もっと小金井市を、おもしろく。~白井亨(小金井市議会議員)blog

第一子誕生をキッカケに地域に目を向け色んな「縁」のおかげで地域に生きる“日常の豊かさ”を実感。小金井市を持続可能なおもしろいまちにするため、2013年市議会議員初当選。2015年12月市長選挙に出馬も惜敗。2017年市議選でトップ当選、再び市政の最前線へ。


テーマ:

ご報告が遅くなりましたが、10月30日(日)15時から開催した、こがおもツキイチ勉強会「なぜ、6施設複合化はゼロベースへ転換したのか?」は、私を除いて13名の方に参加頂きました。市内でイベントが重なっていたので、参加者は少ないかなぁと思っていましたが、こがおもメンバー6名+その他7名の方にお立ち寄りいただき、情報の共有と意見交換をすることができました。「チラシを見て気になったから」と参加いただいたご新規の方が1名いらっしゃり、嬉しい限りです。こうやって地道に1人ひとりにできるだけ適切な市政の現状をお伝えし、意見を吸い上げていきたいところです。実に、その方からまた違った視点からの貴重なご意見・ご感想をいただきました。

 

 

このイベントを立てた折から正直なところ「なぜ?」と問いかけながらも、この筋の通らないゼロベース化については全く解説ができない状況であり、経緯と論点を説明することしかできず悶々とした感じではありました。

 

 

これまでの新庁舎や新福祉会館建設計画の経過から、10月4日のゼロベース発言まで改めて一通りお話をすると、意外に多くの方がこれまでの経緯をご存知ないようなのです。1万人市民アンケートを経て蛇の目工場跡地に庁舎を建てる市民的合意を経た新庁舎建設基本計画が既に存在することや、旧福祉会館のH23年3月の耐震診断結果からの右往左往、H27年9月に新福祉会館建設の基本設計委託料が議会で可決されたことなども…。

 

 

上記は10月23日に小金井市議会初の議会報告会で各会派から述べられた意見をわかりやすく表に整理したものです。

 

そして以下は、5月に西岡市長が「福祉会館との複合化を優先する」との方針転換したことで議会の妥協と合意が進みつつあったことをわかりやすく図にしたものです。市長選の公約だった4機能6施設複合化から福祉会館に絞った2機能複合化へ転換、公約撤回は別としてコレが落とし所かと納得もありました。元プランに殆どの会派が難色を示し実現性に懐疑的だったものの、2機能複合化へ転換したことで複合化を支持する会派も増え24名中15名の賛成までもってきた矢先のゼロベース発言だったのです。

 

 

参加者からは「ハコモノの形ありきで中身の議論がないことに違和感がある」「議会報告会での各会派の意見はただの主張に過ぎず残念」「もう新庁舎の検討は30年以上経ってるので議論は尽くしているはず。反対意見もあるだろうが腹を括って進めるべき」などの意見もありました。いずれも納得のものですね。

 

どうも「福祉会館」といえば旧福祉会館と同様な施設を作ろうという発想になっているのですが、これまでと同様の機能にとらわれる(誤解のないように付け加えておくと、一応旧来のものよりさらに高齢者福祉の機能を幾つか集約した少しだけバージョンアップした施設の計画として考えられています)のではなく、これからの人生100年時代に本当に必要な機能がどういうものかという視点が不足していると感じています。

 

ただし、旧福祉会館の定期利用団体の方をはじめ憩いの場がなくなったことで、活動を停止したり交流が減って困っている方がたくさんいるのも事実です。

 

また、林議員のfacebookには以下の投稿がありました。

 

 

ここまで「ゼロベース」に戻すのであれば、複合化が実現するとしてもかなり先になってしまうことが予想されます。新福祉会館は複合対象にしたことで庁舎とセットで整備がどんどん先延ばしになっています。であるならば、新福祉会館機能だけに限定していうと、緊急的に整備すべき機能だけを切り分け、長期視点で構えられる時間を使って人生100年時代に必要な福祉施設を設計しなおすことも重要な考え方ではないかと思います。

 

まずは旧福祉会館の跡地に、活動の行き場を失った団体の活動場所や交流スペースに限定した仮設の「場」を早急に整備する、というのも1つのアイディアです。

 

その話の流れで参加者から述べられた「旧福祉会館はいち早く取り壊さないとまずいよね」というのもごもっともでした。耐震診断の数値が低すぎたため、その危険性から議会で「いますぐに使用停止にすべきだ」と諭され市は閉鎖を判断したのですから…。今のままでは下手すれば大規模地震発生の際に周辺に危険が生じる可能性もあるので、まずは取り壊しに取り掛からないといけません。

 

参加者の方からは後日「都市の魅力」に関する情報リンクをいただくなど、逆に私も教えていただくことも多く、有難い限りです。もっと勉強しますね。

 

しかし、本当は西岡市長がこのように多様な一般の市民から声を聴く機会を設けるべきだと思うのですが…。

 

 

 

【ご意見・お問い合わせなどなど】
■Twitter= https://twitter.com/shirai106
■mail= kogaomo@gmail.com
■白井とおるホットライン= 080-7006-8964
■こがおもWebサイト= http://kogaomo.com/
■facebookページ= http://www.facebook.com/kogaomo
■facebook= http://www.facebook.com/shirai106
※facebookの「友達申請」は基本的にリアルにお会いした方を対象としておりますが、その限りではありません。ご面識のない方でも併せてメッセージを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

shirai106さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります