出場を決めるべきではなかった。

 

 

 竜王のほうが「出たくない」と言い出したんだから、不出場にするのなら竜王のほうだったんではないか?

 

 ただ、渡辺のほうが人気があるし、竜王というタイトルは読売新聞のタイトルであって、読売と渡辺の間で話が着いているのなら、三浦九段を外したほうがええという判断だったのかもしれん。

 

 しかし、竜王が挑戦者を代えるということが可能ならば、竜王のタイトル自体に疑問が残る。

 

 最強の挑戦者をタイトル保持者が避けようと思えば避けれるわけで、こうした前例を作ってしまったのはよくなかったと思う。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 で、竜王戦に出てきたのは、挑戦者決定戦で三浦九段に負けた丸山九段。

 

 

 序列1位の渡辺が不正を疑ったことから、棋士はなんとなく三浦九段の援護がしずらくなってしまった。

 

 しかし、丸山は正々堂々と「(挑戦者決定戦で)不審な点はなかった」と三浦九段の援護。

 

 そして、竜王戦第一局では途中まで、渡辺・三浦の順位戦と全く同じ手を選んで玉砕した。

 

 これは、三浦が出てたら、こう指すだろうという丸山の意地もあったはず。

 

 

 自分の得意手ではないから、丸山は劣勢一方になって第一局目を落とした。

 

 

 しかし、そこに元名人の意地を見た。

 

 あまりにも劣勢で、竜王戦史上、最短時間、最短手数を更新しそうになったけど、そこは丸山が無意味に粘って、僅かに記録は更新されず。

 

 敢えて丸山は第一局目を三浦のために捨てた。

 

 第二局目から本番であって、ある意味、一勝のハンディを相手に与えての挑戦。

 

 丸山の胸中は如何ほどのものか?

 

 絶対に負けられないという丸山の闘志に、渡辺は耐えきれるのか?

 

 

プクッチ劇場

 

 

 

 渡辺は好きな棋士やけど。

 

$プクッチ劇場

 

 さすがに今回は丸山を応援するかな。

 

 元々、渡辺は三浦九段のことが好きではなかったんや。

 

 自ら研究せず、電話だけで「この手をどう思いますか?」と聞いてくる棋士とは感想戦もやりたくない、と言っていた。

 

 この「教えて」君の一人は三浦九段のこと。

 

 その三浦九段に三連敗したから、頭に血が上ってしまったのかもな。

 

 ただ、他の棋士も反発してる通り、渡辺のやり方は拙かった。

 

 羽生のように棋士から尊敬されるような振る舞いをしないと、この先孤立してしまうんではないかな?

 

 何にしても連盟の対応がよくなかった。

 

 渡辺の恫喝めいた言葉に屈したわけだから、一番の責任は連盟にあると思う。

 

 丸山、頑張れ。

 

 ほなな。

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 10月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
プクッチメイン口座    森好二郎レポート   あると便利                   
       
FXプライム   

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

pukuzohさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。