2015-06-18 11:11:20

安保法制の成立を願う

テーマ:ブログ
国会で安保法制の議論が行われている。野党やマスコミは我が国が戦争をする国になるとか、自衛隊員のリスクが増すとか安保法制の本質を理解していない意見ばかりが飛び交っている。安保法制の本質は我が国が自分の国を自分で守れるようにすることだ。その方向に一歩ずつ近づくことなのである。
世界の軍は国際法で動く。国際法とは何か。それは明文化された戦時国際法などの条約と慣習法の集合体である。国際法は軍の行動に関し禁止事項を決めてある。だから世界の軍は禁止規定(ネガティブリスト)で動く。いくつかの禁止事項があり、それ以外のことは何でもできるというのが世界の軍である。
これに対し自衛隊は世界で唯一国際法で動けない軍である。自衛隊が行動するためには、国内法上その根拠となる法律が必要というのが我が国政府の解釈である。自衛隊は禁止規定ではなく根拠規定(ポジティブリスト)で動く軍なのである。だから安保法制が必要なのだ。我が国ではこれまで自衛隊を海外に派遣するときに、イラク特措法とかテロ対策特措法とか、その都度法律を準備してきた。しかし我が国以外ではこのような法律がなくても大統領や総理大臣の決断で軍を海外に派遣できる。このような法律を必要とするのは我が国だけなのである。
更に自衛隊は国内法で決められたことしか出来ないので、テロ対策特措法でインド洋に派遣された海自の艦艇が、目の前で海賊に襲われている商船を見つけても、法律上これを助けることは出来ない。助けることは違法行為になってしまうのである。我が国以外の軍であれば、すぐに救助活動に入ることであろう。商船を救助する行動は国際法上禁止された行動ではないからだ。
安倍総理が国防軍構想を唱えている。憲法を改正し自衛隊を明確に軍として位置付けるというものだ。これは日本だけが特別のことをやろうとしているわけではない。諸外国と同じようにしようとしているだけだ。自衛隊を国際法、すなわち禁止規定で動けるようにしようとしているだけのことである。しかし憲法改正までは相当の時間がかかるので、その間安保法制を準備して少しでも自衛隊がいろいろなことに対処できるようにしようとするのが、今回の安保法制なのである。
集団的自衛権が行使できないのも、永世中立を目指すと言っているスイスのような国を除けば、我が国だけである。しかし自衛隊が海外に派遣され諸外国の軍と共同で行動するようになると、集団的自衛権が行使できないのは派遣される自衛隊にとって大変に困ることなのだ。自衛隊の立場は「俺がやられたときは助けてくれ、しかしお前がやられたときは俺は助けることが出来ないから逃げる」ということだ。こんな非道徳的なことを誇りある日本国が自衛隊に命じている。おかしなことだ。
尖閣諸島の我が国領海に中共の船が侵入してきても我が国は諸外国と同じ対応を取れない。国際法に基づけば他国の領海に侵入して、当該国の退去要求に応じなければ銃撃される。それで船が沈んでも、銃撃は国際法上合法なので侵入した国は文句は言えない。しかし我が国だけは、他の国が普通に実施する銃撃は出来ないので、海上保安庁なども過激な放水で対応するしかない。中共はそれを知っているので、繰り返し尖閣の海に中共船を侵入させて、尖閣の実効支配を狙っている。今のような事態が続くことはまずいことだ。やがて尖閣諸島が中共に実行支配されてしまう可能性がある。
だからこそ安保法制が必要なのであるが、国の守りを真面目に考えたことのない人たちが安保法制反対の論陣を張る。安保法制が憲法違反だと憲法学者の多くが言う。彼らにとって一番大事なのは法律と憲法の整合性だ。しかし法律と憲法の整合性のために国が乗っ取られてもいいのか。国を守らなければならないという現実と憲法の整合性のほうがもっと大事なのではないか。現在の憲法が国を守れないのであれば、憲法改正が必要である。しかしそれには時間がかかることを考えれば、憲法解釈を変えて国民生活と憲法の整合性を確保することが現実的である。国民生活を守ることが出来ないような憲法を後生大事にしても意味がない。それでもいいという人たちに言いたい。我々まで巻き添えにしないでくれと。
今回の安保法制で国の守りが完璧になるわけではない。最終的には自衛隊が、諸外国の軍と同様、国際法すなわち禁止規定で動けるようになることが必要だ。しかし当面は安保法制で国の守りを強化していくしかない。今回の安保法制が成立することは我が国が変わることだ。我が国の国を守る意志が内外に発信される。中国や韓国なども我が国が変わったということを認識することになろう。しかし、もしこの安保法制が成立しないということになると、我が国は一層侮蔑を受けて困難な立場に立つことになる。何としても今回の安保法制を成立させなければならない。それが国際社会の尊敬を受け、国際政治の中で、日本国民の豊かな生活を実現していくことに繋がっていくのだ。自分の国を自分で守れない国は、他国から富を収奪されることに甘んじなければならない。
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)
田母神俊雄さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

28 ■民間防衛の第一歩は戸締りから?

間接侵略に対して我々一般市民がどのようなやり方で自分自身の身を守れば良いのか、その方法についてきちんと考えないといけないと感じています。

家の戸締りをきちんとしていても、合鍵を作られていたら身も蓋もありませんよね。
気が付いた時にはもう手遅れだった、ということにならないようにするためには、家庭崩壊を防ぐことも大事だと思います。

27 ■こんなことしなくても

こんなことしなくても日本は平和で良い国だ。今も昔もだ!

そんな事より、順序を逃げるなといいたい!

公務員改革をやれ!無能な政治家よ!

無能に力を与えてもなにも良い事なし。

26 ■無題

安倍さん率いる自民党が取り組む改革で我が国にかつての大日本帝国軍隊のような気高き国防軍が復権することを願います。 頑張って下さい!

25 ■無題

人口減少に対し自民党はなぜ解決策を実施しないのでしょうか? 安保法制くらい本気になるべきと思うのですが。

24 ■無題

これによって反日的言論の自由が拡大され、親日的言論の自由は縮小する。戦後の中韓に対する対応と同じだ。→納得できる御意見です。

23 ■無題

衆議院平和安全法制特別委員会質疑において共産党は言うに及ばず野党中でも特に政権を担ったことのある民主党の安保法案に対する意見を聞けば聞くほど真剣に国家、国民の事を守ろうと考えていない党であることがはっきりわかりこんな政党が一時期政権を握っていたことを思うとゾッとする。国家、国民を全力で守り世界からも信頼される日本を目指している阿部政権の諸活動を引き続き全力で応援しましょう!

22 ■よくわかりました!

遅ればせながら、テレビが言わない本質が見えた気がします。ありがとうございました。
国会前の賛成派のプラカードにしましょう!

21 ■東北地方に大昔から伝わる言葉・まじない

北海道、青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県、福島県に大昔から伝わるおまじないの言葉があります。

まんざらく まんざらく まんざらく

まんまくどおりの おとおりだ

やまなか まごべいの おとおりだ

くわばら くわばら くわばら

夢見が悪い時に南天に三回息を吐く
難を逃れますようにと三回唱える

足が痺れた時に額に三回唾をつける

夜、口笛を吹かない。魔物が出るから。

夜、爪を切らない。

とみぎは東北地方で、とうもろこしの事を
言います。

宮城県の田舎に、とうもろこしのひげ茶を
干して煎じて飲みます。

韓国にも、とうもろこし茶=ひげ茶があります。

縁は異なもの味なもの

磯のあわびの片想い

べっぴん

めんこい

伊達政宗は新羅から来た武士の一族の子孫です。伊達政宗は今の福島県で生まれました。
福島県相馬市の相馬祭に新羅と関係があります。

日本国旗の由来は梅干し弁当です。
白い部分がご飯で、赤い部分が梅干しです。
事実です。



20 ■かき氷

かき氷は中国、北朝鮮、韓国、日本、沖縄県=琉球、台湾にあります。

ファミリーマートは日本、韓国、北朝鮮の
開城市にあります。
コンビニです。

北朝鮮平壌ピョンヤンには、数店のパチンコ店があります。キャバクラ店もあります。
大学、病院、学校、コンビニ、ハンバーガー店があります。

タクシー、路面電車、地下鉄が走っています。
北朝鮮にりんご農園があり、りんごジュースを販売しています。

りんごは中国、北朝鮮、韓国、日本、ヨーロッパ欧州、アメリカで栽培されています。

北朝鮮はテレビの報道と実際は違うと思います。


19 ■日本核武装論。

最近は兵器のブレイクスルーが起こっている様で、核兵器やステルスなどが時代遅れになっている様ですね。

アメリカは反重力戦闘機アストラやレールガン、マイクロレーザーパルス兵器など、核の無力化が成功した為に核兵器を減らしています。

日本も原子力潜水艦が時代遅れの様にスターリング動力に進化しています。


F-3の国産ステルスも時代遅れに入ります。


燃料や弾薬の補給を必要としない兵器のブレイクスルーを希望します。
日本なら出来るもん。
ヾ(´∀ `*)ノシ

18 ■田母神さんしかいない!

田母神さんが、粘り強く時事問題や、歴史認識等で解説しないとこの国は良くなりません。
この左巻きの平和ボケ国家に活を入れ続けて下さい!

17 ■無題

中国共産党による軍事力を背景とした海洋支配が着々と進行しています。フィリピンやベトナムの二の舞いを演じないようにするには、どう行動すべきでしょうか。

16 ■無題

田母神閣下を指示します。
これからも応援しております!

15 ■情報戦真っ最中

こんにちわ、私は田母神さんがいち早く国政で活躍される事を何時も願っている一市民です。日本が数年前から一方的に中韓連合から情報戦争を仕掛けられている事に対し、なかなかこれといった目に見える形での反撃が見えないのが残念に思っていましたが安倍政権になりアベノミクスというボディーブローで一矢を報いたのかなと思っています。しかし今後特に中国軍の暴発が懸念されておりますので安保法制の早急な成立は重要不可欠でしょうね。左派勢力からマスメディアを利用した戦争、徴兵というネガティブな言葉を駆使して国民を惑わせようとあちこちから発言が見受けられますがITの充実により以前のような世論誘導は難しくなっているのは幸いです。国民意識も確実に変りつつあり投票年齢が18歳からとの変更も追い風ではないでしょうか、来年は参議院選挙ですが必ずや当選される事を願ってやみません。

14 ■正論!


安保は絶対成立しないと駄目です!
サヨクが、反対してるのは中国とかが、安保嫌がってるからです
だから絶対成立して欲しいと、思います!
それから田母神閣下が、早く政治家で活躍して欲しい!

やっぱ田母神閣下は日本で正論言うと、日本一です!!

13 ■安保法制

決して完璧な法案ではありませんが、こんなものでも成立させねばならない程、日本は追いつめられています。「テロ政党」こと共産党は、「しんぶん赤旗」で、「戦争のプロは兵站を語り、戦争の素人は戦略を語る」という格言を持ち出しましたが、「兵站」も「戦略」も、まともに考えるつもりはありません。安保法制にしても、公明党に譲歩しすぎた結果、「歯止め」だらけになり、民主党に至っては、「集団的自衛権は不要」と言い出す有様です。せめて自民党に、田母神さんを「参考人招致」するくらいの度胸や度量があればよかったのですが、三原じゅんこが「八紘一宇」と言うのが精一杯ですからねぇ・・・。

12 ■無題

田茂神先生のブログがしばらく途絶えていましたので心配しておりました。 先生からたくさん貴重なことを学ばさせております。 

11 ■無題

次の国政必ず勝ってください。日本を復活させてください。

10 ■無題

頑張ってください。

9 ■無題

はっきりと、こう言った答弁の出来る、閣僚や与党議員がいない事が、日本国の成長に足枷になっている。

8 ■無題

「国を守る」
こんなに単純明確な課題に難癖しかつけられない議員や学者が、メディアにもてはやされる異常な国に住んでいるのが悲しい限りです。
だがしかし、しっかりと法律を成立させ、自衛官が胸を張って肩で風切って任務にまい進してほしいです。

7 ■無題

閣下のご活躍を、心から応援させて頂きます。

6 ■無題

応援しています!

5 ■国を守る

国を守るよりも憲法解釈、議論に時間をかけたい方々の狙いは何でしょうね?

4 ■まず、占領からの脱却では?

沖縄の基地ばかりに目が向けられますが、ざっと見ても三沢、厚木、横田、横須賀、岩国、佐世保、米軍に占領されたままです。海軍の象徴たる横須賀、佐世保の鎮守府庁舎も米軍が使っています。日本の首都の玄関羽田空港に日本の飛行機が横田空域を迂回しないと着陸できない。航空総隊司令部がその横田基地にある訳で、自衛隊の米軍の下請け化がどんどん進んでいます。自衛隊もすでに日本国の自衛隊ではなくなってきているのではないでしょうか。これこそ「自分の国を自分で守れない国は、他国から富を収奪されることに甘んじなければならない。」閣下のおっしゃるとおりです。

3 ■無題

お久しぶりです。 m(_ _ )m

2 ■無題

がんばってくださいね。

1 ■初めまして

応援しております。

元陸上自衛隊

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。



Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み