投資やりた~い

テーマ:

お久しぶりです。

最近は本業に忙しくなかなかブログが書けませんでした。

たまには書こうと思います。

こないだのCHOYA(3592)のストップ3日高は凄かった。15日に仕込んで、何人か投資家にふり、喜ばれました。

次の注目銘柄は(1757) 千年の杜です。(業務内容最悪です。)

3ヶ月くらいでかなり面白いことになると思います。超短期では動かないと思いますが・・・・・・

安い値段で買えるから、こずかい稼ぎもできます。

AD

最近感じること

テーマ:

教育問題が何かと話題になる今日このごろ

ぜひとも皆さんに、読んでもらいたい詩を送ります。

私自身、凄くためになりました。



by ドロシー・ロー・ホルト

批判ばかりされた 子どもは
非難することを覚える

殴られ大きくなった 子どもは
力にたよることを おぼえる

笑いものにされた 子どもは
ものを言わずにいることをおぼえる

皮肉にさらされた 子どもは
鈍い良心の もちぬしとなる

しかし、激励をうけた 子どもは
自信を覚える

寛容にであった こどもは
忍耐を おぼえる

賞賛をうけた こどもは
評価することをおぼえる

フェアプレーを経験した こどもは
公正を おぼえる

友情を知る 子どもは
親切を おぼえる

安心を経験した 子どもは
信頼をおぼえる

可愛がられ 抱きしめられた 子どもは
世界中の愛情を 感じ取ることを おぼえる

今日の為替

テーマ:

お久しぶりです。

今日は米国景気雇用統計があり、為替祭りです。

ドル円に挑戦頑張ります。


今日の発表、景気の動向

19:00 8月独製造業受注
前月比 季調済 (予想 -0.4% 前回 1.8%)
前年比 季調前 (予想 9.8% 前回 7.5%)
21:30 米9月雇用統計
非農業部門雇用者数変化 (予想 120K 前回 128K)
失業率 (予想 4.7% 前回 4.7%)
04:00 米8月消費者信用残高 (予想 $5.0B 前回 $5.5B)

(主なニュース)
*アジア:
- 中国、経済指標の一部が月次から四半期報告へ---国家統計局

*日本:
- 金利調整はゆっくり進める、日銀の基本的な姿勢を説明---武藤日銀副総裁

*欧州:
- 独GDP伸び率予想、06年は2.2%・07年は1.1%---全国銀行協会
- 英中銀、金利を4.75%で据え置き
- 欧州中央銀:年3%から年3.25%に利上げ
- 経済が安定成長すれば、一段の金融引き締めも---トリシェECB総裁

*米国:
- 米経済は軟着陸へ、物価にはリスクも---コーンFRB副議長
- 米金利水準、インフレ抑制に不十分な可能性---フィラデルフィア地区連銀プロッサー総裁
- 利上げ効果見極めには忍耐が必要---米フィラデルフィア地区連銀プロッサー総裁
- 米消費支出、今後も比較的力強い---フィラデルフィア地区連銀プロッサー総裁

*世界経済は成長続けるがペースやや鈍化へ---OECDグリア事務総長

・シカゴ日経225先物12月限終値:16455円(大証比-5円)
・ロンドンFT100終値: 6004.5P (+38.0P)
・ダウ終値:11866.69ドル(+16.08ドル)
・ナスダック終値:2306.34P(+15.39P)
・NYK原油先物11月限終値:1バレル=60.03ドル(+0.62ドル)


今日の為替

テーマ:

(情報アップします)



EURユーロドル
先週の金曜日、バーナンキ議長の発言が経済と金利について
何の示唆も無かったのは予想外、ユーロも依然弱い地合いの
まま。今週は日足の雲の上限1.2710レベルのサポートを下トラ
イするかも。チャートは弱くなり、サポートも弱くなっている。日足
の雲の下限1.2600レベルを付ける前に拾うのは禁物。もし運良
く入ることが出来たら、ストップロス(損切り注文)は1.2450レベル
を厳守すること。バーナンキ議長が金利に触れなかったので、
先週の弱い米経済指標がドルのトレンドを主導するかも。しかし、
相場は逆の動きをしているので要注意。

GBPポンドドル
先週の金曜日は十字線で引け、モダルポイントも丁度1.8870レベ
ルで引け重要なサポートの上に位置している。相場は方向感が無
く、1.8750-1.9000のレンジ内で推移する。どちらかに抜ける前はト
レンドがはっきりしない。

AUDオージ(豪ドル)ドル
先週末は0.7580で売りから入ることが出来、日足と週足も共に弱
い形になっている。テクニカル指標は共に下向き、0.7630のストッ
プロス(損切り注文)は厳守すること。目先のタ‐ゲットは0.7500レ
ベル。

JPYドル円
ドルの日足は上ブレークし、週足の雲の上限まで来ている。日足と
週足のテクニカル指標は共に上向きで、週足の雲の上限を上抜く
のは時間の問題。目先のレジスタンスは117.30レベル、もし抜けた
ら次は118.10レベルが見える。ドルのトレンドは上向き、下がったら
買い Buy on dip 。

CADドルカナダ
ドルは弱くなり、週足のテクニカル指標は中立で大下落のリスクが
ある。相場は1.0950レベルの歴史的安値を下トライするかも。上が
ったら売り Sell on rally 、底を推測するのは禁物。

CHFドルスイス
ドルは一旦日足の雲の上限1.2430に押されている。日足と週足の
テクニカル指標は共に上向き、目先のレジスタンスは週足の基準
線1.2570レベル。もし今週ドルが日足の雲の上限を上抜いたらドル
の上昇は確実。

NZDキウイ(NZドル)ドル
日足と週足は共に弱くなり、週足の雲はしっかり下にシフトし、レジス
タンスも切り下がっている。キウイは0.6300をもう一回トライする可能
性が大きく、このレベルは前回の上昇の突破口。
今週は0.6300-0.6450のレンジ内で推移。

GBPJPYポンド円
先週取引レンジが上シフトしたとは言ったものの、先週の金曜日200
ポイントも急上昇したのは本当に予想外だった。今まで言った通り、
上値推測は禁物。チャートを見る限り、下がったら買い Buy on dip 。
これからも上昇が続くと思うが、必ず220レベルまで調整売りが入ると
思うので、ポンドロングは219.50レベルのストップロス(損切り注文)を
厳守すること。

EURJPYユーロ円
週足を上抜いて来たので、先週のショート(売りポジション)はすぐ手
仕舞ったほうが良い。下がったら買ったほうがいい選択かも
Buy on dip 。

今日の為替

テーマ:

(情報アップします)


EURユーロドル
一昨日、ユーロは三角持ち合いを突破した後に、下降トレンドライン1.2870
レベルより上で引けなかった。警戒が足りなかったことを申し訳なく思う。ユ
ーロは1.2782の安値をつけ、長期ポジションはストップロスに引っかかった。
チャートを見る限り、昨日は一日で弱くなり、相場は下値トライのリスクが増
えたが、日足の雲の上限は1.2710レベルで横ばいとなり、基準線は1.2730と
同調。1.2710-30レベルは強いサポートになるかも。相場は雲の上にある限
り買い先行。

GBPポンドドル
昨日、相場は重要なモダルポイント1.8860レベルで反発し、1.8810-1.9000の
チャンネル内で推移している。どちらかに抜ける前はトレンドがはっきりしない。
チャートを見る限り、買い先行、下がったら買い、ストップロス(損切り注文)は
1.8750レベル。

AUDオージ(豪ドル)ドル
昨日の相場は値幅が40ポイントも足らず、方向感がない。0.7450-0.7720のレ
ベルをどちらかに抜ける前はトレンドがはっきりしない。

JPYドル円
ドルはしっかり上昇し、117.10レベルをトライしようとしている。ドルのトレンドは
上向きで、117.10レベルより上で引ければ、118.00レベルも見えてくる。下がっ
たら買いBuy on dip、日足の雲の上限115.80レベルは強いサポートになるかも。

GBPJPYポンド円
相場は依然220レベルより上で引けることが出来ず、昨日の長期戦略は20ポ
イント差でストップロスを回避できた。チャートを見る限り、相場は218.30レベル
が底と成り、取引レンジは220レベルより上にシフトするかも。売りポジションは
素早く手仕舞い、下がったら買ったほうが良い Buy on dip 、ストップロス(損切
り注文)は218.10レベルに入れたほうが良い。

EURJPYユーロ円
相場は148.60-80レベルにモダルポイントが集中しており、底が固い。相場は日
足の雲の上で3ヶ月以上推移しており、3ヶ月に500ポイントも上昇しているが、
まだ上昇の余地が残ってる。しかし、150レベルは強い心理的大台となるので、
148.60-150.00レベルで調整に入り、テクニカル指標を緩和したあと、また次の
上昇に備えるかも。トレンドは上向きなので下がったら買い。Buy on dip.

今日の為替

テーマ:

(情報アップします)


EURユーロドル
ユーロは1.2770レベルより上で引け、転換線も好転。目先のレジスタン
スは1.2930レベル、このレベルを上抜き、これより上で引ければレンジ
の脱出を意味するので、トレンドは上向き。下がったら買い、長期取引
のストップロス(損切り注文)は1.2730レベルに切り上げても良い。

GBPポンドドル
ブル(上昇)相場は戻り、昨日は一瞬ではあるが心理的大台1.90レベル
を上抜いた。このレベルより上で引けることは出来なかったが、チャート
の強いトレンドは変わらない。相場は底を固め、次の上昇の波に備えて
いる。1.8860レベルの安値は確認済なので、長期取引のストップロス(損
切り注文)は1.8830レベルを厳守。

AUDオージ(豪ドル)ドル
相場は0.7690レベル付近を上抜き、テクニカル指標も同調、0.7700レベ
ルを上抜くのは時間の問題でしょう。チャート的に買い先行なので下がっ
たら買い Buy on dip 、売りは禁物。

JPYドル円
チャート的にはドルが弱くなり、目先のサポートは115.30レベル、もし
115.30レベルより下で引ければ、次のサポートは日足の雲の下限113.00
レベルが見える。短期的には115.00-117.00のレンジ内取引、アグレッシ
ブなデイトレーダーは上がったら売り下がったら買ったほうが良い。
Buy on dip, Sell on rally.

GBPJPYポンド円
二日連続の安値だが、売り増しのオーダーは見えず、週末前にこの見方
を保留するには少し警戒感があるが、アグレッシブなデイトレーダーは
219.45レベルを割ったら売ったほうが良い。ストップロス(損切り注文)は
219.85レベルを厳守、これは短期取引に限る

今日の為替

テーマ:

(情報アップします)

本日のCPIもありますが、昨夜のPPIは事前予想をかなり下回り
ドルが大きく売られての引けとなっています。
USDJPYは結局116.70ゾーンがここ最近のレジスタンスに再びな
ってしまいました。可能性としては日替わり相場になる可能性もあ
り、200日線を割ってきたことで当面は115.60辺りを底固めする動
きかも知れません。

EURUSDも雲がサポートとなってしまいました。現状のドル売り相場
からは雲の上限(1.2729)がサポートになるでしょう。

相場はお盆の影響もありパッとしません。USDJPY,EURJPYなどの
ボラが低下気味で取引環境としてはあまり良くないのかも知れませ
ん。そんな中、時間足でレンジを抜けつつある通貨があります。
AUDUSD,NZDUSD,USDCADがそうです。順番に0.7655、0.6355、
1.1200抜けで順張りエントリー、ストップは30ポイントAwayでいいと
思います。