映画で英会話TangoTango!!

映画から拾ったセリフで楽しく英会話なんぞをすなぁりぃ


テーマ:
「しゃべらない」のか「しゃべれない」のか、それとも「しゃべりたく
ないのか」どれだ...と迫るのは報道番組"60ミニッツ"のプロデューサ
ー、ローウェル・バーグマン(アル・パチーノ)。重要な事実を握る
元副社長のジェフリー・ワイガンド(ラッセル・クロウ)は、会社の
守秘義務契約を盾に脅迫まがいの手口で口止めを強要されていた。タ
バコ業界の汚職を内部告発させようとする男の壮絶な闘いを大迫力で
描いた。公開前にタバコ業界からクレ-ムがついたという、いわく付
きの実話。

┌─ 【今日のポイント】 ────────────────
○ drop in the ( ) ← 焼け石に水

○ reach ← すみからすみまで

○ ( )ing glass ←あべこべの

○ put on the ( ) ← 棚上げされちゃ困ります



┌───────────────────────────────
│> drop in the bucket
└─────────────────────── 焼け石に水 ──
ワイガンドにコンタクトをとったバーグマンだが、そう簡単に
事実を告白してくれるワケもなく...。

This issue is a drop in the bucket.
I can talk to you about what's in here.
But I can't talk to you about anything else.

「無意味だ 資料の内容については話せるが
それ以外について話すわけにはいかない」

┌───────────
drop in the bucket は「スズメの涙」「大海の一滴」
あまりに微量すぎて何の効果もないことを意味します。
もともとは聖書の一節に由来する表現のようです。


┌───────────────────────────────
│> reach
└──────────────────────── 行き渡る ──
Look, I really don't have that much time...

「時間がないんだ」と言うワイガンドを説得するバーグマンの
プロデュースする報道番組は客観性と真実を追う硬派な番組で
知られている。
I still do the tough stories.
"60 Minutes" reaches a lot of people.


「今も硬派のねたを追う 番組の影響力は大だ」

┌───────────
reach はニュースが「伝わり」影響などが「及ぶ」という意味
です。また、that much time の 否定文や疑問文で使われる
that は「量などがすごい」ことで「そんなに」とか「それほど」
とか呆れぎみに言う表現です。例えばこんなカンジ。
I'm not that stupid. 「おれはそんなにバカじゃないよ」
┌───────────────────────────────
│> looking glass
└─────────────────────────── 鏡 ──
a confidentiality agreement「守秘義務」の契約を交わしている
ワイガンドに証言させる道を模索するバーグマンとスタッフ。
Okay, let's look through the looking glass the other way.


「なら別の角度から見てみよう」

┌───────────
ルイス・キャロルの Through the looking glass「鏡の国の
アリス」。このタイトルから looking glass は「あべこべの」
とか「さかさまの」という意味にも使えます。さかさまの鏡を
通して look through 「詳しく調べ」ようってことです。
┌───────────────────────────────
│> put on the shelf
└──────────────────────── 握り潰す ──
天下のCBSですら「訴訟」の一言にビビッたのに、一個人である
ワイガンドが背負うには大きすぎる問題。でも黙っちゃいられま
せん。
He's also a man of science. He's not going to
allow his company...to put on the shelf...a product
that might hurt people.

「ワイガンドは科学者でもあるから
人々を傷つけるようなものを野放しにするようなことはしない」

┌───────────
put on the shelf は文字どおり「棚あげする」ことです。
また この man は「エキスパート」を意味します。

a man of wide information 「博識家」

とか...。
The Insider はお好き?


◆ キャラクター・グッズ集 エルム街の悪夢/バットマン/ほか
  http://www.h3.dion.ne.jp/~tango2/F/f.html
◆ 映画の原作本リスト! ライラの冒険 黄金の羅針盤 ロリータ 私がクマにキレた理由他
http://www.h3.dion.ne.jp/~tango2/book.new.html
◆シナリオ対訳本 & ネットで読めるシナリオ・リスト  
  パルプ・フィクション /ビューティフル・マインド/インサイド・マン/他
http://www.h3.dion.ne.jp/~tango2/script.new.html
◆やっぱサントラでしょ  http://www.h3.dion.ne.jp/~tango2/cd.html


〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブ   レードランナーの未来世紀 『ブレードランナー』の何が「二つで充分」なのか?『イレイザーヘッド』の 赤ん坊の正体はウサギ?『ビデオドローム』の変態テレビ局は実在した?  『未来世紀ブラジル』はなぜブラジルなのか?80年代に狂い咲いた 映画作家たちの真実。 チェブラーシカ コレクターズBOX  エドワード・ウスペンスキーの原作をロマン・カチャーノフ監督が映画化したパペットアニメ。子熊に似た架空の動物・チェブラーシカと仲間たちが繰り広げる不思議な冒険の日々を描く。4つの短編を収録。フィギュアほか特典も充実。

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード