2015-08-10 10:55:53

防衛装備品の調達に思う

テーマ:ブログ
 自衛隊の主要兵器の大部分はアメリカ製である。国際的に見てアメリカが高性能のものを造っており、また日米安保体制を尊重してわが国がアメリカ製のものを優先的に取得しているからである。しかしアメリカ製を優先し過ぎるがために兵器の値段が高すぎるのではないかと思うようなことが多い。これは戦闘機などの機種選定が行われ、機種が決まった後に条件交渉に入るという我が国の予算システムの問題もある。アメリカはどうせ日本はどんな条件でも買うことが分かっているから条件交渉に応じてくれない。かつてミサイル防衛システムの導入のときもそうであった。大臣が導入を約束しているからアメリカは自衛隊が条件や価格の交渉をしても突っぱねてくるだけである。そんなに条件が悪いのなら、そんなに価格が高いのなら導入をしない、あるいは別のものにするという兵器取得の決定権をそれを使う自衛隊に与えるべきである。安全保障会議で導入を決めておいて、細部交渉を自衛隊に実施させる手順は改める必要がある。
 
 グローバルホークやオスプレイなどが自衛隊にも入ってくる。これらも自衛隊の部隊よりは内部部局以上の政治レベルで導入が決定されている。グローバルホークは30時間以上も高高度偵察をするが、空中から情報のリアルタイム伝送が出来ない形で導入されるという。まる一日以上の情報を抱えて地上に降りてきたグローバルホークの情報を、着陸後分析しなければならない。分析は更にアメリカの会社に金を払って実施してもらうという。当然アメリカの会社は分析したすべての情報をそのまま日本に引き渡すことはないだろう。情報の世界はGIVE&TAKEが原則である。これでは自衛隊がアメリカのために情報収集しているようなものである。導入決定を自衛隊に任せればこのような形で導入されることはなかったであろう。
 
 オスプレイも17機の調達で3600億円といわれている。防衛関係費が伸びてもそれ以上にアメリカに支払うのでは国内防衛産業が力を付けることはできない。国内防衛産業が力を失っては、自衛隊の戦力発揮が一層アメリカに依存することになり、我が国の自立は遠のくことになる。国家の自立と軍の自立は同義語なのである。
 
 我が国では第二次安倍政権になって十年ぶりに防衛関係費の下落傾向に歯止めがかかり、上昇傾向に転じているが、新たに導入する兵器の価格上昇で自衛隊の戦力量を増大することが出来ない。中国の20年以上にわたる軍拡と東シナ海、南シナ海における軍事力による現状変更などを考慮すれば、我が国も早急に実質戦力強化に踏み出す必要がある。その際、最先端の兵器が必要数取得できる予算があればいいが、我が国の政治情勢ではそれは難しい。従って限られた防衛関係費を出来るだけ有効に使用しなければならない。その為に最高性能で高価なアメリカ製ばかりを追い求めるのではなく、兵器取得先の分散化を図るとともに兵器システムのハイ-ローミックスを進めてはどうかと思う。
 
 近代戦では兵器の性能差は、特に空や海の戦いでは決定的であり、あまりに差があり過ぎては兵器としての意味がない。極端な例であるが、空自の現在の主力戦闘機F15に対し、昔の零戦では戦うことは出来ない。しかしながら、ある程度の差で我慢できるものは一世代前や中古など創意工夫したらいい。そういう意味で、アメリカ同様実戦経験豊富なイスラエル製の兵器などを取得対象に加えたらいいと思う。

 私は昨年9月イスラエルを訪問して陸軍、空軍の基地を研修させてもらった。またイスラエルの軍需産業IMI(Israel Military Industries)、IAI(Israel Aerospace Industries)、Rafael社、Elbit社などを見学することも出来た。前駐日大使であった現外務次官のニシム・ベンシトリット氏の好意によるものであった。ハマスのミサイル、ロケット攻撃からイスラエルを守るアイアンドームというミサイル防衛システムをRafael社が製造している。実戦で使われミサイルの命中率は90%以上というから2発撃てば100%に近い確率で相手の攻撃をかわすことが出来る。また航空自衛隊が現在使っているガルフストリームⅣという小型輸送機がある。これはアメリカのガルフストリーム社が販売しているが機体はIAIが製造している。またIAIはアメリカボーイング767-200ERを改修して、給油機B767MMTT(Multi-Mission Tanker Transport)としてコロンビア空軍に納入している。VIP輸送機として使用されており、時折日本にも飛んでくることがある。2013年にはブラジル空軍も採用を決めている。

 兵器をアメリカからばかり買っていては価格も上昇するし、アメリカにコントロールされる度合いが高くなる。我が国が自立した国家に向かうためにも兵器調達先を分散化すべきだと思う。そして輸送機、給油機、救難機などは別に最新のものでなくとも十分要求を満たすことが出来るのではないか。中古品にすれば所用経費も抑えられる。分散化の対象国としてイスラエルに目を向けてはどうかと思う。東京オリンピックに向けた警備システムなどもイスラエル製は優れているようだ。
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
田母神俊雄さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

16 ■安保法政可決について

田母神さんは、今回の件についてどう思われますか?
反対している方達は、いまいち安保について分からず戦争法安だと誤解して争ってる方達もいると思います。
私の考えでは、法律の壁があり何かあった時に動けないから改正しようとしているのでしょうか!?
中国の尖閣諸島の問題、北朝鮮の拉致問題、後藤けんじさんの時のISISの日本と首長への挑発メッセージ。
日本が穏便に解決しようとしても、向こうから行動をおこされ日本を攻撃した時、法律の壁で行動にうつせなくなったら日本はめちゃくちゃにされそうな気がしてしまいます。
日本はものづくりで有名ですが、残念ながら資材がありません。アメリカには資材があります。だから何かあった時はアメリカに頼らざるえないと思うのです。
何かあった時、アメリカや他国に助けてもらうばかりでアメリカが困った時動けず助けられないのは、やっぱりギブアンドテイクの関係ではなく今一信用してもらえないのかもしれません。

戦争は、恐ろしく二度とおこしてはいけないこと。
でも日本が攻撃されたのなら、守らなくては被害が拡大するのかもしれません。
しかし、もし私の身内に自衛隊がいたら可決に対して不安になるのかもしれません。
出向く機会がふえるということは被害に合う確率も高くなるからです。

専門家のお話しは難しくて今一よく分からず見当違いなことを言っていたら申し訳ないのですが、戦争がおこらない平和な日本であり続けてほしいという願いは心に強く思っています。

15 ■無題

1997年『ビルダーバーグ会議』サミュエル•バーガーの発言
「中国を巨大な軍事国として新世界秩序に組み込むことは可能である。中国の軍事力は強くなければならない。なぜなら中国の軍事力が強くなければ、世界政府を構成する主要な3地域の一つとして、欧州連合(EU)と北米連合(NAFTA)と並んで(アジア共同体として)成立する要件を満たすことができないからだ。
(アメリカの)中国への貿易最恵国待遇の目的は、あくまでも中国が軍事的に巨大な存在になることである。
なぜならこれによってアメリカ軍は、太平洋地域において軍事的な駐留と存在感を正当化することができるからであり、これによって国際金融機関はアメリカと中国の双方の国家から軍備強化による利益を得ることができるからである」

アメリカと中国共産党をコントロールしている方々とどう対応すべきでしょうか

14 ■こんばんは

空自曹学12期卒業生です。

消費税について麻生が言い訳をこいたみたいですな。今まではカードが無ければ消費税還付金は無しと言ってたのに。

ネットでの情報です。

後日財務相麻生からカードがなくてもレシートさえあればポイントに加算すると言ってますが、レシート買い取り屋がでたりとか、もう2度と行かない店とかになると困るとかネットでは出てますぜ。

13 ■こんにちは

曹学12期卒業生です。

「いつ(米国の)植民地をやめるんですか」。山本太郎議員の追及(8月19日参院安保特委)で、アメリカがこの国の基本政策を決めていることが、改めて公知の事実となった。

日本の自主独立を目指す民族派が、きょう、安保法案の廃案を訴えて安倍首相の私邸(渋谷区富ヶ谷)にデモをかけた。(主催:対米自主・民族自決デモ実行委員会)

官邸前で訴えても記者クラブと寿司屋に出かけて不在であるため安倍首相の耳に届かないからだ。

一水会の木村三浩代表は、きょうのデモの意義を次のように語った―

「アメリカは無謀なイラク戦争でガタガタになった。その総括もせずに日本に肩代わりさせようとしている。安倍さんはそれに乗ってはならない」。

日の丸を翻しながら行進するデモ隊のコールが渋谷の高級住宅街に響いた。

「米軍の傭兵に直結する安保法案を廃案にせよ」「国民の声を聞かない安倍首相は辞任せよ」・・・

安倍私邸につながる路地の入口にはバリケードが築かれ、制服警察官が立ちはだかった。

「日本を対米隷属国家たらしめる安保法案は廃案にせよ」「安倍は辞任せよ」・・・声は数10m先に住む安倍首相の耳まで届いただろうか。

「日本を取り戻す」という安倍首相の政策は、日の丸を掲げている人々にも支持されていないのである。

ついに右翼一水会も日の丸抱えてデモを始めましたぜ。俺は集団的自衛権は無視するがな。ソースはコピペできなかったよ。

12 ■今夏は

僕は、終戦記念日の翌日に東京メトロ線を利用して、上野の民俗博物館や靖国参拝を楽しみました。
いずれも、戦後70年についての企画内容で、大変に賑わってました。
さすがに参拝後は、休憩所での冷酒で寛ぎました。
肝臓が月月火水木金金になるでしょうね。
又、一昨日は相模原での9都県市防災訓練に参加し、陸上自衛隊車の災害救護訓練デモンストレーションに魅力を感じました。
自衛隊の活躍は、災害大国の我が国では、特に発揮を感じます。
僕自身は、カラオケ居酒屋で軍歌を歌う事が自分の誇りです。


11 ■無題


政府の経済財政諮問会議のワーキンググループ委員を務めていたロバート・フェルドマンは、グローバル企業(実質は米国企業)の日本支配、市場席捲のために、膨大な項目を指示している。

日本の官邸、官僚が打ち出す施策は、これらが原点となっている。日本の官僚は、米国からの指示(フェルドマン指示)に基づき、国内情勢をみながら、具体的施策を打ち出している。
日本の中央官僚は、日本の現状を分析し、自ら考え施策立案を放棄している。

月刊日本の編集長である坪内隆彦氏が、ブログ『国を磨き、西洋近代を超える』で、改めて指摘している。

(項目は、分野別に並べ直した。これをみると、医療市場、教育市場を狙っているのが分かる。)

日本解体のシナリオ─ロバート・フェルドマン提案
リンク

以下引用・・・・

 グローバル企業の日本支配を貫徹させるための第一歩が国家戦略特区だ。国家戦略特区ワーキンググループが2013年7月に行った有識者からの「集中ヒアリング」で、モルガン・スタンレーMUFG証券チーフエコノミストのロバート・フェルドマン氏は膨大な提案をしている。まさに、日本解体のシナリオである。

10 ■自衛隊は我々の命の恩人

日本ほど国際社会の平和の為に貢献している国はないと私は思っています。

この日本を守る事が国際社会の平和を守る事にも繋がるのですよね。

9 ■中国に乗っ取られたオーストラリア

オーストラリア人の実に4人に1人は移民だそうだ。そのうち大部分を中国人が占める。
さて伯仲する選挙では政権を手に入れるにはこの中国人の票が欠かせない。
本国中国の力を背景に中国移民はいわゆるキャスティング・ボードとなった。
そしてオーストラリアの政治をさえ左右できる力を持ったんですね。
→将来の日本の子供達を護る対策を宜しくお願いいたします。

8 ■本当にその通りですね

勉強になりました。
ありがとうございます。

7 ■⑴

この米国政府の戦略文書は、かつてCIAを統括する米国大統領直属の国家安全保障会議NSCの議長で、同時に東アジア担当者であり(クリントン政権)、後に安全保障担当の国防次官補であった。

ジョセフ・ナイが、米国上院下院の200名以上の国会議員を集め作成した、対日本への戦略会議の報告書である。
ナイは現在、米国の政治家養成スクール、高級官僚養成スクールであるハーバード大学ケネディ行政大学院の院長であり、そこから輩出された無数の政治家・行政マンの司令塔となっている人物である。この人物が「事実上」、米国の政策を起草している。
その内容は以下の通り。

1、東シナ海、日本海近辺には未開発の石油・天然ガスが眠っており、その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを凌駕する分量である。米国は何としてもその東シナ海のエネルギー資源を入手しなければならない。

2、そのチャンスは台湾と中国が軍事衝突を起こした時である。当初、米軍は台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。日米安保条約に基づき、日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、自衛隊基地を「本土攻撃」するであろう。本土を攻撃された日本人は逆上し、本格的な日中戦争が開始される。

3、米軍は戦争が進行するに従い、徐々に戦争から手を引き、日本の自衛隊と中国軍との戦争が中心となるように誘導する。


6 ■国政に出てください。

東京都知事選になんか出ないで
国政に出てください。

5 ■ん・・・

イスラエルとアメリカなら、

ある意味同一勢力ともいえる。

なるべくドイツ・フランスなどとの分散化が望ましいが、

それは自動車市場に微妙に影響するのでしょう。

4 ■まったくです。

この手の話題になると、反戦サヨクが湧いて駅前や朝から住宅街で反戦・打倒安倍政権を喚いたり、SNSの日記で日本死の商人化などと、意味不明な日記を書いています。
口先だけの平和主義や中国や北朝鮮を棚に上げて、日本ばかり叩く連中には呆れてものが言えませんね。
一刻も早く日本は国防力強化・経済成長で、中国・北朝鮮からの侵略阻止・アメリカの妨害工作阻止で、真の自立が必要だと思います。

3 ■さすが田母神閣下ですね

防衛の専門家の閣下がおっしゃられる、有り難い、意見です

とても勉強に、なります

閣下が選挙で勝って、日本の、防衛を担当して、欲しいです

選挙絶対勝って、下さい!

2 ■JAPAN PRIDE !

1 ■激しく同意します。

我が国が自立した国家に向かうためにも兵器調達先を分散化すべきだと思う。

限られた自由の中で、出来る事からやる。圧力は有るでしょうが、日本が反米側になればアメリカも困るのではないか。
民主主義、日米同盟を守る為にも、日本の自由を認めなければならない。
それがアメリカの利益でもあるはず。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。



Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み