書燈社展2012年秋の作品

テーマ:

新生 書燈社展は、大作作品なんと140点余。
規格作品なんと250点余
中学生・高校生作品90点ほどを集め都美の会場を埋めました。

連日大盛況で、土曜日・日曜日は
席上揮毫や横浜詩人会の詩人とのギャラリートークそして詩の朗読と、
盛り沢山の企画がありました。
昨日は表彰式もありましたので、久々に着物で出かけました。
焦って着た訳でもないのに…
おはしょりがねじれてしまいあまりキレイじゃありませんしょぼん
備忘録的日記PartⅢ-書燈社展2012_記念賞郁子

自作詩「青 蒼(あお)への憧憬」

青は 蒼に感化され 明日へ
青から蒼への標を探す

(作品にしたのは、題名だけですが)

作品サイズは6尺×10尺(180×300cm)を
ブルーのマットを入れて8尺×10尺に。
淡墨で書いてみたり、太い筆で書いてみたり、いろいろ試行錯誤はありましたが
超長鋒を2本で書いたコレに。
記念賞を頂き、感謝感謝です。


AD

コメント(2)