かなりきつい文かも。

日経コラム。
STEP STEP STEP(高橋大輔)フィギュアの楽しみ ズバリ「色気」こそすべて
最初はタイトルにびっくりしたものの、読んでみれば多くの選手の特徴を短くかつ分かりやすく網羅したいい記事だと思った。

ところがその後、ぶわぶわーと一部でこの記事に対する批判だの不満だのが出てきているとかいう話を聞く。
少し検索してみた。立脚点が違うことを理解できない感じの言葉が続く。嘆くべきなんだろうけど、笑いたくなるような文だった。
まあこれは分かっちゃうから書いておく。羽生選手のファンだったな、目についたの。



連想したのは「ユーリonIce」に対する一部の腐女子の反応。「本編が堂々とBL色出すな~」と嘆いていた。あれに似てる。
自分達は二次創作で色々キャラクター同士をつるませるけれど素人の戯れ事で表に出す物じゃないと思ってる。専門の関係者が堂々と表でやるもんじゃないという主張。やられたら白けるわ、と。

で、フィギュアスケート関係でも素人がネットでスケーターに対して思い思いのこと言ってる。それなのに似たスタンスで関係者が語ったら、私らが出来るようなことやるなよ、という主張する。
似ていると思った。
しかし、なんでやっちゃいけないんでしょうね?
BLの世界は分からないから置いておく。けれど、なんでフィギュアスケート関係者が、それぞれの選手の見どころをフィギュアスケートに詳しくない人に向けて語っちゃいけないんでしょうか。



今度のワールドの男子シングル選手を複数チョイスして短文を書く。これは私も前の記事でやったばかりである。
その後大輔さんの記事が出て「さすが関係者」と思ったんである。これだけの数の選手を、それぞれ特徴を押さえて短文で書いている。
普通の素人の文より効率よくフィギュアスケートのことが分かると思うんだけどね。

つまり、勉強したくないんでしょうね。不満を述べる方々。
選手が自分の個性を生かしてどう観客の心を捕まえようとしているか、そのことに興味がない。
表現は、観客にアピールする力は、それも一つの技術なんだけどね。



で、こういう点を取る身体技術と直接つながってないことについて語っていると時折言われるのが「そういうこと言いたいのならアイスショーに行けば?表現の世界でしょ。採点競技には合わないでしょ。ストレス溜まって」ということ。
これも不思議。
だって、フィギュアスケートの選手って、表現者でしょ、そういう自負持ってるでしょ、皆さん。なら、その部分を語って何が悪いの?
表現と点を取る身体技術との両立がストレス溜まるだけで実りがないなら、そもそも選手が一番最初につぶれてるんじゃね?なんで選手より楽なただの観客のストレスをガタガタいうの?ストレスを理由に退場してもらいたいという下心が見え見えである。

何度か書いたことあるけれど、アスリートだスポーツだ、それ以外の局面は二の次だ、というのなら、なんでビジューキラキラの、落ちたら減点される羽飾りだのつけるわけよ。
ジャージでいいじゃん、レオタードでいいじゃん。
明らかに表現したい世界を形作るパーツとして、肉体の動き以外の「衣装の力」まで利用してる。しかし、そういう世界観とかの側面を語ると「そういう人は競技見るのに向いていないんじゃね」とか言い出すの何なんだろう。
その人が、ずーっとそういう側面を語らないなら一貫しているけれど、町田くんのときは選手時代から世界観まで触れたりしているのに。しかもそういう人、「西川の布団」ポスターに萌えてたりするわけでなあ。
自分は表に出すことと裏で萌えることの使い分けができてる、相手は出来てない、ということなんだろうか?
けれど、相手は使い分けをする意味を感じてないだけ、ということが分かってないわけでねえ。

選手がそこにいて、一生懸命表現についても頑張っているのに、それについて語って何が悪いんだろう?
私にはそれが分からない。
少なくとも選手は喜ぶと思うんだけどね。

それこそ、羽生選手だって言っている。
「例えば僕という人間を道具として、僕という人間を通して、皆さんが自分の気持ちを伝えるきっかけになればいいな、と。僕というネットワークを使って、いろいろな気持ちを発信してほしいと思っています。」
「色々な」気持ちなんだよね。そうおそらく善に属する気持ちだけではないと思う。
昔人々の言葉に傷ついて競技を止めたくなった少年だった人が、ここまで言うように成長するのである。アスリートという人種はやはり並じゃない。



あと、表で語れと言われる言葉、スケオタモードスポーツモードで語っているような言葉が本当にスポーツモードかというと、それもね。
四大陸選手権での羽生選手のフリーのリカバリーについて「スケオタなら間違いなく興奮する」と語る人がいてあれ?と思ったことがある。
そうかあ?もしそうだとしたらやっぱりスケオタって変だと思う。
あれってF1における予選失敗から本選でどんどん追い抜いて最後、チェッカーフラッグを受けるか受けないかまでの位置に行ったようなものだよね。でもさ、チェッカーフラッグ受けたらそりゃ称賛だけど、二位ゴールだったらF1ファンの場合「惜しかった~!!!」なんだよね。むしろ「最後凌いだ方もすごい」になるというか。
「興奮する人はかなりいる」、むろん。ただ「間違いなく(すごいと)興奮する」とまでは負けた場合には言えないと思う、F1なら。
一応ベルギーグランプリを見に行ってしまうという筋金入りのファンを何人か知ってるもんで、その人たちの感じだと。

ただまあ、F1の場合ものすごく強い日本人選手いなかったからなあ。
フィギュアのように二位が日本人だったら、やはり興奮したのかしらん???その場合、でも「優勝ドライバー~~!!!」と、逆にきっかり悔しがったと思う。
スポーツってそういうもんだよね。二位の人がやってのけたことが凄い、という感覚はちょっと違うんじゃないかと。
少なくとも一位の人はもっとすごいと語ってこその二位称賛だと思うんだけどな。

ま、実はF1の場合車の性能が絶対的に違うことがあるので、すごいとみなされないドライバーもいるんだけどね。

結局、フィギュアスケート界隈のネットの表の言葉だってスポーツ観戦者としては結構不徹底じゃん、と思うんだよね。



つまるところ、空気読めよ、忖度しろよ、今の主流は多数派は羽生選手のファン、私たちの意見がスケートファンのトレンド、ということに過ぎないと思うんだけどね。

しかし「やる。やらない。僕は迷わず、やる方を選ぶ」と過去言っちゃってる男が、素人集団の雰囲気なんぞ忖度するはずもないのである。
AD