プクッチ劇場

ギャンブル魂の真実


テーマ:

 三浦九段が反論。→ソフト使ってない

 

 

 自分のパソコンやスマホを連盟に提出していたことを表明。

 

 しかし、連盟はそれらを調べることなく、具体的な証明を求めたということになる。

 

 やってないことを証明する。

 

 それは、やったことを証明するよりも難しい。

 

 

 一体、どうすれば証明できるのか?

 

 

 黒だと疑惑を向ける連盟こそ、やってない具体的証明のやり方を示すべきやと思う。

 

 悪魔の証明プッシュ。にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実

 

 

 連盟の今回の一連の措置は。

 

 
 三浦九段本人が「休場したい」と申し出て、期限までに休場届けが出されなかったことに対するペナルティーだと説明。
 
 本人がそう言ったら仕方ないな、と思う反面、どういう状況で三浦九段がそのような発言をしたかに焦点を絞りたい。
 
 大体の流れはこんな感じ。→常務会で二時間聴取
 
 しかし、その席に渡辺二冠がいて、尚且つ渡辺二冠が疑惑の告発者だとしたら、三浦九段は当然の如く、疑われたままでは対戦出来ないと言わざるを得ない。
 
 それは、「やっていない」という証明を連盟にしてほしいという意味で、出場辞退を申し出たのではないか?
 
 だとしたら、連盟の一連の措置はミスリードということになる。
 
 

 

 

 疑われた根拠やけど、複数の棋士が調査を依頼した。

 

 

 不自然な離席、ソフトとの一致率などが挙げられてる。

 

 まず、不自然な離席について三浦九段は「別室で体を休めていた」と反論している。

 

 この反論に連盟は何の反応も示していない。

 

 もっと具体的に疑惑を晴らせと言っているに等しい。

 

 そもそも、対局中に離席するのは当たり前であって、離席自体が不正の証拠とはならない。

 

 

 そして、ソフトとの一致率について。

 

 

 三浦九段は自主的に連盟に自分のパソコンとスマホを提出してるという事実が出てきた。

 

 勿論、他人のパソコンを使われていたら、それは不正の証明にならないわけで、いくら調べてもやってない証拠とは言えないかもしれない。

 

 しかし、三浦九段としては、他の方法があるやろか?

 

 そこまでやって、不正はやってない、と疑惑を否定してるわけや。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 そして、最もここが大事なことやと思うんやけど。

 

 
 ソフトとの一致率について、普段からソフトで研究してるんだからソフトの手と一致するのも不自然ではない、という主張。
 
 もし、三浦九段の手が人間らしくない手、だと告発する棋士が言っているのなら、その告発こそがおかしい。
 
 何故なら、ソフトは今や人間よりも強いという認識がある。
 
 今までの人間が作り上げてきた定石や常識ではソフトには勝てない。
 
 つまり、棋士がソフトに勝つには、人間もソフト並みの手を指さないといけない。
 
 しかしながら、強さを追求するその姿勢が、人間らしくない手、になって、それが不自然だ、と言われたら、どうやってプロ棋士はソフトに勝つ方法があるのだろうか?
 
 
 三浦九段がソフトを徹底的に研究して、その手がソフトと同じだからといって。
 
 
 それは不正ではない。
 
 寧ろ、人間のほうが弱いと思われている時代なんやから、その姿勢は他の棋士が見習わないといけない。
 
 今までの将棋の常識ではソフトに勝てないんであって、勝ちを追求するのなら、今までの常識を全て捨てないといけない。
 
 しかし、その捨てなければいけない常識に照らし合わせて、不正だ、と言われたら、人間はいつまでもソフトに勝てないことになる。
 
 自ら、人間はソフトより下の存在のままでいいと主張してるのと一緒。
 
 もし、三浦九段が不正をしていなかったとしたら、連盟はどう責任を取るのだろうか?
 
 
 

プクッチ劇場

 

 

 多分やけど。

 

$プクッチ劇場

 

 渡辺も告発者の一人なんやろね。

 

 将棋界は強いものこそが正しいという伝統みたいなものがあるから。

 

 過去にも大山や升田、木村といった大御所の無理難題がまかり通ってしまっていた時代があった。

 

 現竜王の渡辺が言い出したから、連盟としても竜王戦の前に決着をつけないといけなかったんやろ。

 

 ただ、やっぱり思うのは、三浦九段がやっていないのだとしたら、例え疑われたとしても、竜王戦には出るべきだったと思う。

 

 そこで堂々と勝てば疑惑は晴らせるわけで、その場を自ら放棄した三浦九段にも多少なりとも比はあると思う。

 

 実際にチェスの世界ではグランドマスターが対戦者の告発によって、不正していたことがバレている。

 

 だから、不自然に思った時、告発する自由は対局した相手にもあると思う。

 

 そこを考えると、疑われているから出場できない、というのは迂闊だったんじゃないかな。

 

 あくまでも今回の措置は、期限までに休場届けが出されなかったということに対してのペナルティーであって、不正をしたという疑惑に対してではない。

 

 このまま将棋界を去るには、あまりにも惜しい人材。

 

 連盟がどう対応するかに注目。

 

 ほなな。

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 10月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
プクッチメイン口座    森好二郎レポート   あると便利                   
       
FXプライム   

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

pukuzohさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。