スキルアップしてプロの登録販売者になろう!

このサイトは薬種商(登録販売者)として20年以上、医薬品販売の現場で働いてきた管理人が運営している登録販売者たちの意見交換・情報交換・スキルアップのためのサイトです。私と一緒にプロの医薬品登録販売者を目指しましょう!

ベル8月に東京で開催した講座のダイジェスト版をYouTubeにアップしました。

1分強の短い動画ですが、講座の雰囲気などは伝わるのではないかと思いますので、参加しようか迷っている方は、ぜひご覧になってみてください。


テーマ:
こんにちは。登録販売者講師の仲宗根恵です。

8月に入って非常に忙しく、ブログの更新がまったくできていませんねあせる

すみません。

ここ数年間の中で、もっとも忙しい一か月でしたが、やっと少し楽になってきました。9月からは通常通りのペースに戻れそうです。

さて、今日は8月の2回目のメルマガ配信の日ですので、このあと配信させていただきます。

前回まで持病のある人への対応について書いていましたが、接客全般で必要になってくる「病態の知識」について、どんな風に掘り下げていけばいいのか書いてみました。

漠然と勉強をするよりも、何を学習するのか?、目的をもって調べると身に付きやすいです。

Q&Aコーナーでは、

・ボラギノールとプリザエースの違いって?

・顔の皮膚炎の痒みには?


この2つのご質問にお答えしています。


●メルマガの読者さんには無料でメールサポートを行っています。

他の読者さん達にも役に立つ内容のご質問は、メルマガに掲載して、みなさんで共有していきます。(もちろん、氏名等は伏せますのでご安心を。)

※公開して欲しくない質問の場合は、「公開不可」とご記入下さい。

お薬に関する疑問やご質問を、お気軽にお寄せくださいネ。


合格後が本当の試練です!登録販売者メルマガの購読申し込みはこちら


※登録したのにメルマガが届かない!という方や、メルマガを第1号から読みたい!という方は、下記のフォームからご連絡くださいね。(auやソフトバンクの携帯アドレスは、仕様によってメルマガが届きにくい傾向があります。出来るだけPCメールアドレスでご登録ください。)

お問い合わせはこちらから>>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。仲宗根です。

暑い日が続いていますね。私の仕事は特に定休日などありませんし、夏休みもありませんが、ここ数日はネット環境のないところで過ごしていたので、必然的に仕事が減り、のんびり過ごしていました。

また明日からいつもの仕事モードに戻ります。

さて、明日は8月のメルマガ配信(1回目)ですが、今回も引き続き持病のある人への対応について書いてみました。

今回は、私の実際の接客事例をもとに、糖尿病の治療を受けている人の対応経験を書きました。

持病のある人の場合、市販薬との飲み合わせの他にも注意しなくてはならないことがあります。

登録販売者には必要ないと思われがちな、、、病気に関する知識です。

持病があってもなくても、やはりそこは大事な部分なんですよね。


Q&Aコーナーでは、

・ヘルパンギーナと思われる症状の対処法は?

・店舗管理者がやるべきこととは?


この2つのご質問にお答えしています。


●メルマガの読者さんには無料でメールサポートを行っています。

他の読者さん達にも役に立つ内容のご質問は、メルマガに掲載して、みなさんで共有していきます。(もちろん、氏名等は伏せますのでご安心を。)

※公開して欲しくない質問の場合は、「公開不可」とご記入下さい。

お薬に関する疑問やご質問を、お気軽にお寄せくださいネ。


合格後が本当の試練です!登録販売者メルマガの購読申し込みはこちら


※登録したのにメルマガが届かない!という方や、メルマガを第1号から読みたい!という方は、下記のフォームからご連絡くださいね。(auやソフトバンクの携帯アドレスは、仕様によってメルマガが届きにくい傾向があります。出来るだけPCメールアドレスでご登録ください。)

お問い合わせはこちらから>>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。登録販売者講師の仲宗根恵です。

毎日暑い日が続いていますね。早いもので、あと2日で7月も終わります。受験生のみなさんはラストスパートをかける頃だと思います。

さて、今日は、資格者の個性や接客の本質について、少し書いてみたいと思います。

先日届いた新人さんからの質問メールで、

葛根湯はお湯に溶かしてのむべきですか?、それとも溶かさずにお湯で飲んだほうがいいですか?

という質問がありました。

職場のA先輩は、「葛根湯の粉末をお湯に溶かして飲むと効果が高い」と言い、B先輩は「粉末を溶かす必要は無い、お湯で飲めばいい」と言っているんだそうです。

で、私に「どちらの言ってることが正しいですか?」と質問してくださったわけですが、、、

これ、、、

どちらも間違っていないですf^_^;

というか、どちらでもいいです。

葛根湯は風邪の初期で寒気の強い人が飲むものですね。そういう時って温かいものを欲してると思いますし、当然ですが温かい飲み物の方が体が温まると思います。

あらかじめお湯に溶かしておくと吸収も早いと思いますし、薬の効き目も早く出ると思います。

でも、お湯に溶かして飲むと、漢方薬独特な香りや味が苦手な人はちょっと辛いですね。

苦手な人はお湯に溶かすのではなく、お湯でサッと流しこむようにすると良いと思います。飲む人の好みやニーズに合わせて、アドバイスできればいいのかなと思いますね。

葛根湯の効果を最大限に引き出し、体を温めるのが目的で、お湯に溶かすのはそのための手段の一つです。

その手段は、「知恵」のようなもので、資格者によっても考え方が違うことはよくあります。資格者のこれまでの経験に基づくものですから、個性でもあると思います。

接客全般に言えることですが、正解は一つではありません。

どっちが正しいの??と悩むより、もっと柔軟にこんな考え方もあるんだな~と参考にしていけばよいのではないでしょうか。

目を向けるべき箇所はどこなのか?、臨機応変に、枠にとらわれず、本質を見極めることができるといいですね。


余談ですが、、、

先日、捻挫をしてしまった私は、アイスノン雪枕を足首に巻いて、患部を冷やしていました。

アイスノン雪枕 捻挫

本来は、額に巻いて頭を冷やす商品なんですけどね。

アイスノン雪枕


カチカチに凍らないから患部に当たっても痛くないし巻きやすい、マジックテープがついているから、頭以外のいろんなところに巻けて、すごく便利です。ずっと手で押さえてなくてもいいですし。

これも、目的は患部を冷やすことで、アイスノンは手段の一つ。

商品を知ってると、いろんな使い方のアドバイスができますよ~ニコニコ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)