おはようございます。
かなりパチンコ、スロットネタが入ってしまうのですが、一応受験生の時の勉強時間などについて書こうと思ってるのでカテゴリーは弁理士試験に分類します(=´∀`)人(´∀`=)

①そもそもパチプロを始めたきっかけ
元々は、彼氏と同棲しながら特許とは全く無縁のガッツリ肉体労働系の仕事をしており、それなりの幸せな生活をしてました。彼氏は当時大学院に行っていたので、勉強が忙しく、バイトが出来なかったので時々副業でスロットをしていました。
そして私は10代の頃からかなり不摂生な生活をしていたため、23歳の終わりに体を壊して肉体労働が出来なくなってしまいました。
そこで、彼氏の勧めもあってパチプロを始めました。

ちなみに、パチンコスロットにも勝ち方がいくつかあるのですが、私は主にハイエナ(天井狙い)という方法で稼いでました。
 
②2015年
入門講座のあたりは、大体平日は4時間、土曜はLECの講義、日曜は1日スロットという生活スタイルでした。
平日→閉店チェックをしてはまり台があれば朝から並ぶ。なければ、朝はわたしの行きつけのパチ屋の前にあるケンタでお勉強。
そして、11時頃に一旦勉強をやめて、昼過ぎまでパチ屋で主にハイエナをする。
そして、昼1時過ぎにパチ屋を撤退して再びケンタに行き、夕方あたりまでお勉強。
そして、5時頃にまたパチ屋に行き、エナ台か高設定っぽいAタイプがあれば打つ。なければ帰って家事をやる。
家に帰って家事が終わり、時間がある時はお勉強。という感じでした!!!
ちなみに、宮口先生に質問したいことがある日は、新宿の某パチンコ店で打ったりしてました!当時、凱旋とかエバ希望の槍とかのリセット期待値がある台が流行っていたので(凱旋に関しては、リセット期待値があるのかは実際不明ですが笑、某店舗は、集計を取ったところはまり台の3分の2が据え置きだったのでリセット期待値を保険にしてました。)朝から並んで、午前中がっつりハイエナして午後はLEC新宿エルタワーで勉強している期間もありました。

大体平日は1日6時間くらい勉強できるようにしてました(=´∀`)人(´∀`=)
平日でも、マイなどの機械割の高い台の高設定つもったり、AT機が爆発したりした時は打たざるをえないので、その辺は臨機応変に対応していました。
そして日曜や、強イベントの日は朝から晩までうちにいってました。

②2016年1-3月
1日8時間くらい勉強するようにしました。
スロットも、大体朝をメインに稼働するようにし、平日はいかない日もありました。パチンコに行く日は、午前中にうちに行って、昼から7時くらいまでと、夜ご飯の支度が終わった後に勉強していました。

③2016年4-7月
私はそんなにパチンコをガッツリやっていたわけではなく、あくまで勉強のためにパチンコで生活していたので、年間収支は150万くらいでした。彼氏の収支もそのくらいだったので、2人で節約しながら生活していましたσ(^_^;)彼氏が大学院を卒業して就職したので、生活がかなり楽になりました。
なので4-7月の間は彼氏に甘えてパチンコスロット完全にお休みして、一日中勉強していました。
多分1日10-13時間とか普通にやってたと思います(=´∀`)人(´∀`=)

8月9月は全然勉強していませんでしたσ(^_^;)そして、論文試験の発表後から口述までの間は1日8時間くらい勉強していました!!

AD

コメント(2)