#2 G1 Knowledge Test

この記事は、「G免許までの道のりシリーズ」の第2段です!初めましての方は、ぜひこちらからどうぞ^^

 

 

 

 

 

 

今回は、予告した通り

Knowledge Testについて説明します!

 

 

 

 

 

_________________________

 

 

このテストは、

 

道路標識についての問題が20問

交通ルールや対処法についてが20問

 

の合計40問からなっています。

制限時間はないのですが、合格するには

 

 

それぞれ80%、すなわち、それぞれ16/20問以上

 

 

正解しないといけません。

 

合計80%以上でも片方が足りてないと、不合格になるので注意してください!

 

例えば標識問題が100%、交通ルールが70%の合計85%でも、

80%以下があるので不合格となります。

 

 

私も初めは間違って覚えていて、最終確認をしていた時に初めて気づきました…

ふぅー、危なかったー(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このテストを受けるには、この教科書を買ったほうがいいです。

 

 

the Official MTO Driver's Handbook 2017 (Ca$14.95+tax)

 

 

 

交通ルールに関してのページ

 

 

道路標識に関してのページ

 

 

 

 

この本は、オンラインストア、DriveTest Centre、ローカルストアのいずれかで購入することができます。

 

ですが、ローカルストアでお目にかかったことは一度もないですし、DriveTest Centreに買いに行くと整理券を貰ってわざわざ並ばないといけないので、オンラインストアで買うのが無難かな?

 

でもまあオンラインはオンラインで手続きが面倒くさいのでどっちもどっちなのですが…

 

 

 

ちなみに私の教科書は誕生日プレゼントに貰ったもので、DriveTest Centreで並んで買ってきてくれました笑 ありがとうございます笑

 

 

 

 

 

この本が手に入ったら、とりあえず読みましょう!

 

Part1、特にchapter1〜4はよくよく読んでおきます。

 

意外と細かいところまで問題は出されますが、一般常識的な部分もあるのでそこまで読みにくかったり、覚えにくいことはないです。

 

あと普段使わない英単語とかが出てくるので注意!

でも文脈と基礎知識でだいたいわかるので、そこまで構えなくても大丈夫でした。

 

 

 

 

 

教科書自体にも確認問題が8問ついているのですが、交通ルールだけですし、8問だけじゃ不安だったので、もっと問題ないかなと調べてみると、Online Practice Testがたくさんありました。

(またまた登場しました、Linkです笑 ご活躍を…)

 

 

このサイトには、12種類ものテストがあるので、めちゃくちゃ役に立ちます!

 

テストと同じ形式の40問テストが5つほど、マラソンと言って200問のテストや、各分野に特化した問題など、いろんな種類が揃っています。

 

 

ちなみに私はこれらの問題を全て解きました。とても時間はかかったのですが、問題量がえげつないおかげでたくさん練習できました笑

 

あとこのサイトには間違えた問題を覚えていてくれる機能があるので、あとでまとめて解けるのでとても便利です!

 

 

Knowledge Test を受ける方には、このサイトを強くお勧めします!!!

 

 

 

_________________________

 

 

次回は、実際に私が受けたテストについてかきます。

テスト形式やその場で行った手続きなどを紹介しますね^^

 

 

 

 

*私が免許を取ろうと思った時、日本語の情報が少なくてとても不安でした。なので、少しでも多くの人の役に立てればいいなと思って私の経験や自分で調べたことなどを書いています。説明不足や、他に説明して欲しいところがあれば、コメントください、知っている限りでお答えします!

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

NEWランキング始めました!

 

ブログに関してのご指摘、書いて欲しいこと、

リクエスト、質問などがありましたら、気軽にコメントください!

読者登録、ランキングもよろしくお願いします!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ

AD