2008年09月19日

UFOふぐキャッチャー

テーマ:City

ふぐ1

ゲームセンターに行ったら、
UFOキャッチャーの景品に「ふぐ」が登場していた。
以前から、熱帯魚をつりあげるマシンはあったのだが
「ふぐ」は初めて。

瓶の中にいるのは、
川と海の境目あたりに生息している
「みどりふぐ」という小さなふぐ。
淡水でも海水でも飼える観賞用の魚として
熱帯魚やさんではよく売られていた。
実は、僕の家でも、同居していたおばあちゃんが
このふぐを飼っていたことがあった。
小さいけど食いしん坊で
餌を投げ入れると
かりかりと歯でかじる音をたてながら食べるのが
とてもかわいかった。
頭は悪いのだが、単純でやんちゃな感じが
憎めないやつなのだ。

ゲーセンの景品は新たなネタとして
生き物をたくさん登場させている。
これから新規投入されるマシンの中には
鯉を釣るようなタイプも登場するらしい。
ゲーセン体験の鮮度を保っていく
ひとつの知恵ではあると思う。

でも、ちょっと気持ち悪い。
生き物がモノ扱いされてる感じが。
話の種に、面白半分で釣ってしまったぬいぐるみは
誰かにあげたりもできるけど、
生き物はそういうわけにいかない。

そのままうち捨てられて
生きたままゴミ箱行きになっている様を想像すると
悲しい気持ちになる。

ふぐ2
↑「観賞用です」って、食べる人がいるってこと?
777さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
同じテーマ 「City」 の記事

コメント

[コメントをする]

1 ■同感です。

UFOキャッチャーで取り扱ってほしくないです。悲しいですね。
でもお婆様が飼っていたお話ビックリです。餌は何を食べていたのでしょうか?
フグは愛嬌があって可愛いから可愛いかったでしょうね。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み