<ネットコミュニティにて全国に対応>
プロポーズ待ちの方が集まる愛され会はこちら。

<新婚の方が集まる会>
結婚した後も新鮮さを保つための愛され会はこちら。

<失恋のトラウマを持っている方が集まる会>
失恋のトラウマから輝く愛され女子になる愛され会はこちら。

<シングルマザーの方が集まる会>
子育てをしながら輝く愛され女子になる愛され会はこちら。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-02-10 08:00:45

同棲中のプロポーズ待ち彼氏がLINEを送っても返信しない訳とは?

テーマ:├同棲してる方におススメ
同棲中のプロポーズ待ち彼氏がLINEを送っても返信しない訳とは?

おはようございます。愛され女子になる本音の聞き方・伝え方専門家の柳田浩治です。



長いこと彼氏と同棲をしていたり、または結婚したりするとこういことがあります。


それは、彼氏に何回メールを送っても返信が全然無い。


でも、私以外の人にはすぐ返信をしている。


という彼氏に不満を持っている方にアドバイスです。








まず、基本的にここに男性と女性の違いがあります。


女性は、メールは何回でもしたいと思う方が多いです。


でも、男性は付き合いが長くなると、するのが億劫になってきます。


女性は、たわいの無いメールでも全然平気ですが、男性は違うということです。


なので、男性からすると、





たわいの無いメール。


今じゃなくてもいいメール。






は、返信しなくなります。


なので、彼氏からすぐ返信が欲しいという方は、彼氏が返信したくなるような工夫が必要になります。




では、どう送ればいいのか、そのコツです。


まず、自分が送ったメールを見ます。


その時に、すぐ返信したくなるか?考えてみてください。


そして、





今じゃないと伝えれないこと。


今知りたいこと。






ここを意識して送ると、彼氏からの返信が早くなります。


たとえば、





「今スーパーにいるんだけど、買ってきてほしいものある?」






という感じです。


ぜひ、やってみて下さい。









以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


愛され女子になる本音の聞き方・伝え方専門家の柳田浩治でした。


サービスメニュー一覧
<対面、電話にて全国に対応>
個別カウンセリングはこちら。

<ネットコミュニティにて笑顔をキープ!「寂しい」「分からない」「ストレス」を解消>
プロポーズ待ちの方が集まる愛され会はこちら。

<新婚の方が集まる会>
結婚した後も新鮮さを保つための愛され会はこちら。

<失恋のトラウマを持っている方が集まる会>
失恋のトラウマから輝く愛され女子になる愛され会はこちら。

<シングルマザーの方が集まる会>
子育てをしながら輝く愛され女子になる愛され会はこちら。

<動画で見るプロポーズ待ちから輝く愛され方セミナー>
相模原市民会館で開催 第1回愛され女子になる話し方セミナー

夢を応援すると言われて結婚したのに1年で別れた彼女の事情。その2

<facebook>
夢や日常を書いているfacebookはこちら。

<お問い合わせ>
お問い合わせはこちら。


















AD
2016-02-09 22:00:00

夢を追いかけ続ける男と、それを支え続ける女の夫婦愛物語。

テーマ:★私の体験記

夢を追いかけ続ける男と、それを支え続ける女の夫婦愛物語。


こんばんは。愛され女子になる本音の聞き方・伝え方専門家の柳田浩治です。


以前の病院で働いてた時の話です。


ベテラン看護師の方がいました。






彼女は、結婚していましたが、子供はいませんでした。


旦那さんは、税理士になる夢を追いかけていて、仕事はしていませんでした。


いわゆる彼女が、生活の大黒柱になっていました。


旦那さんは、税理士の夢を追いかけて10年が経っていました。


なので、旦那さんの親は彼に言いました。





「もういい加減、彼女のためにもあきらめろ」と。






でも、彼女は旦那さんに言いました。






「続けなさい」と。






旦那さんは、仕事をしない代わりに、いつも彼女を車で送っていました。


試験が終わると、約3ヶ月間ほど時間が空いていました。


私は、聞きました。


「その間は、旦那さんは何か(アルバイト)しているんですか?」


彼女は、言いました。





「その間は、彼の自由時間」









私は、また聞きました。


「もし、今年もダメだったら、どうするんですか?」


彼女は、言いました。





「来年、受ければいい」






夢を追いかけ続ける男と、それを支え続ける女の夫婦愛物語。


そういう方もいましたね。






以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


愛され女子になる本音の聞き方・伝え方専門家の柳田浩治でした。


サービスメニュー一覧
<対面、電話にて全国に対応>
個別カウンセリングはこちら。

<ネットコミュニティにて笑顔をキープ!「寂しい」「分からない」「ストレス」を解消>
プロポーズ待ちの方が集まる愛され会はこちら。

<新婚の方が集まる会>
結婚した後も新鮮さを保つための愛され会はこちら。

<失恋のトラウマを持っている方が集まる会>
失恋のトラウマから輝く愛され女子になる愛され会はこちら。

<シングルマザーの方が集まる会>
子育てをしながら輝く愛され女子になる愛され会はこちら。

<動画で見るプロポーズ待ちから輝く愛され方セミナー>
相模原市民会館で開催 第1回愛され女子になる話し方セミナー

夢を応援すると言われて結婚したのに1年で別れた彼女の事情。その2

<facebook>
夢や日常を書いているfacebookはこちら。

<お問い合わせ>
お問い合わせはこちら。

















AD
2016-02-09 08:00:53

彼氏と早く結婚したい理由が仕事がつまらないだったら?

テーマ:├彼氏と早く結婚したい理由がこれだと?

彼氏と早く結婚したい理由が仕事がつまらないだったら?


おはようございます。愛され女子になる本音の聞き方・伝え方専門家の柳田浩治です。


私は、約12年間女性の職場で仕事をしてきました。


その時に気づいたことです。





仕事がつまらない。





だから、彼氏と早く結婚したいと思っている女性が結構いました。


その方達はみんな、結婚する前に彼氏と別れています。











その理由は、仕事がつまらないということは愚痴や不満だらけです。


そうすると笑顔が少なくなりますし、マイナスのオーラができてしまいます。


そして、彼氏に依存してしまうため、彼氏は一緒にいると重く感じてしまいます。


なので、別れるという結果になるんですね。







仕事が好きでしている人と、嫌々仕事をしている人がいます。


どっちの人と仕事をしたいか?と聞かれたら、仕事が好きでしている人と選ぶと思います。


一緒にいて楽しいですからね。


私は、やりたい仕事があったら、それを仕事にすることをススメています。


その理由は、好きなことをしていると笑顔が多くなりますし、発言もポジティブな言葉が多くなるからです。


彼氏からすると、そういう女性といると楽しくなりますし、力になりたいと思います。


男性が、結婚を決める一つに、





一緒にいて楽しい。





があります。


仕事が楽しい。


そう思えるには、やはりやりたい仕事があったらするべきだと思うんですね。











以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


愛され女子になる本音の聞き方・伝え方専門家の柳田浩治でした。


サービスメニュー一覧
<対面、電話にて全国に対応>
個別カウンセリングはこちら。

<ネットコミュニティにて笑顔をキープ!「寂しい」「分からない」「ストレス」を解消>
プロポーズ待ちの方が集まる愛され会はこちら。

<新婚の方が集まる会>
結婚した後も新鮮さを保つための愛され会はこちら。

<失恋のトラウマを持っている方が集まる会>
失恋のトラウマから輝く愛され女子になる愛され会はこちら。

<シングルマザーの方が集まる会>
子育てをしながら輝く愛され女子になる愛され会はこちら。

<動画で見るプロポーズ待ちから輝く愛され方セミナー>
相模原市民会館で開催 第1回愛され女子になる話し方セミナー

夢を応援すると言われて結婚したのに1年で別れた彼女の事情。その2

<facebook>
夢や日常を書いているfacebookはこちら。

<お問い合わせ>
お問い合わせはこちら。
















AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。