弁護士が代理として入り,増額してもらった,という例はありますが,私も,以下のとおり増額しました。

 

 ①私が代理する前の保険会社の提示(最終支払額)

 約250万円

 

 ②私が代理した後の提示(最終支払額)

 約1000万円

 

 ②は,示談レベルでの話です。訴訟すれば,遅延損害金,弁護士費用等の点で,更に300~400万円は増額可能かと見立てましたが,ご依頼者様が満足されており,訴訟を提起しないこととなりました。

 

 私が思いしたことといえば,資料を追加し,逸失利益の主張をしたくらいです。

 

 私が入る前の保険会社の提示は,「少し少ない」というレベルではないです。逸失利益があるか確認もせず,0円で提示してきており,はっきりいって,杜撰すぎます。

 

 交通事故の被害者に,適正な賠償額を支払うのが保険会社の使命ではないでしょうか(このような保険会社がいるため,弁護士の仕事があるという側面はあるのかもしれませんが・・・)?そうだとすれば,仕事や収入の有無,程度について確認するのが当然なのではないでしょうか?

 

 ということで,交通事故に遭われたら,速やかに弁護士に相談されることをお薦めします。

AD