浮世の暁

リアクションモードで生きる


テーマ:

ここ数か月間、意識的に体重の減量に取り組んでいます。


間食をやめ、1膳の量を減らし、トクホを飲み、運動をする。


しかしそこに義務感はなく (全くないわけではないが)、プレッシャーやストレスもない。




“「やる気」 ではなく、「その気」 になること。”


「潜在意識」 を扱うセミナーなどで、そういう言い方を聞いたことがありますが、


まさにそれですね。その気になっているようです。


(※やりたくないのに無理にやろうとしてやる気を出そうとしても、無理なものは無理。

 やる気を出そうとしている時点でダメ。潜在意識がそっちを向いていないのだから、

 モチベーションもあがらないし、体が動くわけがない、といった理論)





確かに、

「あれが食べたくてしょうがないけど、我慢しよう」 とか、

「今日は走るのめんどくさいなあ。でも行かなくちゃ」 とか、

「ああ、イライラする!」 とか、


そういうことは、全然ない。




で、「その気」 になった動機は、


ヘルスメーターで1年以上ぶりに体重と体脂肪率を見て、


「このままじゃいかんな」


もっというと、


「こういう自分にはなりたくないなぁ」


でした。




こういう (太った、腹の出た) 自分にはなりたくない。


他人の目を気にしての話ではなく、単純に自分自身が嫌だ。


それが動機。


振り返ると、そのように思われる。




他にも、過去に 「その気」 になって取り組んだことを思い出すと、


その発端は 「こうはなりたくない」 でした。






潜在意識では、「なりたい自分をイメージしましょう」 という。



また、


「潜在意識に 「“ない” はない」 から、“太りたくない” “太った自分は嫌だ”


“太った自分になりたくない” などとしてしまうと、


“太っている” イメージが潜在意識に入ってしまい、逆効果です」 という。




そんなことはないなあ、と思う次第。



むしろ、「こういう自分になりたい」 とやって、うまくいかなかったこと、これまで数知れず。




理屈的に言おうとすると、「こういう (理想の体型の) 自分になりたい!」 とやると、


過剰ポテンシャルが発生するからダメだったのかもしれません。




あるいは、


そもそも潜在意識があるとかないとか、どうでもいい、と現在は思っているので、


潜在意識も働かないとか。


(でも 「潜在意識は常に働いている」 ので、そんなことはないんでしょうね…。)





いずれにせよ、メソッドとして言われていることと実際が異なった場合に、


「メソッドが正しくて、自分が間違っている」 と考えて、


自分を直そうとする必要はないと思いますね。





自分には当てはまらないな、自分の場合はこうだな。



それでいい。



メソッドに振り回されないように。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

うきあかさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。