2015-07-05 15:47:31

兵器国産化の推進

テーマ:ブログ
 近年の武器システムは、戦闘機にしろ、護衛艦にしろ、ミサイルシステムにしろ、システムが複雑である上ソフトウェアが多用されており、開発製造した国が継続的な技術支援をしてくれなければ動かない。自動車は外車を購入しても町工場で整備修理しながら動かすことが出来るが、戦闘機などはそう簡単には行かない。我が国はアメリカ製の武器を陸海空自衛隊が多数使っているが、これらはアメリカの会社が技術支援をしてくれなければ動かない。データリンクや暗号なども戦闘機などにそれらをセットするための受け皿があり、そこにはアメリカが作った暗号装置でなければセットできない。従って自衛隊はアメリカの友軍として行動する場合は世界でも有数の強い軍であるが、アメリカと袂を分かって行動しようとしたら、途端に戦力がダウンする。組織的な戦闘は不可能になってしまう。だから今の日本にとっては、日米関係は死活的に重要である。戦後70年になるが我が国は、今なおアメリカの協力がなければ国を守れない。

 しかし今後アメリカの相対的な国力低下などにより国際情勢はどう展開するのか分からない。オバマ大統領のように世界の警察官の役割を放棄する方向にアメリカが動かないという保障はない。そのときでも我が国は自ら我が国を守れるように今から準備を進めるべきである。本来独立国家は、自分の国は自分で守ることが基本である。そのために主要兵器の国産化を進めなければならない。兵器国産化を行えば、現在アメリカ製の戦闘機やミサイルシステムなどが逐次国産に置き換えられるであろう。そして兵器国産化を安い経費で行うために武器輸出解禁が必要なのである。

 平成26年4月1日我が国の武器輸出等について、それまでの武器輸出三原則に替えて「防衛装備移転三原則」が閣議決定された。従来は原則的に武器輸出を禁止し、例外的に武器輸出を認めるということであったが、これからは原則として武器輸出を認め、例外的に禁止するという原則に変更された。これは我が国が自分で自分の首を絞める政策の変更で、自衛隊や防衛 産業界にとっては大変喜ばしいことであろう。また我が日本国にとっても武器輸出は国家自立に向けての大きな一歩なのである。武器輸出は兵器国産化を推進し、アメリカの支援がなければ戦力発揮が出来ない現状が改善される。自衛隊が自立し、やがて日本の国が自立できる。

 我が国では今なお武器輸出をしない事はいいことだと思っている国民が多い。政治家や官僚、知識人などでも武器輸出は死の商人のやることだとか言って、これを否定する人が多いのが現実である。しかし国際政治を考えれば、武器輸出を禁止することは馬鹿なことである。武器輸出禁止は、わが国の外交交渉力を低下させるだけである。日本が開発製造した武器を外国に使わせておけば、我が国は当該国に対し外交上強い立場に立てるのである。現にいま我が国はアメリカ製の戦闘機などを使っているので、アメリカとの外交交渉では常に弱い立場である。アメリカと対等な立場に立つことはできない。

 主要兵器の国産化を推進しなければならない。主要兵器を造る能力があって同盟を組むことはいいが、能力がなければ相手国に支配されるだけである。これまで自衛隊は、予算削減などの影響もあり、国産を軽視して、とにかく安く調達できるものを買ってきたが、我が国の自立のためには必要な予算を確保し国産兵器の開発製造に努める必要があろう。

 武器のすべてを国産にすべきと言っているのではない。国産を推進し、外国から武器を買うときには相手国にも同じくらい日本製の武器を売って、対等な関係を目指すべきなのである。そうなって初めて自衛隊が自立した戦力発揮が出来る。自衛隊が自立しなければ我が国は自立できない。国家の自立とは軍の自立なのである。我が国の政治家にもこのことは是非認識してもらいたい。

 さて我が国はこれまで航空機の大部分はアメリカから輸入しているが、今回別な観点で心配なことが出てきた。我が国がアメリカから輸入した陸上自衛隊の練習ヘリコプターTH-480Bが平成20年から今年2月までに30機納入されている。このヘリを製造したのは米エンストロム・ヘリコプター・コーポレーションというという会社であるが、この会社が2013年12月に中国の重慶通用飛機工業有限公司に買収されている。この中国の会社は昨年3月からエンストロム480Bの本格生産体制に入ったと伝えられている。今後陸自に納入される維持部品や追加のヘリなどエンストロム社から供給されるものは中国製になる。自衛隊の主要な装備品が中国製と思っただけで自衛隊員の士気にも悪影響を与える可能性がある。今回は練習ヘリであり、あまり心配する必要はないかもしれないが、今後作戦機などが中国製になることがないよう注意しておかなければならない。更にヘリコプターやその部品などの納入に絡めて自衛隊からの情報収集、隊員に対する工作活動などがやり易くなるので警戒が必要である。
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
田母神俊雄さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

20 ■無題



1582年、日本に3年ほど滞在したイエズス会東インド巡察師アレッサンドロ・ヴァリニャーノは、フィリッピン総督のフランシスコ・デ・サンデに下記のような手紙を出しています。
「私は閣下に対し、霊魂の改宗に関しては、日本布教は、神の教会の中で最も重要な事業のひとつである旨、断言することができます。なぜなら、国民は非常に高貴かつ有能にして、理性によく従うからです。もっとも、日本は何らかの征服事業を企てる対象としては不向きでしょう。なぜなら、日本は、私がこれまで見てきた中で、最も国土が不毛かつ貧しい故に、求めるべきものは何もなく、また国民は非常に勇敢で、しかも絶えず軍事訓練を積んでいるので、征服が可能な国土ではないからです。しかしながら、支那において陛下が行いたいと思っていることのために、日本は時とともに、非常に益することになるでしょう。それゆえ日本の地を極めて重視する必要があります。」
この「支那において陛下が行いたいと思っていること」とは、スペインによる中国の植民地化のことと思われます。

つまり「日本には資源が少なく、国民は強いので、植民地にするには向いていないが、その軍事力は支那の征服に利用できるから、日本へのキリスト教の布教を重視する必要がある」ということでしょう。
このような見方は、以降、一貫して西洋からみた日本の“位置づけ”となっています。

イエズス会士は、スパイであると同時に貿易商人でもありました。

19 ■無題

同感です。ほんとに頑張ってください。

18 ■無題

 これまでの交渉で、日米は無関税か低関税の輸入枠をつくる方向で一致。その規模をめぐり、17・5万トンを求める米国と最大5万トンとする日本が対立してきた。最大で7万トンとする今回の妥協案でも、米国の要求との隔たりはなお残る。→これだけ米国債で貢献してもTPP参加しなければならないのでしょうか

17 ■無題

ケント・ギルバート氏が安保法案や憲法9条についての持論を語ってくれました!


ケント・ギルバート氏「憲法第9条が日本を守っているなどと言う人達には、呆れを通り越して怒りすら感じます。竹島が奪われたのも、北朝鮮による拉致被害者が奪還できないのも、小笠原の赤サンゴが壊滅状態になったのも、沖縄県・尖閣諸島周辺で漁ができないのも、これ全部憲法9条のせいですよ!」


(↓韓国に竹島を奪われ、日本人が殺されても憲法9条のせいで何も出来ず。 ちなみにこれ、まともな国なら軍隊出して取り返しに行くレベルの事件です。)




(↓北朝鮮に日本人が多数誘拐されてるのに奪還することも出来ず・・・。)




(↓中国により赤珊瑚も壊滅状態にさせられる始末・・・。)




ケント・ギルバート氏の記事が素晴しかったので紹介したいと思います↓





【ニッポンの新常識】「憲法9条が日本を守っている」という無知と現実逃避が招く危機 K・ギルバート氏


日本のマスコミは「強行採決」という言葉を好んで使う。ちなみに米国には日本語の強行採決に該当する用語はない。一般的な米国人は「強行採決反対!」とたびたび大騒ぎする日本人が理解できないだろう。

 

 民主党政権時代に1~6時間程度の審議


 ニュースでは「戦争法案反対!」「強行採決恥を知れ!」などと叫んで、各地でデモを行う人々の様子を報じているが、マスコミの職務怠慢が生み出した被害者だ。

 彼らが他国の工作員ではない限り、「われわれは世の中の動きを理解していません」「煽られて大騒ぎしています」とアピールしているようにしか見えないからである。

 「憲法第9条が日本を守っている」という教義の宗教にダマされる人々には、もはや怒りすら感じる。第9条のせいで島根県・竹島は奪われ、北朝鮮による拉致被害者は奪還できず、東京都・小笠原の赤サンゴは壊滅状態、沖縄県・尖閣諸島周辺では漁ができない。

 国民の無知と現実逃避が、日本という国を危機にさらしている。

16 ■無題

戦闘機、ミサイルは始まったようですね。
戦闘機はF3となるようですね。 ミサイルのXASM2の能力が射程150kmとか、完成が待ち遠しいですね。

空母が欲しいですね。 いずもでは戦闘機を艦載できませんからね。
SH60シーホークやコブラのようなヘリも国産化して欲しいと思います。

アメリカが日本を脅威と思えるような装備があれば、中国も手を出せなくなります。
イプシロンを使ってのICBMは簡単なように思うし、六ケ所村での核濃縮工場も近いうちに稼働する。

国産化が進むとアメリカとの軋轢が増えるでしょうが、作れるということは大切です。

15 ■無題

先生のお話を聞いて、間接侵略という言葉を知りましたが、医学的な専門知識を持つテロリストに対して、一般市民もきちんと対応出来る体勢を整えておくべきだと私は思います。

14 ■確かに…

確かに…その通り!だと思います!頑張って下さい!

13 ■次代

確かに今のアメリカのオバマ大統領はパペットであることは、世界で明白です。
ただし侮ってはならない、たった一代の大統領です。
歴史上、衰退と繁栄は表裏一体であるので、他国同様アメリカも同じような道のりを辿るのでしょう。
アメリカは軍産複合体で潤ってきましたが、現代では衰退を辿っています。疲弊しきっています。
世界は今や未来に平和を望んでいるのです。
アメリカは戦争から今こそ足を洗わなければ、衰退するでしょう。
時代へ逆行し、今こそ変革しなければ、国は小さなほころびで、一瞬で滅びます。
ですから、日本は軍縮するべきです。

12 ■日本の立ち位置

現在の日本の立ち位置を、今の首脳、未来の首脳は考えねばならない。

私は孫子を筆頭にした書物を日本人は若い内から必読すべきだと思う。
今の時代も国の存亡の時代と思う。
少し手を抜けば、一瞬で出し抜かれるだろう。

常に人に争いの精神がある限り、
一生存亡の時代なのだから。

11 ■無題

2007年の日米の秘密会談以降、韓国切り捨てが決定し米国の日本に対する軍事的縛りが原潜とICBM以外無くなったようで早く普通に自国を守れる国になることを祈念しています

10 ■無題

自国で軍事力を整え、独立国家として存在感を高め、早く拉致問題解決を。

9 ■作れる力

その通りだと思います。
作れる力の維持が必要です。

せっかく作れる力があるのに、なんでそれを生かさないのかと思います。

8 ■ブログ更新有難う御座います。

7月だと言うのに肌寒い気候で御座います。

ブログ内容と違いますが、ブックマークに靖国と在りましてクリックしました。

来月は終戦記念日。

小野田さん曰く、何故英霊様が眠る靖国神社を一国の総理大臣がしないのでしょーか?

オカシイ事が多く多くなった昨今!

元自衛官として哀しい限りで御座います。

今年の終戦記念日にも靖国神社に行こうと思いますが、その前にもっと良く知る為に混まない今月に参拝して来ようと思います。

追伸 田母神様、また選挙に出馬されて下さい。
   お身体にはくれぐれもお気を付けられて下さいませ。

7 ■アメリカの裏切りがないと言い切れない

アメリカが全幅の信頼を寄せ無条件に同盟関係を強化する愚策は決してしてはならない!
常に自国の利益最優先に外交することが国際社会の常識だ。それが当然なのであって、遠慮したり体面を考えたりする日本の、国民性は悲しいが評価されない。
アメリカか、いつ敵国に変じるかはわからない。
100%信じられると誰に言い切れるか?
ISILと同列にしては申し訳ないが、本質的に「神」に依存しているところは恐ろしい。
信じたいが、いつ裏切るかわからないという懸念は持ちつつ付き合わないと痛い目に遭うと思う。

6 ■現況は力が落ちたとは言えど、一国で米国を捻じ伏せられる国は存在してないですね。

米国が世界の警察官をオバマ大統領が放棄したいと発言したものの、その代役を狙うシナが現状の為、故に未だ事実上は世界の警察は米国になっている現状だと思います。。ただ、米国内ハザールマフィア系の、ロスチャイルドCIA内も米ドル民間紙幣を固辞する独裁思考勢力と、米ドル政府紙幣に取り戻す良識派ととの、内戦結果が世界のパワーバランスを決すると認識しています。

5 ■無題

田母神さんコメント読みました。全く同感です。

4 ■超正論!

こんにちわ!いま読みました!
田母神閣下の正論読んで今日も感動しました。
やっぱり武器は国産がいいです。
選挙頑張って下さい。
あと世界遺産で、朝鮮人が調子に乗ってますね。
田母神閣下が政治家になったら、懲らしめて欲しいです。
頑張って下さい!応援してます!

3 ■田保神先生♪

私と同意見♪全く異論なし…応援します

2 ■無題

おっしゃる通りですが、武器を売る相手を慎重に選考しなければいけません。後、田母神さんが、アメリカが世界の警察官だというプロパガンダを本気で真に受けてるのであれば、政治の裏を知らない三流という事です。

1 ■共感しました。

はじめまして、田母神先生、先生の考え方に共感しました。私も先生の事此れからも応援します。身体にきおつけて下さい。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。



Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み