おおたとしまさオフィシャルブログ

育児・教育ジャーナリストおおたとしまさのブログ


テーマ:


年の瀬に、最近ぼんやり考えていることを徒然に綴ってみる。



ロボットとか人工知能とかが発達したら、人類は仕事をしなくても楽して暮らせるようになるのかと思いきや、逆に仕事がなくなって生きていけなくなる人が増えるというのは大いなる逆説。

ロボットとか人工知能とかで人間の仕事が楽になるのなら、その分労働時間が減っても給料は減らないようにしておかないと、そりゃ人口も減るし、結局経済だって縮小する。

近い将来、人間は3種類に分類されるだろう。(1)ロボットや人工知能を所有するごく少数の大金持ち、(2)大金持ちが所有するロボットや人工知能をメンテナンスするために必要な少数の人たち、(3)どちらにもなれない大多数の人たち。

まるで古代ローマの奴隷社会。奴隷がロボットや人工知能に変わっただけ。(3)の大多数の人たちは、奴隷にもなれない人たちということ。

今のままでは、ロボットも人工知能も、人類を豊かにするものではなくて、富める者をさらに富ませ、社会に必要とされない人を大量に発生させるものになってしまう。この矛盾に人類はどう対処するのか。

人工知能が人類の知能を上回る「シンギュラリティ」以降、人類を滅ぼす可能性が高いのは、ロボットや人工知能そのものではなく、人間の中に巣くう「働かざる者食うべからず」という発想と、人類が数百年間慣れ親しんできた「資本主義」というシステムではないかと私は思う。



最近教育界隈では「2045年シンギュラリティ説」がよく話題になる。「だから競争力を持ったたくましい子供を育てよう」という文脈で使われる。

しかし冷静に考えれば、そもそも社会の生産性を担保するために必要な人間の頭数が急激に減るのは目に見えているわけ。ものすごい倍率でのイス取りゲームが始まってしまう。そこでハイスペックな人材を育成しようとしても、イスの数が増えるわけではない。過当競争に陥る可能性が高い。

つまり「シンギュラリティがやってくるから、競争を勝ち抜ける子供を育てよう」という発想は、結局未来の子供たち全員に過負荷を与えることにつながりかねない。

教育に時間やお金をかけたところで、報われるのはイスをとることができた少数の人たちのみ。イスはきっとどんどん減っていく。仮にわが子を「勝ち組」にすることができたとしても、孫はどうなるかわからない。結局「大多数」が「負け組」となる社会だ。

そういう社会にして本当にいいのか。まずそこを議論すべきではないだろうか。

その意味で、シンギュラリティを持ち出して、いきなり競争意識をあおる文脈につなげる論法は雑であると私は感じる。

未来をイス取りゲーム社会にしないという立場に立つのであれば、今「教育」がすべきことは、子供たちの競争意識をあおることではなく、子供たちの中の共同体意識を高めることではないかと私は思う。
いいね!(16)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ひとりごと」 の記事