ヒーロー&マンドリン

テーマ:

 21日の土曜日は、まず、久しぶりにヒーローに行きました。まず、20分遅刻。申し訳ありません。


 一年生が入っていて人数が増えていました。頼もしい限りです。 後は任せたよ・・・と言いたくなりました。

 今回は場所が体育館で、小学生も70人くらい来ていました。過去最高人数ではないでしょうか。


 運動会のようなプログラムでした。私は、子供たちをまとめるので運動会より確実に運動しました。


 つくづく思ったことは、子供たちをまとめるのが超大変だったということです。学校の先生はホンマに偉いですな。


 その後、夕方からマンドリンクラブの定期演奏会に行きました。チケットは、相談部の後輩であるO江さんから貰ったものです。どうも、ありがとうございました。


 
 私は、マンドリンという楽器を今まで見たことがなかったので、今日初めて見ることと相成りました。感想は、ギターより小さい、小さいので引きづらそう、などです。

 音楽についてドシロウトの私がこういうことを言っても説得力がありませんが、とてもいい演奏でした。非常にいい演奏だったので、ヒーローで運動した私は、心地よい眠りにいざなわれました


  

 土曜は、久しぶりに朝から活動しました。こういうマトモな生活を続けたいものです。

AD

歓送会

テーマ:
 昨日はヒーローの歓送会がありました。参加者は、たくさんいました。

 会場で、私がU地君に貸していたM-1のビデオをO方さんが預かってくれていました。O方からビデオを受け取りました。U地君は7年間チベットに行って帰ってこない人です。もうチベットにいるので、昨日の歓送会には参加できませんでした。
 
 ふと、M-1のビデオのケースの中に手紙が添えられているのを発見しました。どんな気のきいたことが書いてあるのだろうと思いながら、読んでみました。すると、

   「…なんのこっちゃ」

 というような支離滅裂の内容でした。彼は、何のためにこの手紙(もはや手紙と言えるかさえ疑問)を書いたのだろう。ただ、今はもう知る術はありません。
 全員に手紙を回しましたが、その内容のために途中で読むのを断念する人が続出しました。
 でも、彼の思考回路が改めてよくわかったような気もしました。7年後に、会いましょう。

 M崎姉さん、O方さん、卒業おめでとうございます。お二人から本当にいろいろと学ばせていただきました。ありがとうございました。また、同窓会を開きましょう。



 あとがき

 S家ツアーはいつ頃しますかね?今年中にはすることは決定しているのですが(私が勝手に)。I内家ツアーでもいいです。
AD

ヒーロー at 東箱崎公民館②

テーマ:
 今日は、二度目の東箱崎公民館でした。集合時間は12時だったので、10時くらいから図書館で勉強してからいこうと思っていたのですが、そんな甘いことはなく、10時30分に起床しました。そして、何とか公民館に到着。3分遅れでしたが、何とか間に合いました(意味不明)。

 企画のタイトルといたしましては、「新春だよ! 裏文字カルタ」というものです。わかりやすく説明をいたしますと、ひらがなの裏文字(左右が逆になっている文字)がかかれているカードを床に並べて、カルタをするというものです。

 滑り込んだりする子や大人げない大学生がいたりして白熱しました。私は、お題を出すほうだったので、実際に参加はしませんでしたが、参加してみたいとも思いました。
 実際に参加したぐっちゃん曰く、「大人げなかった」そうです。
 
 (追加 この記載についてぐっちゃんの反論があります。よろしかったらどうぞ。)

 その後、残ったO方さんと同じく残った子供たちと公園で鬼ごっこをして遊びました。靴にローラーがついている確率がかなり高い集団でした。かなり走ったおかげでしょう、冬なのにかなり暑くなりました。

 鬼ごっこについて思ったことは、体力・年齢の限界をまざまざと見せ付けられたということです。鬼ごっことは、子供の遊びなんですね。

 次は4月までないので、少し寂しい気もしました。
AD

あるある探検隊

テーマ:
 今日は、ヒーローに行きました。題して、ヒーロー探検隊です。しかし、あいにくの雨。そこで、城南市民センター内で探検することになりました。
 
 今回は大学生の人数が少なく、私一人で5人の子を担当することに。まずはじめに思ったことは、やはり学校の先生はえらい!という事。そもそも、一人の先生が40人近くの子供を見ることは不可能ではないかと思いました。もっと、先生一人あたりに対する子供たちの数を減らしてあげることが出来れば、子供たちがもっとわかるのではないかと思いました。

 そして、探検開始。室内という事で歩く時間が少ないので、あっという間に次々とクリア。昼を待たずして6つの課題の内、5つが終わりました。特定の子が一人で全ての課題を解かないように、気をつけました。

 昼は残り1つの課題をしました。これもあっという間。後は、子供たちと遊ぶことに。今日は、子供たちと遊ぶ時間が多かった分、子供たちの特徴が普段よりはわかった気がします。来てすぐのときは、つまらなそうにしていた子も、徐々に楽しそうにしてくれているのを感じた時は嬉しかったですね。あと、けんかしたときにどうやって止めればいいのかを考えさせられたり。

 そう言った意味で、今日は、子供たちの内面がいつもよりわかった気がしました。

 

 追伸  「はい、はい、はいはいはい!あるあるある探検隊、あるある探検隊」のネタはいつかまたやってみたいです。

 では、ここで一つネタを。
   「英世使わず漱石使う。はい、はい、はい、はいはいはい!…」

贈る言葉 箱崎班へ

テーマ:
 これから書く内容は、きわめて特定の人に向けられています。これから読む方はそのことをご了承ください。
 
 

 明後日で、箱崎班も解散です。私は、ただメールを送っていただけのような気もしますが、班長として役に立つことは出来たのでしょうか。 班のメンバーに助けらた部分が多かった(ほとんど?)だと思います。
 そこで、今日はメンバーに一言ずつ書いていきたいと思います。呼んでくれているかどうか分かりませんが、読んでいるという希望的観測をもって書きます。
 
 M崎姉さんへ「M崎先輩がいたからこそ箱崎班が明るくなったのだと思います。箱崎班の番長ですね」

 A野先輩へ「院が大変かもしれませんが、これからも頑張ってください!」
 
 O方先輩へ「GTO目指してください!あと、グレても尊敬してます!」

 K田さんへ「またご飯行きましょう!そして、語りましょう」

 ぐっちゃんへ「『eiri日記。』なるものを見つけました。お幸せに・・・」

 みっちーへ「S道家ツアーはいずれ必ずします。お楽しみに・・・」

 えいちゃんへ「迷わず行こう。行けばわかるさ」

 I内へ「今日のスーツ姿はなかなかでした」

 Tねへ「確かにH田陽区に似てるかも知れないけど、大丈夫だ!(意味不明)」

 Mひさんへ「夏のそうめんパーティには行けなかったので、今度なんか企画があればぜひ参加させてください!」

 O塚さんへ「遠いところからご苦労様です。よかったら、東箱崎班の活動もよろしく」

 N宮さんへ「忘れません」

 最後に、「わがヒーローは永遠に不滅です。でも、私はいずれ消滅します!

 

 追伸 24日か25日に元メンバーで何かしませんか?I内の計画している企画もいいけど。クリスマスは無理だという嬉しい予定がある人以外で。どーですかね?