トロントより、おはようございます。

 

雷雨注意報が出ています。

今晩、ゴロゴロと来るようです。

いやア~、夏です!

やっぱりこうでなくちゃ!

 

でもその後はまた10度台の気温に戻り、今週末の3連休も中日の日曜日は雨のようです。

せっかくドライブにでも行こうと思っていたのに。(もちろん、釣りも)

 

カナダは今年建国150周年。

それを記念した式典や出版物もたくさん出ていますが、今日の新聞に王室カナダ造幣局 Royal Canadian Mintが、限定記念流通コインを出すという広告が出ていました。

上から

Dance of the Spirits (World's first glow-in- the-dark circulation coin) 2ドルコイン(何!世界発の流通コイン!!)

Connecting a Nation 1ドルコイン

Hope for a Green Future 25セントコイン

Living Traditions 5セントコイン

Wings pf Peace 10セントコイン

 

これらは、すべて流通コインですので釣銭から入手するチャンスもあります。ただ流通枚数が限定ですので、全部揃うかどうか。

どうしても欲しい人にはこんなパッケージも。

でも、ちょっと待って!

流通コインということは額面通りの金額j価値。

この5枚全部合わせて、$3.40

それを$19.95で売るってか!

(それでも、買ってしまうかも、、、)

 

今日の話題は、トロントの夏の風物詩イベント CNE

 

Canadian National Exhibition CNE

 

今年の開催は、8月17日から9月4日

このイベント、毎年150万人の入場者があり、カナダで最大、北米でもトップ5に入る規模だそうです。

1879年に農業産業祭として始まったイベントで、トロントの夏の風物詩となっています。

わが家も子供たちが小さいころは、お世話になっていたカナディアンのおばあちゃんに連れていってもらったものです。

 

最近は、このイベントに出る特別メニューが話題になるくらい、食べ物に人気が集まっています。

 

入場に当たっては、これまで障害者の人は入場無料のFree Passがありました。

しかし、CNEではこの障害者フリーパスは今年2017年で最後とすることを決定しました。

 

酷いじゃないか!

と思いきや、こうした背景と戦略があるようです。

 

CNE Advisory Councilが改善に向け6つの提案を出しており、その中の一つに、アクセスの改善がありました。

車椅子などでのアクセスを改善によって、障害者の人も健常者と同様に楽しむことができるようにするとのこと。

 

議論に当たって、障害者の人の中には通常料金を払えない人もいるのでは、との経済的な理由を上げた人もいたそうですが、大半の方は払ってもらえると判断。(障碍者だから経済的に貧しいとは言えないという判断)

 

しかし、まったくの経済的配慮がなくなるわけではなく、Access2 Entertainament card(なにやらわかりませんが)を持つ人には50%の割引、付き添いの人は無料となるそうです。

これは、トロント動物園などの料金体系と同じ。

 

また、2018年には、経済的に普通料金を払えない人たちに向けて、Centre for Addiction and Mental Health, United Wayなどの慈善団体を通じ、2万枚の無料チケットを配布する予定だそうです。

 

目的は、CNEを楽しむ文化を創造すること。

 

伝統の夏のイベントです。

トロントの文化としてもっと定着して欲しいものです。

特に最近移民してきた家族、難民家族には楽しんでもらいたいですね。

 

====

ブログランキングに参加しています。

下のバナーにポチッとしていただけるとポイントがつきます。ご支援お願いいたします。

カナダ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ にほんブログ村

AD