春の悦び

テーマ:
作業場の桜は美しく咲き、そして美しく散っていきました。桜は毎年咲いているはずなのに、こんなにも美しいものなのか、と今年の桜はやけに美しく感じられました。年を重ねて美しさに対する感度が高まったからなのだろうか?





花見にはやっぱりお団子!
よもぎをつんでお団子にしました。せっかくだから小豆も炊いてみました。




桜のもとで食べるお団子は、また格別です。
春の風はとても優しい。しみじみかんじる春の悦び。
AD

葉玉ねぎ収穫

テーマ:
葉玉ねぎ収穫です。




玉ねぎが太ってくると玉ねぎの葉っぱは枯れてしまうので、葉玉ねぎは今しか食べられない食材です。

玉ねぎの葉っぱは堅そうに見えるかもしれませんが、火を通せばとっても柔らかです。

葉玉ねぎとあさりのワイン蒸しを作りました。
にんにくと鷹の爪をオリーブオイルで香りが立つまで炒めて、葉玉ねぎとアサリを加えて炒めます。白ワインを加えて蓋をして蒸らします。塩こしょうして出来上がり。絶品でした!


他に、すき焼きにしたり、豚肉と炒めたり、厚揚げと味噌汁、ぬたにしたら美味しいです。


AD

三重テラスレストラン

テーマ:
東京日本橋に、松阪牛や伊勢海老をはじめとする三重の逸品を食材に用いたイタリアンレストラン「三重テラスレストラン」があります。
2年前ほど前から、そちらでからさわ農園の野菜を使っていただいてます。
先日、シェフと野菜の打ち合わせと、農園の野菜がどのように料理されているかを実際に見てみたくて食事をしてきました。何度かランチはいただいたことはあるのですが、今回は初めてディナーをいただく機会に恵まれました。

定番メニューの他に、本日のおすすめ料理は黒板メニューにあります。
あっ、からさわ農園の野菜メニューがありました。


三重サラダ  契約農家直送の季節野菜  マイヤーレモン
彩りがとってもキレイ。



尾鷲産シビ鮪のカルパッチョ。
ラディッシュ、わさびなはうちの野菜です。
鮪のうえにのせてあるピンク色のソースが、赤玉ねぎとマスタードのソース 
上にのせてある鮪のからすみがいい味出してました。
黄色のアクセントはうちの菜の花だな(^^)


先日私が収穫したラディッシュでした。辛みは全然なく、柔かでおいしい。


黒板メニューの「伊賀 からさわ農園 旬な温野菜」
すごーい、感激!
こちら、すべてうちの野菜です。
芽キャベツ、ブロッコリー、菜の花、ラディッシュ、アスパラ、さつまいもは茹でてあり、里芋、わさびな、プチベールは素揚げにしてありました。里芋が感動的においしかったです(^^)。



黒板メニュー「あさり、ムール貝と伊賀産ブロッコリーのショートパスタ」
ブロッコリーはうちのでした。
ソースの塩加減が絶妙でお酒がすすむ味でした。


本日の底引き網漁の海老と三重県産直送野菜のスパゲッティ
うちの菜の花が入っていました。
このパスタめっちゃ気に入りました。海老が苦手な友人も美味しいと絶賛してました。
次もまた食べたい(^^)


松阪牛の内モモ肉のタリアータ(グリル)
三重の春野菜  タイムと西洋わさび
これは絶対に食べようと決めてました。
うちのブロッコリーと芽キャベツが、松阪牛と同じお皿の上に乗ってるだなんて、凄いぞ!
松阪牛、やはり最高でした(^^)。



さつまいものデザート
これもうちの野菜です。
パリパリに揚げたさつまいもと、さつまいも味のカスタード。女子が幸せになれる味でした❤

お誕生日が近いということで、自分で注文しましたヽ( ̄▽ ̄)ノ。
これだけ食べてもデザートは別腹(^^)
パンナコッタ、抹茶ティラミス、めっちゃおいしい!

今回、高校時代の友人とその娘さんと3人で食事しました。彼女とは高校時代からずっと仲がよくて、私が農業を始めて苦労の連続だったこともよく知っていて、毎年冬には高価なカニと、夏にはアイスクリームや梨を送ってくれて、ずっと応援してくれていたのです。一緒に来れてよかったです。

三重県は、海の幸、山の幸に恵まれ、自然豊かで美味しいものがたくさんあります。三重テラスレストランで食事をしてみて、改めて三重県って素晴らしいなぁと思いました。伊賀に移り住んで20年近くになりますが、ますます三重が好きになりました。
お近くの方、または東京へ行かれる方、三重テラスレストラン、是非行ってみて下さい。



AD

春はやってくるのだな。

テーマ:
なかなか暖かくならないなぁ~、と思っていたけど、4月に入った途端に一気に春が押し寄せてきました。

農園の桜はようやく開花です。
でも、桜の花には曇り空は似合わない。



あんずの花は桜より少し早くに、可愛らしい姿を見せてくれました。



菜の花畑は収穫を終えて、美しく咲き乱れ我々の目を楽しませてくれています。

ほのかに、甘~い香りが漂ってきて匂いでも春を感じることができます。
鳥は賑やかに鳴き、誰かさんの嫌いなカエルの声も聞こえてくるようになりました。






土手にたくさんのつくし。佃煮にしていただきました。ほろ苦さが身体にしみます。

よもぎと、花が咲いてしまいそうな最後の芽キャベツは天ぷらにしていただきました。






芽キャベツは天ぷらにするのが好きです。

春の始まり。何だか、身も心も軽くなってきました。

久々に

テーマ:
久々にブログを書きます。
最近はフェイスブックとインスタグラムで投稿することが多くて、アメブロに投稿していませんでしたが、これからはブログも気まぐれに投稿したいと思います。

私は冬は苦手です。冷え性で血行が悪いので、1月2月は腰痛を繰り返し、3月は寒暖差に身体がついてゆけずに、年明けてからは調子の良くない日が続きました。ヨガをしたり、歩いたり、食べ物に気を遣うなど、身体を気遣う生活を続けて、最近やっと調子が戻ってきました。健康ってホントにありがたいなぁ~と実感します。

さて、野菜の状況ですが、今、一番のオススメはキャベツです。
生でごま油と塩をふるだけでもバリバリたへられます。炒めても煮てももちろん美味しいです。



人気のほうれん草も元気に育っています。




トンネルで栽培しているサニーレタスは、寒さに耐えながらもじわじわ大きくなってきています。



ノーザンルビーとシャドークィーン。
今年は初めて色つきのじゃがいもを植えました。楽しみです。



春を代表する野菜、菜の花は毎日ぐんぐん伸びてきます。



毎年苦戦してる玉ねぎですが、今年はどうなるでしょうか?





2017年もたくさんのいい野菜たちを皆様にお届けします。

菜の花ゼリー

テーマ:
菜の花が花盛りです。
何か活用方法はないかなぁ~と考えていたら、最近食用花が流行っていると料理教室で聞いたのと、菜の花からハチミツのような甘い香りがしてきたので、これはハチミツをつかってゼリーにしたらいいかも。と閃きました。冷蔵庫にゆずが残っていたので合いそうだなぁと思い使ってみました。



菜の花を摘んで洗います。
水500mlにハチミツと柚子の絞り汁を鍋に入れて、火にかけます。量は適当でした。好みの味でいいと思います。
80℃以上になったら火を止めてゼラチン10㌘をいれて混ぜます。そこへ摘んだ菜の花を入れて器にいれて冷やすだけ。
簡単で、美しい菜の花ゼリーが出来上がりました。ゆずがなかったらレモン汁でもいいかも。




さっぱり爽やかな、春にぴったりの美味しいゼリーでした。菜の花は全然違和感ないです。

最近は何でも菜の花を使います。
パスタやシチュー、サラダにも菜の花。








熱湯にくぐらせてしんなりさせて、塩漬けに。こちらもご飯にぴったりのお漬け物になりました。








テーブルフラワーとしても大活躍。
今が旬の菜の花で春を感じてみては。