平成中村座行ってきたよ!

テーマ:
としちゃんのシールな日々-101009_1613~010001.jpg

としちゃんのシールな日々-101009_1611~01.jpg


今日は雨の中、大阪城西の丸庭園まで、平成中村座の夜の部を観に行ってきました。
昔の芝居小屋風の造りのため、靴は脱いで入ります。舞台の前の方の席は座敷。私は舞台の横だったので椅子でした。二階の舞台真正面にはお大尽席がありました。あの席が35000円の席なのねぇ~。あまりにみんなから注目されていて私だったら落ち着かないわ。

午後の部は、「俊寛」「太閤桜」「弁天娘女男白浪」。

「太閤桜」は大阪城ならではの演目で、太閤秀吉が、ねねや淀君らと醍醐の桜を楽しんでいる所に、明智光秀の亡霊が現れるが、秀吉の本心を知り、二人語らうために、ともに大阪城の茶室へと向かう時・・・すっごい演出があります! これは舞台をまだ観ていない人のためにここでは書かへんけど、ちょっと感動物でした!!!

「俊寛」では勘三郎、「弁天娘女男白波」では勘三郎さんの息子勘太郎や七之助、橋之助、獅童らがとても良い味を出してして、ほんとに楽しい舞台でした。

としちゃんのシールな日々-101009_1802~01.jpg

幕間は、芝居小屋で観るからちょっと雰囲気をって思って買ってきた竹籠弁当を頂きました!


ココログの記事はここをクリックしてね!

秘密戦隊ゴレンジャーは・・・白浪五人男の舞台がモデルだという話でした!(今日の解説から) 
AD

コメント(2)