先日のこと・・・

 

突発的な夕マズメフリータイムを充実させるべく、鳴門エギングへ!

 

ええまぁ・・道中でうすうす・・いやまぁハッキリとわかったりしましたが・・・

 

 

豪風、ババ荒れ、無流の3コンボ♪

 

 

「もしや底潮が」なヨダレ思考で30分程浪費したが

 

戒名やむなしの香典発生海況に、即刻チェン場所w

 

(※後攻者さんに帰るかも?などとのたまいつつ・・(爆

 

風裏となる帰路の北流エリアで晩秋の本流系メソッド乱発して~w

 

 

キープはこれだけ~w

 

(最大ので7~800位かな?この後解体されてたw)

 

 

まだなんとなくイケそうな、鳴門エギングでした。

 

 

 

 

 

AD

はてさてただいま風呂上り♪

 

直近釣行5回で狙ってみましたw

 

先に結果から。

 

1070gまでしか量れんハカリが余裕で振り切りましたw

 

 

こいつ釣るまでに5~60杯出しました。

 

大半4~600で800g越えは、画像の2杯のみ

 

 

(全部帰宅して量ってますので、釣った直後よりは軽い)

(この2パターンの重量差は、未検証なので不明w)

(詳しい方・・コメントキボンヌ!)

 

しかもボスイカの出るタイミングを集中放火しての割合

 

これによってわかった事。。

 

 

 

 

鳴門の晩秋キロUPは、オイラにとって「運」であ~るw

 

ちなみに切り込んだエギは20本強。

 

よい子は真似しちゃだめだぞw

 

 

AD

突き詰めると思考が尖り

 

尖る故に深さが生まれ、メソッドが昇華される

 

それが安定の釣果に直結するが

 

苦労して得た深さを捨てる事で生まれる広さもある。

 

拘らないと深さは出ない、しかし、それを捨てないと広さは見えない

 

 

短時間だが久しぶりに強くそう感じたw

 

探す楽しみに比べたら、爆釣なんかオマケ要素だなw

 

 

しっかし、まだまだ楽しみ残ってんなぁーー!

 

 

 

AD

さてさて只今、DHからの風呂上りw

 

今夜の鳴門エギングは、人出に反比例するイカ密度で大焦り

 

行く先々で複数の先行者さんw

 

更にちょっとキャストしても、イカはかっそ過疎・・

 

鬼ランガンで実績ピンやシモリをタイトに通していくが

 

ひたすら無反応www

 

10杯程度の使い物 というマニフェストが危ぶまれる中。

 

 

エギングホリックだった5年前・・

 

当時、見切ったピン戦地がまさかのポテンシャルw

 

 

あんな狭小エリアでまさかの時速14杯www

 

よもやのガリンペイロハントでしたw

 

 

いやはー5年前の俺、未熟だわw

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと・・・朝マズメに丁度いい時間だな(爆