愛する「魂の冒険者」の仲間たちへ

 

 

先日載せた「みことちゃんの物語」に、たくさんの方から、

 

ご感想や、胎内記憶のエピソード、

 

続きを読みたいというお声をいただきました。

 

お読みくださり、感謝しています。

 

いいねやリブログも、びっくりするほどいただいて、本当にありがとうございました。

 

続きが書けましたので、載せさせていただきますね。

 

前回のお話は、こちら↓

 

「あなたがお空の上で、決めてきたこと」1

 

 

 

〜〜〜〜〜

 

 

 

僕は雑誌「ゆほびか」の編集長をやらせてもらっていますが、

 

ライフワークとして、童話や物語も書いています。

僕には5人の子どもたちがいます。

子どもたちが小さかったころ、

 

眠る前に一緒にふとんに入って、小さい手をにぎりながら、

 

僕が作った物語を話していると、みんなとても喜んで、

 

毎日、楽しみにしてくれていました。

お話しているうちに、いつの間にか、すやすや眠っていた、

 

あの手の小ささ、暖かさ、確かさは忘れません。

 

そして、ふだん、子どもたちと話していると、

 

時々、「意外なこと」を教えてくれることがありました。

「すごいなあ!」「僕より、ずっと魂が成長しているんじゃないか」と、

 

ハッとさせられることも、多々あったのです。

彼らが教えてくれた「意外なこと」をもとに、

 

一緒にお話を創っていったこともありました。  

その中に「胎内記憶」をテーマにして作った話があります。

胎内記憶というのは、子どもが生まれる前のことを覚えていて、

 

それを話してくれるんですよね。




例えば、こんな具合に。

「パパとママを選んだんだよ。ずっと、待っていたんだよ」

 

「ママとパパの声が聞こえたよ。パパ、ぞうさん歌ってたよ」

 

「ママに、大好き!って言うために生まれたよ」

 



この胎内記憶について、医師の池川明先生に取材したことがあります。

池川先生は、胎内記憶についての大規模な調査を行っています

(2002年の調査。長野県諏訪市の保育園や幼稚園で838人、長野県塩尻市の保育園で、782人など) 。



池川先生は、こんな調査結果を教えてくれました。

●幼児の30%に、胎内記憶(お母さんのおなかのなかにいたときの記憶)がある

 

●20%に、誕生記憶(生まれてきたときの記憶)がある

 

●20%に、中間生記憶(お空の上にいたときの記憶)がある

 

 

 

実は僕の子どもたちも、生まれる前の記憶を聞かせてくれたことがあります。

「お空の上でぴょんぴょん飛び跳ねていた」

 

「天使だった」と。

子どもたちが、話してくれたエピソードを元に、

 

作ったお話が、「みことちゃんの物語」です。

 

 

 

 

 

主人公は、10歳の女の子、みことちゃんです。

 

漫画が大好きで、絵を描くのが大好きで、

 

ご飯とお味噌汁が大好きで、宿題が嫌いな、普通の女の子です。

でも、みことちゃんには、誰にも言えない秘密がありました。

実は、みことちゃんは、

 

「お空の上にいる、白いヒゲのおじさん」と、内緒話ができるのです。

そして、みことちゃんは、「生まれる前のこと」を覚えているのでした。

 

 

~~~

 

さて、前回のお話の中で、みことちゃんは、生まれるまえ、

 

お空の上で、「白いヒゲのおじさん」から、

 

光り輝く宝箱の中に入った「3つのプレゼント」を受け取りました。

 

●「3つのプレゼント」

 1つめのプレゼント「試練」

 2つめのプレゼント「 自分の中になぜか湧いてくる、ワクワクする気持ち 」

 3つめのプレゼント「ソウルメイトとの出会い」

 

この3つの宝箱の「中身」は、自分で選べるのです。

 

1つめのプレゼントの「試練」の中身として、

 

みことちゃんが選んだのは、「病気」と、もう1つは、「両親の離婚」でした。

 

 

 

実は、僕も、小さい頃から病気がちでした。

 

アレルギー体質で、「ぜんそく」がひどかったのです。

 

ぜんそく発作が出ると、呼吸ができなくなります。

 

ただ一生懸命、息を吐いて吸います。

 

仰向けや横向きは息ができないので、

 

赤ちゃんの姿勢でうつ伏せになるのですが、

 

それでも苦しい時は、起きているしかありません。

 

母が「代われるものなら代わってあげたいよ」と

 

何度も言ってくれましたが、「そんなの、悪いからいいよ」と答えていました。

 

唯一のなぐさめは、物語を読むことでした。

 

6歳の頃に体質改善で始めたのが、

 

母の手作りニンジンジュース。そして乾布摩擦です。

 

以来、健康法を40年間、やっていることになります。

 

 

 

ぜんそくは治りましたが、30歳を過ぎた頃、背中に腫瘍ができました。

 

最初は、米粒程度の違和感でしたが、

 

10数年かけて、最初はゆっくり、途中からは猛烈な勢いで、大きくなりました。

 

最初の医師は「良性でしょう」。

 

それで放っておいたのですが、パパイヤみたいになったので、

 

大病院で診察を受けました。

 

医師の顔は曇っていました。

 

「すぐ手術しましょう。まず検査して、悪性かどうか調べます」。

 

僕は「死ぬかもしれない。子どもたちを残して。

 

僕に何が足りなかったんだろう」と、自分を責めました。

 

検査結果が出るまでの間に、目黒不動尊の「おいもさん祭り」に、

 

絵本読み聞かせボランティアで参加しました。

 

すると、目黒不動尊の裏にある「大日如来像」の前で、

 

不思議な声が聞こえました。

 

「今回は助けてあげる。心配せずともよい。たくさんの人の助けになることをしなさい」。

 

それを聞いて泣き崩れました。

 

診断結果は、良性と悪性の中間の性質で、

 

100万人に二人というデスモイド腫瘍。

 

TOKIO・国分太一さんも同じ病気で、腹筋を半分、切除したと報道されています。

 

原因は不明だそうですが、アレルギー体質と無関係ではないそうです。

 

よいご縁に恵まれ、おかげさまで僕は今では、すっかり回復することができました。

 

 

 

 

なぜ、人は病気になるのでしょうか?

 

「ゆほびか」は健康誌なので、大病を経験した人を取材したり、

 

病気の人を奇跡的な方法で改善させている医師や治療家に取材することがあります。

 

例えば、医師の萩原優先生は、「前世療法」を活用して、

 

ガン患者さんの回復をサポートされています。

 

前世療法とは、催眠状態になって、

 

自分が「お空の上にいた時のこと」や、過去生のことを想い出すセラピーです。

 

「魂の視座」を持つことで、病気の根本原因に気づくことができ、

 

結果として、心身に深い癒しが訪れるのです。

 

萩原優先生は、こんなことを話してくれました。

 

「重病の患者さんは、絶望感や孤独感といった、

 

いわば「愛の欠乏状態」に陥ります。

 

ところが、まれに、残された時間、

 

人生を思い切り楽しもうとする人がいます。

 

例えば、長年の夢だったヒマラヤトレッキングに行き、

 

素晴らしい体験をしてきたと生き生きしている。

 

検査をすると、ガンが消えている!

 

本当にやりたいことをして、自然に治る人が、現実にいるのです。

 

もう一つ。

 

「自分はもっと愛することができる」ということを、

 

自分自身や周囲に教えるために、病気になることがあるようです。

 

これは、前世療法を受けた患者さんたちが、口々に言うことなのです」

 

 

 

 

 

それでは、「みことちゃんの物語」の、続きをお届けします。

 

 

 

 

~~~

 

 

 

 

「みことちゃんと、3つのプレゼント」 ~お空の上で選んだ1つめの試練「病気」

 

 

 

 

みことちゃんは、ベッドの上に横たわっている自分を、空中から見ました。

 

真っ白いシーツ、真っ白いかけ布団、真っ白い天井。

 

「あれっ、ここ、どこだろう」

 

そう思った時に、ママが青白い顔をして、何かを言いながら、泣いているのが見えました。

 

みことちゃんの手を、ママはぎゅーっと握りしめています。

 

すると、今度は、パパが、顔をくしゃくしゃにして、泣いているのが見えました。

 

お姉ちゃんとお兄ちゃんもいます。

 

二人とも、びっくりしたような、引きつった顔をしています。

 

 

 

「みことちゃん、みことちゃん、ママが代わってあげる。戻ってきて」

 

ママはそう叫んでいたのです。

 

 

 

みことちゃんは、強い「たまごアレルギー」を持って生まれました。

 

小さい頃から、アトピーやぜんそくがひどくて、検査してみたら、わかったのです。

 

みことちゃんは、給食でも、たまごを食べないようにしています。

 

「とても強いアレルギーがあります。命に関わります」とお医者さんに、ストップをかけられていたのです。

 

 

 

数日前、パパと一緒に、うどん屋さんに行った時に、

 

いつものようにパパは、お店の人に「たまごは絶対に入れないでくださいね」と頼んでくれました。

 

ところが、何かの手違いで、ナルトの中に、たまご成分が少しだけ、使われていたのでした。

 

大好きな、鍋焼きうどんを食べた後、みことちゃんは気持ち悪くなりました。

 

たちまち、唇が腫れて、喉がふさがって息が苦しくなり、そのまま、みことちゃんは気を失ったのです。

 

 

 

「あ、それで病院に来たってことね。みんなー、わたし、大丈夫だよ。ママ、パパ、おーい」

 

みことちゃんに、「みんなの心の声」が聞こえて来ました。

 

 

「私の命をこの子のために使ってください」

 

 

「パパが悪かった。戻ってきておくれ。

 

神様、この子が助かるなら、私は全てを差し出します。

 

なんでもします。どうか、この子だけは助けてください」

 

 

「みことちゃん! 俺、もうデブだって、からかったりしないよ!

 

本当は、お前のこと、大好きだよ」

 

 

「みことちゃん、わたしの漫画、なんでも貸してあげる。

 

ゲームもずっと自由に使わせてあげるから・・・」

 

 

 

白衣のお医者さんが、汗を拭き拭き、言います。

 

「お嬢さんのショック状態は、もう、とっくにおさまっているんですが。

 

目を覚まさない原因が、わからないのです」

 

 

 

すると、だんだん、お医者さんの声が遠のいきます。

 

家族の姿や、病室の景色がぼやけて、周囲が、まぶしく光り輝いていきます。

 

 

 

なぜか、みことちゃんは、この上なく、幸せな気持ちになりました。

 

 

 

気づいたらみことちゃんは、お空の上にいました。

 

「あれっ? どういうこと」

 

「やあ、やあ、みことちゃん。こうして会うのは、久しぶりじゃの」

 

「あっ、白いヒゲのおじさん!」

 

「うむ。どうだい、地上は楽しかったかい」

 

「え、そりゃもう。毎日、楽しかったよ。もちろん」

 

「そうじゃろうな」

 

「おじさん、とぼけちゃって。私と時々、内緒話してたじゃないの。

 

それよりさ、どうして、鍋焼きうどんの卵のこと、教えてくれなかったのよ」

 

「あ、忘れちゃったのかい。ここで一回、こっちにくる予定になっていたじゃないか」

 

「え!? そうだっけ」

 

「やっぱり、みことちゃんも、忘れてたのか。

 

どうするかい、これでもう、こちらに戻ってくることもできる。

 

それとも、また、地上に行くかい。どっちでもいいんだよ」

 

 

 

白いヒゲのおじさんは続けます。

 

「どんな人でも、今回の人生の中で、

 

もうお空の上に戻るか、それとも、

 

だやりたいことがあるから地上で生き続けるかを、

 

少なくとも数回、選択しているんだよ」

 

 

 

「ちょっと、ちょっと、ちょっと!」と言って、

 

みことちゃんは、雲の上から、地上を見下ろします。

 

 

 

すると、泣いている家族が見えました。

 

そして、パパ、ママ、お兄ちゃん、お姉ちゃんの、

 

心に光を当てて、みんなのいくつかの未来を見わたしたのです。

 

 

 

「もう、戻るに決まってるじゃない! みんな、待ってるし、

 

わたし、やりたいことがいっぱいあるんだからね!」

 

「そういうと思ったよ。どっちでも選べるんだけどね。

 

これからいよいよ、ちょっと、大変なところに入っていくけど、覚悟はできてるかい」

 

 

 

みことちゃんを見て、ニコニコしながら話している、

 

白いヒゲのおじさんの姿は、だんだん、

 

見上げるほどの巨大な光の姿に変わっていきます。

 

「では、帰る前に、いいことを教えてあげようか」

 

「うん!」

 

そう答えながら、みことちゃんは、自分自身も、

 

大きな暖かい光になっているのを感じました。

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

~~~

 

 

このお話には、続きがあります。

 

ちょっと短めですが、今日はここまでにしますね。

 

みことちゃんの選んだ、1つめの試練は、「病気」でした。

 

みことちゃんはここで、地上に戻る選択をしました。

 

これから経験するのは、もう1つの試練「両親の離婚」です。

 

みことちゃんは、大好きなパパとママが、これから離婚することを知っているのです。

 

それでも、家族のみんなと一緒に乗り越えて、その先へ行くことを決めたのですね。

 

「病気と健康」はこれからも、みことちゃんの人生に、形を変えて何回も現れてきます。

 

それは自分の病気のこと、だけでありません。

 

ママの苦しみ、パパの苦しみ。みことちゃんの両親は、

 

自分自身で、その苦しみを光に変えるという、

 

「光の使命」のまっただ中にいます。

 

でも、みことちゃんは、その手助けすることを決めているのです。

 

みことちゃんは、「病気の五大原因」とその対策を、

 

白いヒゲのおじさんから学んでいくことになるでしょう。

 

その先には、みことちゃん自身が、人生をかけてやりたいことが待っています。
 

 

 

 

前述の医師、萩原優先生は次のように語ります。

 

「前世療法で、催眠状態になっている時に、

 

患者さんは、お空の上でのことや、

 

過去生を思い出すだけではなく、

 

精霊、守護霊、ハイヤーセルフ(大いなる自分)と出会うことがあります。

 

その時、その存在は、必ず「愛と光に満ちた言葉」を語ります。

 

「心配しなくて大丈夫です」

 

「あなたは限りなく愛されています」

 

「あなたはもっと愛することができます」

 

「本当にやりたいことをやってください」

 

「あなたは愛そのものです。光の存在です」

 

すると、患者さんは孤独感が消えます。愛の欠乏状態から解放されます。

 

自分が愛に包まれていること、愛の存在だと気づきます。

 

自分を深く愛することができるのです」

 

 

 

 

ということは、、、

 

あなたや私が、誰かに(または、自分自身に)、真心からの、

 

「本当の気持ち」を伝えてあげることは、偉大な癒しにつながるのですね。

 

 

「あなたを愛しているよ。

 

心はみんなつながっているよ。

 

あなたが本当にやりたいことを

 

思いっきりやっていいんだよ」

 

 

真心から愛を伝えることの奇跡は、計り知れません。

 

そして、本当に自分らしい道を歩むことが、誰にとっても、最高の癒しになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

胎内記憶をもつ子どもたちは、次のように語っています。

 

●子どもが、この世界に生まれてくる理由

 

1)子どもは、親を選んで生まれてくる。親を助けるために生まれてくる (特に母親を助けるために)

 

2)子どもは、マイナスの連鎖を終わらせるために生まれてくる(闇を光に変えるために)

 

3)子どもは、自分自身の人生の目的を達成するために生まれてくる。

 

親だけでなく、みんなを幸せにするために生まれてくる(地球を愛で包むために)

 

 

 

 

 

この物語の続きは、またこのブログで発表していきますね。

 

奇跡的に出逢ってくれた、現在のパートナーの田宮陽子さんが励ましてくれて、

 

また、一緒に考え、書いてくれたおかげで、このお話をこうしてブログに出していくことができました。

 

田宮さん、本当にありがとう。

 

 

 

 

お読みくださったあなたに、ありがとうございます。

 

ご感想や胎内記憶のエピソード、もしよろしければ、コメントなどでお寄せくださいね。

 

 

 

 

もしあなたが、自分がやりたいことがあるのだとしたら、

 

それは、あなたがお空の上で決めてきたことです。

 

僕はそれを全身全霊で応援しています。

 

すべての息子たち、娘たちが、自分自身の道を歩めますように。

 

 

今日も命にありがとうございます。

 

西田普

にしだあまね

 

●お話の続き

「あなたがお空の上で、決めてきたこと」3

 

 

●みことちゃんの物語の続きをアップしました

「あなたがお空の上で、決めてきたこと」

1)わたし、あの人にママになってほしい!

2)お空の上で選んだ一つめの試練「病気」

3)命はみ~んな、つながっているんだよ!

4)白い犬が教えてくれた、とびきり元気になるコツ

5)あなたの魂は、どんな困難よりも大きい!

6)あなたのハートは、最高の未来を知っている!

7)「お空の上で決めたこと」をあなたが忘れてしまった理由

8)「心に咲く花」を育てると、夢は勝手に叶う!

 

 

 

*みなさまからお寄せいただいた、胎内記憶の体験談

胎内記憶の体験談1
胎内記憶の体験談2

胎内記憶の体験談3

胎内記憶の体験談4

胎内記憶の体験談5

胎内記憶の体験談6「本当に大切なこと」は魂が覚えていてくれる

胎内記憶の体験談7「幸せって、自分で作るもの」

胎内記憶の体験談8「今回の人生でも音楽がやりたい!」〜前世、音楽家だった少年

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

コメント(10)