卵

 

 

 

「そろそろ出て来たらどうなんだ?」

 私は、今までに見たこともないくらいに大きな白い卵に向かって、そう言った。

その卵は、いわゆる私が、まず思い浮かべる卵の色かたち、つまり鶏の卵のようなのだが、ただそれは駝鳥(だちょう)の卵の十倍以上はあるだろうか。とにかく両手でも抱え切れないほどに巨大な卵なのだ。

卵は、のっぺりと表情もなく、およそ話し相手にはなりそうもないのだが、私が、その大きな卵に、こう話し掛けたのは、厚い殻の向こうに、何かが動いているのを知っていたからだった。

 

その大きな白い卵の中では確かに、ある生物が充分な発育を終え、今は覚醒していて、孵化の時を待っていた。

ただ、その生物は普通に孵化を待っているのではないのかも知れない。

卵で、この世に誕生する生物とは、孵化を目前に控えて、卵の中で何を考えているものなのだろうか。何が普通かは分からないが、その大きな白い卵の中の生物が考えていることは、これから誕生する生物としては特異だと言っていいだろう。

その卵の中の生物は、卵の外の世界が気になりだしてはいるが、卵の中は快適なので、まだ殻を破ろうともせずに、まだまだ、ぬくぬくと卵の中にいようと思っていた。卵の中のその安らぎを捨ててまで、あえて卵の外に出てみる理由が全く見当たらなかったからだった。

 

そんな卵の中の事情を、私は全く知り得ないので、私は、また卵に向かって言った。

「もう、いい加減に出て来てはどうかね?」

「…………」

「そこにいるのは分かっている。隠れている訳でもないんだろう? もう卵の中から出て来いよ」

「嫌だね。出て行ったら、いいことがあるのかい」

と卵は唐突に答えた。

やっぱりいたなと思って、私は、

「とにかく出て来いよ」

と言った。

「だから、出て行ったら何か、いいことでもあるのかね」

「何でもいいから出て来いよ」

 私は、卵と対話し始めたことに少し興奮していた。

「出たくはないね」

と卵は、いかにも高慢な態度で言い、

「卵の中がどんなにいいものか、お前は覚えているのか?」

と、いきなり反問してきた。

 卵から、このように反問されて、私は大人となった今では、卵の中の記憶というか、生まれてから物心つくまでの記憶は、ぼんやりとしていて覚えていないのが当然なので、返答に困った。とりあえず、人間としての意見を述べてみることにした。

「私は哺乳類だからね。卵の中のことは知らない。もっとも母親の腹の中、子宮のことも、もちろん覚えがないよ。卵だって、そうだろ? 卵の中のことは覚えがなくて、殻を破って外に出てからが誕生だ」

「違うな」

と卵は言った。

「何が違う?」

と私が訊くと、

「卵の中では随分前から、それも、お前たちが思うよりも、かなり前から覚醒していて、いつ出るべきなのかと、ずっと待っているもんなんだ。いま出ようか、いまは出るのを止めようかと、かなり長い間、逡巡をして、随分と葛藤するもんなんだよ」

と卵は答えた。

 私には、卵の中での覚醒が、どんな意識状態なのか見当も付かない。

「卵とは、そんなものなのかな? 卵の中では本当に孵化する前に、そのように色々と考えているのかい?」

「そうさ。卵の中では孵化のずっと前から、はっきりと自意識が芽生えているもんだ。だから、色々と考えた挙句、やっぱり卵の中でこのまま、じっとしていても仕方がない。ここを出るしかないんだな、と自分で決断して、殻を破って出て行くんだ。哺乳類が、特にお前たち人間が、子宮の中のことをまったく覚えてなくて、母体から産まれ出てからも、何年も自意識がないのとは違うのさ」

と卵は言って、殻の向こうで、人間のことを冷笑しているのが分かった。

「卵の中の生物よ。そんなに自意識が、はっきりしているのなら、早く殻を破って出て来ないといけないね」

と私は問い詰めた。

「でも出たくないのだから仕方がない。今は殻を破って外に出るのは止めとこう」

と卵は、はぐらかした。

「もうどれくらい卵の中に、そうしているんだ?」

「さあな、覚醒して自意識を持ってからは百年くらいかな」

「百年も? それでは、すぐにでも卵から出ないといけないだろう」

「でも、まだ出たくはないのさ」

「しかし、生物である以上、寿命というものがあるだろう?」

「どうも卵の中だと、何もなくて生きている実感が無いから困るが、その代わり時も止まっているようで、寿命も死も、まだ関係ないようだよ。そもそも、まだ誕生していないんだから当然だ」

「そんな馬鹿なことはないだろう」

「人間のお前に、卵の中のことは分かるまい」

「生物である以上そのまま永久に、卵の中にいることができないのは私でも分かるよ」

「まあ、そうだろうな。それはできない」

「それが分かっているのなら、もう出て来たらいいだろう。いつまでも後のばしにしても仕方がない」

「今は、まだ出たくないのだからしょうがない。そのうちに出ようと思う」

「そのうちっていつだ?」

「時が来たら、だな」

――この卵の中の生物は、自分からは出て来る気が無いな。

と私は思った。

 

 私は、卵はやっぱり鳥か爬虫類、あるいは恐竜のものだろうと考えて、

「出て来ても、まだ自分は鳥の雛(ひな)みたいに弱い存在だから、怖気づいているのかね」

と訊いた。

「お前たち、人間の赤ん坊と一緒にするな。殻を破って外に出れば、すぐに一人前に自立して、成体と対等くらいに活動しなければならないのが俺たちだ」

と興奮気味に卵は言った。

よし誘導尋問に引っかかったな、と私は思った。

孵化して、すぐに成体のように活動しなければならない生物だと、おそらく、爬虫類か、もしかした恐竜かも知れない、と私は推理した。爬虫類であると特定するために、こんな質問をしてみた。

「お前は恐竜の卵だろう?」

「恐竜の卵だって? もう恐竜なんて地球上では絶滅しているんだろう。化石ではない生きた恐竜の卵が、今ここにある訳がない」

「それでは、やっぱり爬虫類の卵なんだな」

「今の地球上で、こんなに大きな爬虫類の卵があると、お前は本当に思うのかい?」

「巨大な鰐(わに)でも、ここまで大きくはないと思う」

「それでは、爬虫類の卵である訳がない。もし、鯨の卵があるなら、ちょうどいい大きさだとは思わないか」

また、何だか、はぐらかされた。

 

 

 

 

 

 

 

AD