2015-09-25 16:02:32

安保法案の成立

テーマ:ブログ

安保法案が成立した。ほんとによかったと胸を撫で下ろしている。もしこれが成立しなかったらどうなるのか。我が国は国を守るという国民の意志が弱いと判断され、中国や韓国の日本侮蔑運動が一層加速することになったであろう。日本人に対する嫌がらせの類が頻繁に起きることになる。外交交渉で日本の言い分に耳を傾けてくれる国もない。そういう意味で今回の安保法案の成立は、日本が変わり始めたということを世界に示す大きな一歩であると判断している。中韓などの我が国に対する対応も少しは抑制が効いてくるかもしれない。困難な中でも初心を貫いて法案を成立させた安倍総理の頑張りに拍手を送りたい。安倍総理は歴史に残ることをやってくれたと思う。一つだけ残念なことは尖閣を守る領域警備の法律が今回は見送られたということである。


さて今の世界で自分の国を守る法律が整備されていない国は日本だけである。今回の安保法案ですべてが解決されたわけではないが、自衛隊も諸外国の軍同様、国際法で動くという方向に一歩近づくことになったのである。世界の軍は国際法で動く。国際法とは何か。明文化された条約などと慣習法の集合体である。軍の行動に関しては禁止事項が決まっている。世界の軍は禁止規定(ネガティブリスト)で動く。禁止事項以外は何でも出来る。これに対し日本の自衛隊だけが国際法で動くことが出来ない。自衛隊が行動するためには国内法上根拠法令を必要とする。自衛隊は決められたことしか出来ない。自衛隊は根拠規定(ポジティブリスト)で動く。これは日本政府が自衛隊の行動を制約しているからである。


自衛隊が行動するためには、イラク特措法やテロ対策特措法が必要であった。イラク特措法がなければ陸自、空自をイラクなどに派遣することは出来ない。テロ対策特措法がなければ、海上自衛隊をインド洋に派遣して外国艦艇に給油することは出来ない。しかしこのような法律を必要とするのは世界で日本だけなのである。これまでは何か事態が生じてから法律が作られるので適時に事態に対処することが出来なかった。しかも派遣された自衛隊は法律で決められたこと以外は実施できない。インド洋の海自艦艇は、目の前で海賊に襲われている商船を見てもこれを助けることは出来ない。それは違法行為になるのである。他の国の艦艇であれば直ちに救出行動を開始するであろう。


また集団的自衛権もこれまで行使できないとされてきた。一緒に作戦行動をしている友軍に対し、「俺がやられたときは助けてくれ、でもお前がやられたときには俺は助けられないから逃げる」という状況下で自衛隊は派遣されてきたのである。こんな非道徳的な行動をする自衛隊に対し諸外国の軍が信頼を置いてくれるわけがない。自衛官は非常に気後れしながら任務についていたのである。


今回の安保法案でこれらの問題も解決されることになった。何も我が国だけが特別なことをしようとしているわけではない。出来るだけ自衛隊も諸外国の軍と同じように行動できるようにしようとしているだけなのである。これに対し戦争法案だとか言って野党やマスコミが大キャンペーンを張った。多くの国民がこれに騙されて安保法案反対デモを繰り返した。しかし日本国民も戦後の自虐史観から少しずつ解き放たれているようだ。法案成立後の安倍内閣の支持率はさほど下がっていないからだ。


安保法案は戦争法案ではない。

戦争抑止法案なのである。


戦争が出来ないと戦争に巻き込まれる確率は高くなる。軍事力を整えて、来るなら戦うぞと構える国に対し戦争を仕掛ける国は少ない。プロレスラーに飛び掛る馬鹿はいないということである。


自衛官のリスクが高まると民主党が心配してくれた。自衛隊の任務が拡大すれば自衛官のリスクが高まるのは当然のことだ。しかし、自衛官がリスクを引き受けてくれるから、他方では国民のリスクが減少するのである。自衛官という職業はリスクを引き受けることが前提である。自衛官は身の危険を顧みず任務遂行に当たるという宣誓をして仕事についている。しかし駆けつけ警護などの場合、武器が使えるようになるので自衛官のリスクも減少する場合もある。本法案によって一概に自衛官のリスクが高まるとも言えないのだ。


今回民主党の岡田代表が安保法案廃案のためにあらゆる行動を取ると言っていた。この人は今の我が国の安全保障体制についての知識があるのだろうかと思ってしまう。国を守れない現状を放置せよといっているに等しい。全く無責任である。また岡田氏はもともと話せば分かる、話し合いですべてが解決できるという考え方の持ち主だ。しかし国会の中でさえ話し合いで解決できずに委員長席を取り囲んだり、暴力沙汰を引き起こしたり、正にあらゆる行動を取った。岡田氏のように話し合っても分からない人は世界に山ほどいる。中国や韓国を見ていればよく分かるではないか。だからこそ国を守る安保法制が必要なのだ。岡田氏は安保法案に反対することによって、自ら安保法制が必要だという事を証明してくれた。


更に憲法違反という意見も多かった。しかし憲法は法律との整合性以前に国民生活との整合性が問題にされなければいけない。国が外敵の侵略を受けても国民を守れないような状態が放置されていいわけがない。そのとき憲法がそれを妨げるのであれば憲法が速やかに改正されなければならない。しかし我が国の現状で速やかな憲法改正が難しければ、憲法解釈を変更するというのは極めて合理的な考え方だと思う。


「憲法を守って国亡ぶ」では本末転倒である。我が国では憲法学者の多くが憲法解釈に重点を置き、一度確立した憲法解釈を変えてはいけないと言うが、憲法解釈だけではなく現憲法が抱える問題点についても議論してもらいたいものだ。そうすれば憲法解釈は情勢変化に応じて変わるべきものだという考え方も出てくるのではないかと思う。憲法解釈は変えるべきでない、集団的自衛権の行使は憲法改正してから認めるべきだと言っている人の99%は安保法制の成立には反対なのだ。

田母神俊雄さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

25 ■ISD、ラチェット条項、スナップ条項について

TPPの真実
ISD、ラチェット条項、スナップ条項について
表向きは「貿易協定」、実質は「企業による世界統治」であるTPP交渉について、企業顧問にはアクセス権があるがアメリカの議員はアクセス権がないというのは、事実なのでしょうか。(外国の投資家がTPP条約を盾にアメリカ政府に民事訴訟を起こす事ができるなど)(企業に多大な特権を与え、各国政府の権限を奪う可能性あり)
世論の盛り上がり是非、宜しくお願いいたします。

24 ■ドイツ、イタリアがテロを起こしているから、いつまで経っても戦争が終わらないの。

ドイツは難民を受け入れましたが、国連から難民を支援したので、支援金をドイツ政府は貰いました。
カラクリ、何でも無償支援は無いです。
ドイツ人は只は嫌がります。
何か無いと駄目です。
得しないと動きません。
今も昔も戦争して、お金を儲けて稼いでいました。
アメリカ軍の武器は戦時中から今まで全て、ドイツのライセンス生産です。
アメリカは今も昔も存在しません。
デザインは全てドイツ軍がしてました。
軍服も。今の人工衛星、NASAスペースシャトル、無人偵察機は全てドイツ製です。
アメリカにもう核ミサイルは存在しません。無いです。
アメリカの原子力発電所は全てドイツ製です。中身も外枠も。
ドイツに本部があります。
ゼネラル・エレクトリック社 GE Germany
金融、証券、生命保険、鉄道、原子力発電所、家電をしています。
シーメンス=ゼネラル・エレクトリック=ダイムラーベンツは同一企業です。

23 ■無題


少なくとも自身の周辺では移民に賛成している人はいません。難民受け入れは受入国の好意によるものですから、感謝の念を忘れた不逞外国人は本国に強制送還するのが当たり前ですね。本国に戻ってその国のために尽力していただきましょう。

>国民は、「少子化で人手不足になるから、外国移民受入はやむを得ないよねえ~」という方向に誘導されていっています。

少数の場合は珍しがられて「おもてなし」されますが、大量に来た場合はお断りというのが一般的な感覚でしょう。

>メディアあるいは産業界の「シナリオ」がどうであろうとも

これは将来的に紛争当事国となった場合には外患援助の可能性が有ります。特に国民皆兵制の国からの移民はかなり問題です。言い逃れ不可能な公安事案かと存じます。従いまして「それでも構わない、という価値観」に基いて行動したならば、場合によっては罪に問われる可能性がありませんか??

22 ■仙台市と中国吉林省は友好都市です。

仙台市と中国吉林省長春市は姉妹都市です。
宮城県と中国吉林省は昭和51年から友好交流しています。
宮城県に日中友好協会があります。
仙台市に駐仙台大韓民国総領事館があります。
山形県寒河江市と韓国安東市は姉妹都市です。
東北と中国は姉妹都市です。
東北と韓国は姉妹都市です。
福島県は韓国と中国と姉妹都市です。

21 ■対策

以後、ロスチャイルド一族は現在の世代に継承され、さらに新しい屋敷と別荘を次々と建設してきました。1901年に閉鎖されたフランクフルト・ロスチャイルド銀行は、1989年、ほぼ90年ぶりにオープンし、かつてのロスチャイルド邸の敷地に隣接して、ヨーロッパ中央銀行が建ち、99年1月1日にヨーロッパ統一通貨ユーロが誕生しました。

「ロスチャイルド一族は戦争を始めることも防ぐこと出来る。彼らの言葉は帝国を築くことも破壊することもできる。」1923年12月3日付シカゴ・イブニング紙

20 ■無題

しかし日本人も捨てたものではありません。反日団体のBPOに対して視聴者から80件もの抗議があり、その多くは「意見書で総務相や自民党を批判したことはけしからん」と言う内容だったのです(2015.11.12産経新聞)。



BPOは「視聴者の指摘や苦情を受けて検証を行い、放送の質を向上する第三者機関」です。これらの意見を真摯に受け止め、政府批判よりもやらせをやったNHKを徹底追及すべきなのです。それができないBPOは潰してしまった方がよいのです。

19 ■直接的には無関係で申し訳ないですが

ユーチューブで田母神節を拝見しました。12区で敢えて戦った田母神さんの信念を初めて理解できて,久々に「やっぱり田母神」さんだなあと思い直しました。今一度,注目して行きたいと思います。

18 ■初コメ失礼致します(・∀・)

コメントさせて頂きます!今さきほどブロブ読ませて頂きました。分かりやすくて素敵な記事だと思います!また遊びに来ますね☆彡私は今発展途上国を旅してます!よかったら遊びにきてください(・∀・)

17 ■無題

本来ならば「チベット大虐殺文書」120万人がユネスコ世界記憶遺産に登録されるべきでは。

今回の件は「記憶遺産」というのがポイントですよね。
「世界遺産」は事実確認は当然必須ですが、「記憶遺産」は歴史的記憶物の保護が目的ですから、事実確認はされません。
もちろん支那共産党は捏造した事実を誰よりもわかっています。
ユネスコ遺産事業は「世界遺産」、「無形文化遺産」、「記憶遺産」の順に登録審査が軽くなるため、支那はこれを狙ったのではないでしょうか。

対応としては、「取り消させる」というのも有りますが、「歴史捏造文書を登録した」という事を世界に知らしめることも必要であると考えています。

16 ■趣味的な墓参り

僕は、靖国神社の他、横須賀市の常光寺(京急安針塚が最寄駅。16号線沿い)に行く事があります。
ここは、瀬戸口 藤吉氏(『軍艦行進曲』『愛国行進曲』等の日本の吹奏楽作曲家)が眠っています。
僕は、退勤後に、カラオケ居酒屋で軍歌を歌う趣味を持っています。
又、豪雨被災地である茨城県常総市にも行ってみようと思います。

15 ■解釈変更による改正は危うい状態

安保法案は、国家として必要な法律であることは承知した。
しかし国民は、その採択方法に反対しているのである。
解釈変更での法案改正は、同じく最高裁の法律の場で覆される可能性を含んでいるということだ。
法に反しているということです。
ですから、今後は如何様にも解釈が青天井になる可能性を秘めているわけですから、歯止めがない。
これは政府の万一の暴走への歯止めがないというわけですから、法案は無効になり得るだろう。
やはり政府は、正式に憲法改正を履行するべきであった。

14 ■無題


難民への対応

意識高い系
イスラエル「不法移民、テロリストを我が国には入れない」
デンマーク「難民にとって魅力のない国を目指す」

渋々系
イギリス「2万人の難民を受け入れる(ハァ)」

底辺
ドイツ「今年は難民80万人受け入れ予算を組んだ」「毎年50万人の難民を受け入れる」

13 ■あとは

あとは徴兵制が絶対にできない憲法を作って欲しい

12 ■無題

「我らここに在りて国安らかなり。」

某都市の陸上自衛隊駐屯地の標柱に
刻まれたスローガンです。

まさしく我が国の安寧を守り、日夜たくましく務めて
おられる自衛隊員には頭が下がります。

11 ■無題

さすが 田母神さん 正論だ!!!

10 ■和を以て尊しと為す

良く反対派が主張する「戦争になる」という言葉。日本国内の日本人のどこの誰が誰と戦争をしたがっているのでしょうか。
誰も戦などしたくないし、我々日本人は聖徳太子の十七条憲法にある、「和を以て尊しと為す」どこよりも和を尊び、平和を希求している。しかしながら、そんな考えを無視するかのように現実問題として、悪意を持って日本国に攻撃してきている国があることを強く認識して、日本は日本人の手で守らないと、同盟国ありきではいけません。
田母神さんのおっしゃる通り、最終的には国際法で動ける世界標準の国防軍として、真に日本国を自分たちで守れるようになることを一国民として願わずにはいられません。

9 ■無題

安保法案は平和法案です。
私も成立して良かったと思います。


これからも日本を守っていきましょう。

8 ■無題

全く正論だと思います。

日本が正しい方向に向かっていることを確信
しました。

7 ■平和平和の念仏で国は守れない。

中学一年の時、社会の授業の中で生まれて初めて日本国憲法に接した。直感でこれが憲法?と感じた私は早速社会科の教師に質問『国の交戦権を認めない』とは銃で追いかけられても、海に落とされても只逃げ回れと言うことですか?と。その教師は答えることは出来なかった。これが今平和平和とデモして叫んでいる人々である。憲法の条文は国民の命を守ってくれない。デモ参加者には昨今の国際情報は理解できないのか。

6 ■同じ意見です!!

安全法は必要です。いままで、有事法制を整備してこなかったつけだと思っています。いまだからこそ、必要です。

5 ■最近になって国会中継を視聴しました。

ずっと政治に興味を示すことなく生活してきました。

ここ数か月国会中継をみてビックリしました。

「日本人が少ない」

と、思いました。
※各議員のふるまいからあふれ出る違和感から

ずっと政治に興味を示すことなく生活してきて、いつのまにか日本が大変なことになっていると気付きました。

今回の法案通って当然で憲法改正が必要だと思いましたし、
田母神さん公式HPの政治理念のページのすべてを実現してほしいと思いました。

応援しています。

4 ■幕僚長殿

お待ちしておりました!

私も賛成派で、反対派は何かと言えば戦争法案だーと著しく勘違いをしてます。
恐らくは特亜の絡みでしょう。

田母神幕僚長殿、私は46歳なのですが貴方を真剣に心から尊敬して止みません!

日本国を忌まわしき特亜に渡すな!!と、これからも声を上げていきたいです。

安保法案成立万歳!

3 ■力が入りました。

安倍総理はじめ与野党の議員さんは一致団結して良く頑張ってくれました。
これで日米同盟が強化され、関係諸外国との結びつきが強固になることを期待します。

2 ■無題

自国を守るという態度を見せることで国際社会で馬鹿にされないですみます。沖縄が心配ですが、とりあえず成立して良かった。

1 ■日本人の為の 法案成立

彼岸入り前日に 成立。 お彼岸参り 墓参 静かに お参りできました。 感謝

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。



Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み