十数年前の名古屋の夏。

運動不足を感じた私は、自転車で会社に行くことにしました。

会社までの道程、約30分。
しかし、時期が悪かった。
名古屋の夏は暑い!
しかも、自宅からの道程はアップダウンの連続でした。

会社に着く頃には汗だく。

シャワールームなどないので、トイレで着替えます。
暑い!

そんなことを暫くやっていたら・・・。
来ましたね、久々にアトピーが。
首、腋、背中・・・。
痒い!

で、止む無く、これまた久々に皮膚科に行きました。
しかしアトピーですから、まあ軟膏が出るくらいで。
ステロイドでしょうけれど、塗ってしばらくは治まる。
ですが、この後暫くはアレルギー反応が続くのでした・・・。

アレルギーはアトピーだけではないのです・・・。

AD

名古屋での生活。
会社までは地下鉄で・・・。
駅まで15分の徒歩、一度乗り換えますが、地下鉄は30分ぐらい?

会社の最寄駅からは約10分。

しめて1時間も掛からない、快適な通勤!(と記憶しております)


しかし、何事にも飽きっぽい私。
距離的には大したこともないので、自転車で通いたくなったのです。
そこで自転車を購入。(すべて形から入る)

気候的に・・・やはり暖かい夏でした。

自転車で通う際、問題なのは服装です。

スーツだと汗もかくし、ズボンがシワシワになる。

そこでスーツをバッグに入れてジャージ姿で自転車を漕ぎ、会社で着替える、という作戦に。
実際、30分ぐらい掛かるので、会社に着く頃には汗だく。
これが・・・。
きっかけで・・・!?ガーン

AD


つい先日、友人が声を掛けてくれて「世界の山ちゃん」に行ってきました。

手羽先とか、えびふりゃーとか、ドテ煮とか、天むすとか、名古屋の名品を安くて美味しい値段で食べてきました。

特に手羽先は小ぶりながら?味付けがスパイシーで美味しかったです。


私が名古屋に住んでいた10年前は、この店はありませんでしたので、その後急成長したんでしょう。

店員さんも正に「世界の」の名の通り、多く外国の方がいらっしゃいました。


最近は、「矢場とん」とか「山本屋総本家」とか、このお店など、名古屋の美味しい店が東京にどんどん進出していますね。


あと、私が初めて食べて美味しいなあ、と思ったのは名古屋コーチンの鳥鍋です。

あれはまたいつか、絶対に食べたいと胸に秘めています。


・・・ストレスでアトピーの話が、すっかり名古屋グルメの話になってしまいました。(笑)

本題に戻るのはいつか???

AD



名古屋での生活・・・。


まず、アタシが一番気に入ったのが「味噌煮込みうどん」。
有名な店は2系統あります。


「山本屋総本家」と「山本屋本店」

アタシが好きなのは・・・ココでは内緒にしておきますo(^-^)o


この2系統、食べ慣れない方には同じに思うかも知れません。

八丁味噌の違い?


いやいや。

でも、アタシは・・・違いがよーく分かります。
クチビルがシワシワになるぐらいの・・・方です。


ただ、この両者共通点があります。

「値段が強気」

アタシはいつも食べるワケではない。

だから多少高くてもイイ。


でも、例えば・・・。

「冬季限定牡蠣味噌煮込みうどん」

が、2000円近くするってどうなの?(ノω・、)

「お値打ち」を一義に考える地元名古屋人は、それでもこれを食べるのか?

・・・と思うことしきり。


しかし、アタシは大好きです。

味噌煮込みうどん。

あ、ストレス→アトピーの話は次回以降書かせていただきます。
いつになるやら♪



28歳ぐらいになってから、名古屋に転勤になりました。

名古屋は初めての場所。

よく名古屋への転勤帰ってきた先輩が、「名古屋は住みにくい」と言っていたのを聞いていたので、心配でした。


・・・が、名古屋という街は

コンパクトに主要なものがあり、少し足を伸ばせば豊かな自然も多い。

その他の点で、私には非常に住みやすかったのです。


「住みにくい」と言われる、多く聞く理由として、地元の方が他所からの者に排他的である、というのがありました。

でも、私の周りの方は、そういう方が殆どいなくて、とても優しく迎えてくださったんです。


おそらく「排他的だ」他の情報を多く持ち過ぎることで、かえって意識が強くなり、地元の方もそれに跳ね返ってしまうのではないでしょうか。

私は見るものがみんな目新しくて楽しかったので、排他的云々を考えていなかったのが良かったように思います。


とにかく、私の名古屋生活は快適でした。

直属の上司の方(この方も転勤族)が苦手だった以外は・・・。