うう、久々の更新です、すみません。


普段はあまり電車には乗りませんが、たまに仕事で乗ると、いつも思うことがあります。

なんで皆、そんなに座りたがるのかな、と。


私は滅多に座らないのですが、この時は営業で炎天下何時間も歩き回り、ややヘロヘロしていたのと、私が乗り込んだ際は、座席ががらがらでしたので、つい座ってしまいました。

何駅か過ぎると、だんだんお客さんが増えてきて、座席はほぼいっぱいになりました。


そこへ、初老という感じの60歳代ほどのご夫婦が乗り込まれました。

小旅行という雰囲気で、キャスターのついたバッグを携えておられました。


見るからにお年寄りである場合は、私も躊躇なく「どうぞ」と声をかけることが出来るのですが、このご夫婦の場合、かなり「微妙な」雰囲気でした。

「結構です」と言われたり、また、よく聞く話では「年寄り扱いするな!」と怒る方も時折いらっしゃるようなので、うーん、ためらい・・・。

周りに私と同じようなことを考えている人はいるかな?と思い見回すと、若い人たちは皆、そんな考えは一切ないらしく、平然と股を開いて座っていました。

そうこう考えるうち、すぐに目的の駅が近づいてきました。

いたたまれぬ私は、えらい早いタイミングで起立(笑)、ドアに向かいました。

そしたら、ちょうどそのご夫婦も、その駅で降りられるようで、私の後ろに・・・。

こういう面倒な?思いをするのが私は本当に嫌なので、まずめったに座りません。

座るぐらいなら、ぼけっと立っていた方がまし。

でも見ていると、若いサラリーマンの方でも「我先に」という感じで座席にダイブする方もかなり多いですね。

男性も女性も。

座ってする行動の多くは、男性=少年マンガを読み耽る、女性=携帯電話をいじる。

うーん疲れているのかな・・・。

あ、それとこの間、地下鉄の車内で、若く可愛い女性が突然「おにぎり」をパクつき始めたのも、少々驚きました。

でも考えてみれば、駅弁って電車の中で食べるよな・・・なんで違和感なんだろう?と。

たまには電車に乗って、いろんなことを見たり考えるのも悪くないですね。


AD

昼、吉野家に昼食を食べに行きました。

カウンターの角に陣取り、その角っこに20代後半?と思しき二人連れ。


男性は・・・目の前にご飯があるのに、携帯メールに夢中。

全く食べる気、なし。


女性は・・・食欲もないのか、牛丼を箸でぐっちゃぐっちゃかき混ぜています。

殆ど食べる気、なし。


アタシは・・・ブタ生姜焼き定食がきました。

別に食べるのが早くはありませんが・・・。

「ご馳走様」精算しても、あの2人連れはぐっちゃぐっちゃ食べてます。


別に急いで食べろってつもりはありません。

が、食べ物は真剣に食べましょう。

食べ物に失礼です。


どうも食べ物のことに関しては、亡くなった祖母の教えが思い出されます。

祖母は、茶碗にご飯粒ひとつ残すのも許さない人でした。

菜箸で手を「バチン」と叩かれましたから。


そういう意味でも、有難いことだと今でも思っています。

有難う、有難う、有難う。

AD