吉井としみつオフィシャルブログ

誰もがいつまでも、夢や生きがいを胸に。感動の大国・日本へ。

ロケットPROFILEロケット

$全力マン 吉井としみつの☆前のめりブログ☆

走る!触れ合う!全力マン 吉井としみつ前のめりブログにようこそ!


1982年7月30日生まれ、東京出身です!

成城中学・高校
慶應義塾大学
の学生時代はサッカーを通じて、

素晴らしい友人に恵まれました。


大学卒業後、大手外資系金融会社に内定していましたが、

自分の信念に生きたいと思い、

幸福の科学
の職員になりました。


2009年の幸福実現党の立党を契機に、

日本の素晴らしさや可能性を引き出せていない

既存の政治に疑問を感じ、政治の道を志すことに決めました。


2010年4月から2013年3月までの3年間

HS政経塾
に1期生として在籍し、

政治哲学、経済哲学や、具体的な政策についても研究し、

卒塾後から現在に至るまで政治活動を続けています。


本ブログでは、

聴き、動き、実行するをモットーに

誰もが夢や生きがいを持てる日本を目指して

前のめりな
取り組みをお伝えします!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

本ブログでご評価いただけましたら、

このリンクにクリックをお願いします(o^-')b↓


人気ブログランキングへ


テーマ:
この度は、東京第10区補欠選挙におきましては、残念ながら力及ばずの結果となりました。

応援してくださった皆様のご期待にお応えできなかったことにつきましては大変申し訳なく思います。

しかしながら、いただいたご支援への心からの感謝と共に、お寄せ下さったご期待にお応えするべく、さらに前進していけますよう、心機一転して益々の精進を重ねる所存です。

当選された自民党・若狭議員には、ぜひとも自民党が作り上げてしまったブラックボックスの改革を、ぜひとも内側から成し遂げていただきたいと思います。

また、民進党・鈴木氏の、今後のご活躍もご祈念申し上げます。

今回いただいた2,824票には、日本の変革を期待するお気持ちが込められていると確信しております。

自民党や民進党をはじめとする既存政党への不信感をはじめ、今の日本政治にがっかりしているお声を確かにいただきました。

「新しい選択」となるために、より丁寧な政策説明や、地域への貢献を通じて、もう一歩、有権者の皆様からご信頼をいただけますよう尽力してまいります。

Where there is a will, there is a way.
「意志があるところに、道は開ける」ーー、この言葉を励みとして挑戦し続けます。

「子どもたちに、見せたい未来」の実現に向けてーー、

・消費税を5%に戻して、ワクワクする日本経済へ

・嘘のない年金制度をはじめとする、社会保障へ

・世界一イキイキと子育てのできる日本へ

「変革の黄色」を掲げ続けてまいります。

この度は、多大なるご支援、誠にありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願いします。
引き続き、頑張ります!

どすこい!どすこい!どすこい!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

これまでの選挙戦、多くの方々がお支えくださり、心より感謝申し上げます。

これまでの選挙戦を通じまして、本当に多くの期待をかけて下さるお声をいただきました。

心からの感謝と共に、このお声に、ぜひともお応えしたいーー。
そう思います。

今の政治に対するご不満のお声もちょうだいしました。

自民党・民進党という既存政党への不信感に加えて、こんなご意見もありました。

「小池都知事は、どうして新党を立ち上げずに、自民党と組んでしまったのか。都知事選で応援したのに、ガッカリだ」というお声。

変革してほしいーー。
そのお気持ちが確かに感じ取りました。


失われた25年とも言われます。
この責任は、報道の枠組みをつくるマスコミにもあると思います。

今も、「自民vs民進」という枠組みで報道をしています。

しかし、国の借金1000兆円を盾にとって消費税の増税を理由に上げがちですが、借金を増やしてきた政党は、自民党と民進党に他なりません。

借金を増やすもの同士が対決して、生まれるのは、さらなる借金ではないでしょうか?

今こそ、「新しい選択」が必要です。

国民が主役のワクワクする日本経済へ!

いのちを守る外交・国防へ!

嘘のない本当に安心の社会保障へ!

もっとイキイキ子育てができる日本へ!

2人の娘の父親としても、子どもたちに、ワクワクするような日本を残してあげたい。

誰もが、夢や希望を持てる日本を実現したい。

今、「新しい選択」が必要です。

子どもたちに、見せたい未来を実現します。

どうか東京10区の補欠選挙には、変革のイエローカラーの

「吉井としみつ」

とお書きください。


どうか、私、「吉井としみつ」を国政に押し上げてください。

心の底から、お願い申し上げます。

どうか、よろしくお願いいたします。

{133A8FCF-AA13-42A7-A507-87ACC9E1A5CC}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもご支援、心より感謝申し上げます。
先ほど、最後の街宣をいたしました。

引き続き、マイクを使わないご挨拶を駅頭で続けてまいります。

政策面でぜひ共有したいことをあらためてまとめました。

豊島区が、23区内で消滅可能性都市に唯一、入っていて、これについてどう考えるか。

10月21日の朝日新聞・夕刊にて、東京10区の補欠選挙の中で、議論が深まっていないとのご指摘や、有権者のお声のご紹介がこざいましたので、活動をしながら考えました方向性を共有します。


◇その1:消費税5%に下げて、景気回復・生活応援。

子供を「産みたくても産めない」というご意見は、パパ・ママとのミニ集会でもお寄せいただきました。

企業の業績が上がらず「お給料が上がる見通しが持てない」ため、生活の不安があると、子供を産むことに慎重になってしまいます。

そのため、これはどの区でという話ではありませんが、景気を良くするための政策が不可欠です。

日本経済の約6割は個人消費です。
現在の景気低迷の一番大きな原因は、将来的な増税にも備えざるを得ず安心してお金が使えないことにあります。

景気回復、生活応援を公平かつ平等に進めていくためには、消費税の減税が効果的です。

消費税を5%に戻すことで、生活を応援します。

景気が好転してくることで、企業の業績回復・設備投資が増加する結果、賃金が上昇していきます。

減税こそ、最大の福祉でもあります。


◇その2:職住接近で広い家に。

やはり住宅にも十分なスペースがないということも、家族の人数に制約が出ています。

容積率緩和をはじめ、空中権の有効活用を通じて、広くて安く住める環境を整備するべきだと考えます。

また、二世帯以上の世帯をさらに奨励していくことも、重要な施策だと考えます。


◇その3:規制の見直しによる、子育て環境のサポート

安全性を担保した上での規制の見直しを通じて、子供たちが健やかに育てられる環境を整備します。

また、塾を学校としても認めるなど、「塾のいらない学校」の推進をはじめ、多様な教育を認めることで、保護者にとっては教育費を抑える、国としては効率的な教育行政によって、行政コストを抑制します。


◇その4:安心の年金・社会保障

持続可能なくらしを考える上で、安心できる社会保障はとても大切です。

特に年金制度については、約130兆円の年金積立金の運用が、2014年4月〜2016年6月で10兆円の損失が出ており、このままでは、維持できない状況になっています。

まずは、消費税を5%に戻して、景気を回復させて、まず安心できる年金制度をつくるための土台を整えます。

活力ある経済は、持続的に年金積立金の運用成果が上がりやすい環境となります。

そして、「自分の暮らしには、自分で責任を持つ」という積立方式に移行するべきだと考えています。

「元気な経済」という土台の上に、「安心できる年金制度」という柱を整えるべきです。


◇その5:生きがいの生涯現役

持続可能性を考えていくと、65歳以上でも健康で、働く意欲のある方は、働ける環境を整えるべきだと思います。

仕事があることで、生きがいを持って、健康な暮らしをされているプラチナ世代の方々は多くいらっしゃいます。

また、健康な方ほど、医療費の優遇や減税等の措置も検討するべきだと思います。

「健康・長寿・生きがい」というキーワードから、これからの福祉も考えていくべきだと思います。

◇誰もが夢や生きがいを持って、生きていける社会へ

こうした政策がとれれば、若者世代は持続的に増えて、消滅可能性は低下するはずです。

持続可能な社会をつくるためにも、「元気な経済」・「イキイキとした子育て」・「生きがいの社会保障」・「健康・長寿」が大切なキーワードとなります。

「経済だけ」、「福祉だけ」という視点ではなく、トータルで国民の幸福を増進する政策は何かを考える姿勢が大切だと思います。

子どもたちに、見せたい未来の実現に向けて、どうか皆さま方のお力を、吉井としみつにお託しください。

よろしくお願い申し上げます。

吉井としみつ 拝
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)