ユネスコスクール

テーマ:

燈影学園のブログ


2012年7月、燈影学園(一燈園小・中・高等学校)はパリの

ユネスコ本部よりユネスコスクール認定を受けました


ユネスコ(国際連合教育・科学・文化機構)は大正 11年

(1922年)に当時、国際連盟事務次官あった新渡戸稲造

呼びかけで開かれた国際知的協力委員会(ICIC:International

Committee on Intellectual Cooperation)前身で、アイン

シュタインキューリ夫人等の著名な有識者12人世界平和

訴えたのが始まりで、戦後(1946年)正式に国際連合で設立

されてたのを機に米国より帰国された元同志大学総長・

湯浅八郎氏と燈園創立者・西田天香翁によって1947年に

京都ユネスコ協会が設立されました。このようにユネスコと

燈影学園は昔から深い関係にあり、1978年には一燈園高等学校

のユネスコクラブがユネスコクラブ全国大会で「国際教育活動

最優秀賞」を受賞しました。


2012年にユネスコスクールの認定を受けた燈影学園は天香思想

である平和学習を基軸にしながら、新たにESD持続可能な

社会の構築に向け環境問題に取り組んでいます





(12-7)