としくんのブログ

ラーメン中心にグルメ、旅行など


テーマ:
松屋製麺所
つくば市


【注文】ちゃーしゅー麺
【価格】 800円(チャーシュー300円含む)

[訪問時期] 2017年5月中旬(休日) 昼
[注文方法] 口頭注文、先会計
[出汁] 鶏豚+魚介/清湯
[味] 醤油
[麺] 手揉み中太麺(140g位)
[具] チャーシュー2種、刻み葱



今更ながらの初訪問。




筑波山口のバスターミナル前の製麺・販売所の一角に設けられた、7席の試食コーナー
11時ちょうどの到着、窓口で注文・先払いを済ませてラスイチ席に滑り込む。
麺メニューはらーめんとちゃーしゅー麺のみで、数種のご飯ものも揃えている。




出来れば塩をと思っていたが、通常の試食は醤油オンリーのようだった。
出来上がると一人ずつ呼び出しがかかり、窓口に受け取りに行く仕組みだ。




スープ
結構厚みのある動物系出汁に、魚介をビシッと効かせた和風清湯醤油。
動物系は鶏主体に豚と思しきコクも感じられる。
カエシもそこそこ強めながら出汁の厚みと良くバランスし、伝わり方は出汁>醤油な感じ。
重厚感がありながら飲み口スッキリで、無意識にレンゲを往復させてしまう旨さがある。





手打ち手揉みタイプの中太ポコピロ麺。
不規則形状の麺が、跳ねるように唇から舌、喉をくすぐって行く。
元来強いコシを産む製法らしいのだが、案外確りと茹でてあり、モッチリ感のほうが際立つ。
せっかくならもう少し歯応えも楽しみたいかな。。。とか思いつつ、この仕上げも悪くない。
麺量は140gほど。





2種のチャーシューに刻み葱とシンプル。
因みにらーめん500円は葱だけのかけスタイル。

ロース系のレアチャーシューはやや薄手ながら、軟らかく旨味も詰まっている。
バラの煮豚はもう少し厚めなイメージを持っていたが、ロースより更に薄いもの。
おまけにほぼ脂身で、ちょっと失望レベルだった。




■ 感想など
看板商品のは確かに美味しく、わざわざ此処まで買いに来る人が多いのも頷ける。
次回は是非買って帰り、茹で加減による表情の変化を楽しみたいものだ。
出汁感溢れるスープも期待値を上回ったが、逆に結構楽しみにしてきたチャーシューは期待外れ。
シンプルならーめんを食べたなら、スコアは数点違っていただろう。

ご馳走さまでした



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

としくんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。