仕事を辞めた

テーマ:
仕事




私は56歳で仕事を辞めました。



今でも、働くことは人間と生活を支えてくれる大切な要素だと思っています。

でも、私は、
小さい頃から、早く年寄りになりたいなぁ~と、思っていました。

勉強しにガッコ行かなくていいし…昼間からゴロゴロして道端でお喋りしてるし…
うらやましいなぁ…「なんもせんでいい年寄り」はいいなぁ~と、思っていたのです。



今、それが実現しています、
希望退職56歳-働き始めは18歳=38年間働いたご褒美なのかもしれません。


世間が、定年延長や雇用延長などと言う言葉を当たり前のように囁き出した時、
私はおびえました 「これ以上働いて、仕事に自分の時間が奪われるのは嫌だ」


目標は55歳定年退職!
何としてでも雇用延長などに捕まらないうちに退職して、
自由な時間を手に入れたい!辞めるチャンスを狙い続けました。


結果はまずまず、目標より1歳オーバーして仕舞いましたが、
56歳で目出度く希望退職のチャンスに恵まれました。

もしかしたら世間では希望退職=リストラと言うかもしれませんが、
私にとってはどちらでも良く、
小さい頃の憧れだった 「なんもせんでいい年寄り」 になれたのです。



自由な時間はたっぷり手に入れましたが、
全てがパーフェクトとはいかないものですね…

これからの老後の生活に目をやると、経済的には不安定(不自由)そのものです。

貯蓄は確実に0円に向かって進み続けるのと、
私の寿命も確実に終焉に向かい歩み続けるのですが、
どちらが早いか、それがこれからの重要なテーマになります。


社会福祉予算も減る一方で最悪の状況になった時の手助けは有るのか、
病気などに罹って入院したらどうなるんだ、など、
色々マイナス面を考えると、なんとも寂しい未来が待っていそうな気もします。



それでも気を持ち直し、「金は天下のまわりもの」 心配してもきりがない、


私は 「質素な、働かない蟻さん」 「なんもせんでいい年寄り」 になれたんです。

これからは、自由な時間を、どう活用して行こうか、
じっくり考えてみたいと思います。


今日は、ここまで!最後まで読んでいただきありがとうございました。




「なんもせんでいい年寄り」を標榜していた少年が、
実社会に踏み出す時の事を、 続けて書いていこうと思います。


続きはここから→ 日刊ぴーぷる編集部に掲載「仕事その2」しています






AD

スマホ依存症?

テーマ:

スマホにくぎ付け



久しぶりに東京の空の下で生活をしてきた。



二日間ほど、

熊本地震の余震で怖い思いをした後に、

午後からの飛行機で羽田に向かった。



高速道路を走るリムジンバスから、

空に向かって乱立するビルの群が見える。

 


そこは人影もなく、建物の輪郭に沿って光に包まれた「未来都市」、

まるでアニメの映像さながらキラキラ輝いていた。

 



墨田区森下に宿を決め、

近くの餃子屋さんで焼き餃子をつまみ、壜ビールで喉をうるおした。



翌日は都営新宿線に乗り江戸川区瑞江まで移動する、

この時間の車内は、朝の出勤タイムから外れていて、

乗客はシートに腰を落とし、ほどよく空いていた。

 



車内風景としてぼんやりと眺めていて、ふと気が付けば、

こちらのシートも向かいのシートもその先も・・・、

皆が一様にスマホに向き合ってせっせと指を動かしている。

 



この風景は、ずっと以前携帯電話が普及した頃と同じだ、

その頃は若者学生が主流だったが今回は違う、

30代?40代?いやいや爺様婆様まで全年齢に広がっている。

 



電車は地上に出て眼下に荒川、中川の川面が青く光っていた、

ここ江戸川区は懐かしい地域、私が20代後半の頃、

新小岩をベースに営業活動を展開した所。



江戸川区にも「おいてけ堀ってあったナァ・・・」とつぶやくと、

すかさず「おいてけ堀は墨田区の話よ」と妻から訂正の一言。



私の脳裏には、

当時の江戸川区の風景の中に「おいてけ堀」の看板がリアルに再現されていた。



駅を降りると、大きな近郊地図が目にはいった、

瑞江、一之江、篠崎・・・懐かしい地名が並んでいた。

 

 

 

 

 






今回の東京行きは、元気なうちに義母に会っておこう、と言うのが目的で、

 


友人親戚などとのコンタクトは全て外し、ここ瑞江の小さなホームを連日訪ねた。



筆談を交えたアイ・コンタクトで、

義母97歳の意識の確かさと、心の穏やかさを確認しながら、3泊4日の最終日を迎える。

 




この間幾度となく「スマホにくぎ付け」の車内風景を目にした、

皆が横並びに同じことをしている事に対しての違和感とでも言うか、

「異常」「没個性」を感じるとともに、気味悪くさえ思えてきた。

 




もし私がこの風景の中で「スマホはやめろ!」と、大声出したら、

全員が一斉に顔をあげ私を確認目視するだろう、

「何だこの爺さん」と言う目つきを残して、再び一斉に顔を落とし、

一瞬前と同じように「スマホにくぎ付け」に戻ってしまうんではないかと想像してしまう。

 




私が思うに、この状態は生産ラインに並ぶロボットと同じように、

決まったことを決まった通りに繰り返すように、

人間が変わって来ているのではないだろうかと心配になって来る。

 



与えられた映像と情報をもとにしか物が考えられなくなる、


TVのバラエティー番組で笑わせられながら、

物事を自分の頭で考える事が出来ない人間を、

大量に生産されているような怖さも感じる、

 

茶の間のTVが24時間持ち運び自由のスマホに代わっただけである。




1人でもいいから、横並びは嫌だ!意地ででも私は本を読む、

と言うような人間が居てほしい。

 



何もしないで、ぼんやりと空想し想いを巡らす人でもいい、

 

目を閉じて瞑想する、或いは頭の中で、

あーでも無い、こーでも無いと理論や理屈をこね回す人でもいい、

 


まちなかでスマホをいじらない
そんな人間が一人でも居てほしい。

 

 

 

AD

課税の抜け穴

テーマ:

パナマ文書

世界中で話題になっているタックスヘイブン、

日本語に訳すると「租税回避地」という 意味で、

世界各地で莫大な利益を上げている多国籍企業や富裕層が

「税逃れ」 に、ここを利用している実態が暴露されています。



政治家や大富豪の氏名、企業名が次々に公表され始めました。


私たちの住む日本での問題に置き換えて考えてみれば、
次のようになります。

日本の政府は

大企業や富裕層の、この様な手段を利用した多額の税逃れには目を伏せて、

その結果とも言える税収不足と財政難を、国民(一般庶民)に押しつけ、

立て続けに3%→5%→8%と消費税増税を進め更に来年10%にすると言います。


逆に法人税は減税方向を打ち出すなど、

税の公平性とはかけ離れた政府の対応に、

少しづつ、多くの国民が「ちょっと変だぞ」と気付き始めています。



日本の企業は

東証に上場している上位50社のうち45社がケイマン諸島のタックスヘイブンを活用。

(『しんぶん赤旗』2013年8月25日付が報道)

その投資残高は、日本の大企業が55兆円で、

アメリカに次いで世界第2位の規模だそうです。



ケイマン諸島はキューバの南にあるイギリス領で、佐渡島の3分の1の小さな島ですが、

なんと法人6万社が登記されていて、銀行は600行以上、

1万にものぼるファンドが登記されているそうです。

まるで島全体が隠し金庫みたいなものですね・・・

 

 

 






 

 

今回のタックスヘイブンで世界中が注目するパナマ文書には、

日本の企業と人が400記載 されていると言うのに、

菅官房長官は日本政府として調査する考えはないと断言しています。


各国政府は、大企業や大金持の課税の抜け穴を封じよという、

国民の声に背を向けることはできなくなり調査に乗り出すことを明言している中で、

日本政府はあくまでも大企業優先、国民の声無視の政治姿勢です。



なぜ、今、
このように世界中の国がパナマ文書に関心が高まるかと言うと、

その背景には、リーマンショック以降
この数年は特に、

各国とも歳出がどんどん増えていくのに対し、

歳入が追いついていかない。



税収不足と財政難をかかえている中、
間接税や消費税の増税にも限界があり、

増税に苦しむ国民が、
税逃れの大企業の実態に気づき始めたことから、

課税の抜け穴を封じよという国民の声 が大きくなり、

各国政府も解明調査に乗り出さざるをえなくなっているからでしょう。

 

日本でも、

「大企業から適正な税金を納めさせ、 課税の抜け穴税逃れを許すな」

と言う、大きな声を出し続ける事で、政府の姿勢を正しましょう。


国民の声が大きくなれば、

国民の目を塞ぎ他人事のように装っている安倍政権と
真実追及の役割を放棄した多くのマスメディアが、
安穏としていられるのも

時間の問題だと思います。

 



月刊誌『KOKKO』編集者・井上伸のブログ
http://editor.fem.jp/blog/
より参照一部転載

AD