糖尿病の治療法について!

こちらでは、糖尿病の治療法や知識などをお伝えしています。


テーマ:

もし、糖尿病になってしまったら、どのように治療するかご存知でしょうか?


糖尿病の治療は、基本的には食事療法・運動療法・薬物療法の三つの方法で行われるものです。


まずは、食事療法に関してです。


糖尿病にかかった方や、糖尿病の一歩手前である糖尿病予備軍の方は、日常生活における食事を見直す必要があります。


絶対に食べてはいけないものなどはないですよねが、暴飲暴食みたいな食事は、治療どころか糖尿病の進行をさらに早めてしまうので気をつけなければいけません。


そして、その方に合った分量で、なおかつ栄養バランスの取れた食事をするのが大事です。


一般的には、お医者さんから1日の摂取カロリーを1600キロカロリー以内にするようにと指導されるようですが、その方の体格や生活習慣、糖尿病の重度などによって多少変化します。


次に、運動療法についてです。


適度な運動をする事で、ダイエット(人によっては、多額の費用と時間をかけて行うこともあります)効果だけではなく糖尿病の予防と改善の効果もあります。


しかし、急に激しい運動をしたり、明らかな運動量不足では効果が期待できません。


ですので、ムリのない程度の運動から始めて言って、徐々に慣らしていくようにすれば良いのではないかと思います。


最初は5~10分程の軽い運動を行い、慣れて来たら30分~1時間程度のウォーキングを行うなど、少しずつ時間を延ばすようにして行くと良いでしょう。


慣れたら回数や時間を増やしてみたり、少しずつ負荷をかけてみたりと工夫するのも良いですね。


最後は、薬物療法です。


薬物療法の種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)としては、血糖降下薬という血糖値を下げる為の飲み薬と、インスリンが不足している方の為のインスリン注射があります。


食事療法や運動療法を続けていても効果が現れにくい場合、薬物療法を併用することも少なくありません。


薬物療法はお医者さんの診断と指導の下に、相談しながら行います。


いずれにしても、糖尿病の治療には生活習慣(規則正しい生活を送り、健康を害する恐れのある習慣は極力排除することが大切です)の改善や運動が必要不可欠ですから、地道な努力が必要です。


糖尿病の対策について!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

糖尿病はテレビや雑誌などでもよく取り上げられているので、知らない人はほとんどいないと思います。


しかし、糖尿病という病気があるのは知っていても、具体的にどんな病気なのかは知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


糖尿病は、血液中の血糖値が高くなる病気なのです。


私達が普段食事をすると、食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)を消化してブドウ糖というものが作られます。


このブドウ糖は、体を動かす為のエネルギー源となるもので、本来は血液によって臓器や筋肉なんかの必要である細胞に運ばれます。


この時、インスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)というホルモンがブドウ糖(果実や蜂蜜、体液の中に存在し、常温では白い結晶です)を細胞に送り込んで、活動エネルギーに変えたりする働きをします。


しかし、インスリンが足りなくなったり、上手く働かなくなったりすると、ブドウ糖が細胞に送り込まれず、血液中にブドウ糖が多い状態になってしまいます。


血糖値(空腹時に80~100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)というものは、血液中のブドウ糖(血糖)がどのくらいあるのかを表しているものですので、ブドウ糖が血液中に多ければ多い程、血糖値は高いと言う事なのです。


また、糖尿病は、初期の段階では特に痛みなどの症状がないため、なかなか自分では気づきにくいのもその特徴の一つです。


検査などで血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)が高かったり、治療が必要と言われても自覚症状がなくピンとこないので、特に治療をしない人も多いものです。


しかし、糖尿病が酷くなってくると、喉が渇きやすくなったり、体重が減ったり、尿の回数や量が多くなったり、全身がだるい、疲れやすいなどの様々な症状が現れます。


さらに、酷くなると合併症の恐れも出てきて、最悪であれね死に至る事もありますね。


そういった事にならない為にも、血糖値が高いと知った段階で、病院に行くなどして健康管理をしっかりと行うべきなのではないでしょうか。


自分の健康は自分で守りましょうね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

糖尿病かどうかを調べるための検査方法には、どんなものがあるのでしょうか?


糖尿病という名前が表わしている通り、糖尿病は尿に糖が出る病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)ですから、尿に糖が出る=血液中の糖が高いということになります。


なので、糖尿病の検査としては、血糖値をしらべる必要があるでしょう。


食事をすると糖分(糖にも様々ありますが、ブドウ糖であるグルコース、トレハロース、キシリトールなどが有名でしょうか)を摂ることになるため、当然、空腹時よりも食後の方が血糖値が高くなります。


しかし、健康な人であれば、インスリンが働くので、血糖値が過度に上昇することはありません。


基準値としては、空腹時で70~109mg/dl、食後2時間で140mg/dl未満です。


これを超えると糖尿病の疑いがかかります。


この検査で、空腹時血糖126mg/dl以上、食後2時間血糖が200mg/dl以上になってしまった場合には糖尿病の疑いが濃厚です。


この検査で引っかかった場合、ブドウ糖負荷試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)(75gGTT検査)を行います。


これは、75gのブドウ糖を摂取して、血糖値やインスリンの上がり具合をみます。


通常は摂取前・摂取後(30分・60分・120分)と計4回調べます。


その他にも、HbA1c(糖化ヘモグロビンA1c)といって、赤血球のヘモグロビンのうち、ブドウ糖(グルコースとも呼ねれます)と結合しているヘモグロビンの割合を調べる検査を行う事もあります。


血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)は食事の影響を受けがちなですが、これは食事の影響を受けにくく、1~2ヶ月前の血糖値の状況を反映します。


そのため、血糖が上手くコントロールされているかの指標になるのです。


それ以外にも、CPRやフルクトサミン、グリコアルブミンなどいろいろな検査方法があります。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。