{EBF67ACC-523D-437B-A145-608214400304}

{8BB84452-FB65-4FFA-B049-21463904DC0D}

{5B036823-671E-4133-AB68-6F255006F30F}

{D21CF618-E922-4D59-9C68-30B3E6E7E377}

{C469C678-D2D0-44D6-BF0B-3BC5CF623491}

{4D87C0C2-52EF-4C25-A87B-F087FD25DCC1}
 

今日は朝から京都へ。

まずは今出川にある相国寺美術館。金閣寺の大書院に描いた障壁画50面全てや、コロタイプ印刷という希少な技術で精密に復元された動食綵絵30幅が一同に展示。

その後、東山へ移動して、六盛でランチしたあと、細見美術館の若冲展へ。美術館所有作品ほか、若冲ゆかりの寺が所有する作品、版画、さらには弟子?と言われる画家たちの作品まで展示。

途中、ダリ展をみたあと、京都市役所前から四条河原町へ向かう途中にあり、若冲が建てた親族のお墓がある宝蔵寺に寄って、ドクロ柄の御朱印を頂きました。

若冲言うと鶏のイメージが強かったのですが、それだけじゃなかったんですね。動きのある大小様々な鳥、魚、人物も味があっていいですね。青物問屋で生まれたせいか力強い野菜もあったわ。本日、一日若冲を堪能しました!

ダリ展も面白かったけど、今日は若冲の印象が強すぎたな。
べつの日に行けばよかった…

AD