生活学舎桃土

高知県土佐山の小さなパン工房。
自家栽培の野菜や山の様子をお伝えします。

NEW !
テーマ:

 

イベント情報(高知少年少女合唱団・高知県合唱祭に参加・170625)

 

 2017年6月25日(日)、高知少年少女合唱団が、第58回高知県合唱祭に参加しました。

 

 なんと、高知少年少女合唱団に今年は、3人の男子団員が加わり、5人になりました。いままで男子は、2人だけでしたので、航吾君はとても喜んでいます。

 

 しかし、卒団と休団したかたが、多数おられました。卒業や入試の準備などで、上級生の方が抜けると航吾君たちが、今まで以上の声量て゛の発声が必要です。

 

 そして受け持ちパートの音階の正確さも大切になります。

 

 

 男の子、3人での挨拶も息があっていて、観客の方々によく通る声で、曲の紹介や、新入団員募集のアピールも楽しくできました。

 

 今回からは、「可愛らしい女子の団員募集が加わっています。」

 

 高知少年少女合唱団の練習日時は、毎週土曜日の14:00から16:00までです。

 

 場所は、高知市勤労者交流館(丸池町)、知寄町電停から北へ200mです。

 

 問い合わせは、088-832-7892(はざま)まで。

 

 高知少年少女合唱団でHP/facebookがあります。検索してください。

 

 

 

 「もういちどの星」からもういちどの星。

 

 

 「お砂糖ひとさじで」は、振り付けもあって、歌詞にあったパフォーマンスの練習も必要でした。

 

 

 

 「ミッキー・マウス・マーチ」でも、振り付けが工夫されています。

 

 

 歌いながらのダンスもあって楽しい曲になっています。

 

 

 フィナーレのパフォーマンスも、観客の耳と目をそして心をひきつけて、子供たちのファンになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

        ランニング(ランニング合宿・170624)

 

 2017年6月24日(土)、曇りのち雨、今年は津野町の「森の巣箱」にてランニング合宿を行う。

 ここでは、14年前にランニング合宿をしたことがあります。当時は、廃校舎のあとが残り、教室は床板の間が残っていた。

 今回は、10畳間が3部屋と6畳間が1部屋に改修されていた。

 

 「森のおみせ」という交流施設がその一部にあって、そこで購入したものを飲食できる。つまり、アルコール飲料とつまみになるようなものがならべられていた。

 

 合宿参加者の一人は、レアものの菓子が置かれていて、高知市内の量販店でもなかなか手に入らないとのことでした。

 

 私は、航吾君の少年少女合唱団の練習の後で合流する。

 みんなは、2時から樽の滝方面に走る。今年は、若い男性の2人が、初参加でした。10キロから20キロの距離プラスアルファーを走られる。

 

 

 夕食は、テラスになっているところで、屋根には雨除けのブルーシートをかけられている。81歳のTさんが今年も参加してくださる。

 

 

 宴席に見かけない方が1人おられるなと思ったら、「森の巣箱」の管理人さんでした。

 最初から最後まで、一緒によく飲み、よく話される。これも田舎のサーヴィスかと思うが、好まない人もおられるのではと思った。

 

 

 

 交流施設の方は、地元の方が使っておられる。で、こちらに来て飲むように誘ってくださる。

 だいぶ遅くなってからそこに移る。カラオケの設備があったが、懐かしの曲がおおいでした。

 

 

 

 日本選手権の100m決勝もテレビで観ることもでき、やっぱり、素質がものをいうのかという雰囲気になる。私たちの多くの方は、素質より練習や努力で頑張っておられるのです。

 

 

 今年も四万十ウルトラマラソンにチャレンジされるSさんは、ランニングを楽しまれています。

 

 

 

 このお菓子が、レアもので、どこにでも売られていない。とても美味しいそうです。その仕入れさきを尋ねられていました。

 

 

 

 お店のお姉さんが、被り物を段ボール箱に3杯持ち出してこられる。みんなは、怪しげな人に変身して、仮装パーティーで盛り上がる。10時30分すぎて就寝となる。

 

 そして、翌日、25日の朝、6時前までは、雨はやんでいた。5時すぎより春恵さんは、ウオークに出かける。

 

 

 7時より、朝食、もちろんお味噌汁付き。ご飯のお代わりはし放題でした。家では小盛りですが、こちらでは、大盛りのお代わりをする。

 

 本日、孫の合唱祭出演のために、先にカルポートへ向かう。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

     生活学舎桃土(土佐山の暮らし・梅雨の晴れ間・170623)

 

 2017年6月23日(金)、梅雨の晴れ間、先日来の雨で、庭の紫陽花がようやく、見られるようになった。

 

 

 息子夫婦が挿し木をして増やした紫陽花を川渕の手すりにそって植えている。

 今年は私が剪定や草取りの手入れをしている。白いつぼみだったのが雨のおかげで鮮明に色づいた。

 土のペーハーや微量ミネラルの変化で、色が変わるなどという野暮なことは言うまい。が、言ってしまっている。

 

 

 

 山ビワが豊作、当然誰も世話をしていない、農薬散布なし、化学肥料もなし。

 山の土壌から受けた養分と恵みの雨、そして太陽、山の風を受けてぷりぷりに成長しています。

 

 

 山ビワといえども侮るなかれ、結構、太い実が付いている。しかも、数多く。また、今年のは甘くてジューシィで美味いです。

 

 

 

 同じ山ビワでも、日当たりのよい川の岸に生えているビワの木は大きく枝を四方に伸ばして成長しています。

 

 

  そして、こちらの木もたくさんの実をつけています。

 ここは、工石山からの吹きおろしの風が強いところですが、丈夫な枝は、折られることなく、葉も茂っています。

 

 このようにたくさんのビワが実をつけるのは、何年ぶりでしょうか。山の鳥や獣もこの自然の恵みを受けて、数多く育つことができます。

 

 梅雨の晴れ間に走る土佐山のランニングコースには、多くのビワの木が実をつけて、手を伸ばせば届くところにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。