あ〜忙しい

テーマ:
シーズントライアルが終わった、
と思ったばかりなのに、
グリコセブンティーン杯を
ランクシーカーでライブでしょう。

BSではNHK杯をやってるし、
NBFの東日本選手権の速報も気になる〜

あ〜ぁ、
眠れないぞ〜!
AD

うすうすは

テーマ:
感じてましたよ。

でも、
見て見ぬふりをして、
気付く事を拒んでるだけだと・・・

いや、
うすうすは、じゃなく、
ハッキリと分かってましただな。


これじゃあ、
何がって話しですね(^o^;

もちろんボウリングですよ。

先日のNHK杯を見てて思ったのですよ。

仮説と検証が大事だとか言ってるけど・・・
ラインがどうこう言ってるけれど・・・

それらはもちろん大事なんだけど・・・

もう時代は変わってるんですよってね。

私みたいなオジサンのボウリングは、
とっくに時代遅れです。

オジサンのボウリングを極めて・・・

そんな風にも思ったりしたけど、
それも取り残された者の遠吠えだなぁ(;一_一)

次元が違うんだから、
足掻いたところで、
どうしようもないですわねΣ(´∀`;)
AD

昨日の

テーマ:

日本テレビで放送された

究極の〇×クイズSHOW

 

この中で

姫路プロと村田雄浩さんとの対決

 

勝負がどうこうとか、

勝敗がどうこうなんてどうでも良い事でして・・・

 

2フレーム目の村田さんの投球

結果は見事なストライクでした。

 

3フレーム目の③‐⑥のカバーの時。

 

4フレーム目のストライクの時。

 

5フレーム目のストライクの時。

 

そして、

姫路プロの6フレーム目のストライクの時。

 

7フレーム目の7本カウントの時等々

 

かなりの投球の時に、

レーン上のオイルを、

オイルに触ってる時のボールの動きが、

かなり鮮明に映ってましたね。

 

それがとっても良かったなぁ~(-^□^-)

いつからだろう

テーマ:
ボウリングをしてる人と話してると、
「同じ所を通せないから・・・」
と言われる事があります。

先日も、
私から見たら、
かなりのレベルのボウリングをしてる、
チョット昔のお姉様から言われました。

一言二言、話してる中での事でしたので、
「毎回同じ所を通せる人なんて居ませんよ」
とだけ言っておきました。

でも、
「同じ所を通せないからこそ
 レーンが読めるんですよ」と、
付け加えるべきだったと思ってます。

まあ、
また会う機会はあるでしょうから、
その時で良い事なんですが(^^ゞ

それにしても、
私自身、
この言葉を言ってた記憶が無いんですよ。

記憶力みたい乏しい私の事ですから、
言ってたのかも知れませんが(^o^;

そうだとしても、
言わなくなったのがいつ頃だったのかさえ、
全く記憶に無いんですね。

それに、
昔の仲間達も言って無かったかも・・・

って事はですよ、
この言葉はいらないし、
ある種のバロメーターになるのかもしれませんね。

なんとも

テーマ:

さっきまで
インストラクターさんの練習会に行ってました。

 

何かの役に立つかなと思い、

全ての投球で、

立ち位置と狙ったスパットを記録し、

結果からの仮説と検証を試みました。

 

投げる前は、

かなりの癒し系なのは理解してたので、

特に問題は無いだろうと思っての開始です。

 

まずはスコア

X⑧-9/8/X9/⑧1⑧18/8/        159

 

1投目

立ち位置21枚目スパット9枚目

なんとなく転がしただけのボールは、

なんと、裏まで行ってしまってのストライクでした。

 

ここでの仮説は、

遅いと思うわけだから中に寄るっきゃないなぁ、で、

かなり寄った方がよさそうだなって思ってました。

 

2投目

立ち位置23枚目スパット8枚目を通ったボールは、

ど真ん中で⑦‐⑩のスプリット。

 

もっと寄れってかぁ、で、

 

3投目

立ち位置25枚目スパット8枚目を通過したボールは、

厚目の④番ピン残り。

 

じゃあもう少し中に寄れってことだから、

でも、ここまで中に立つとスパットまでが遠くなるだろうから、

内側にはオイルがあるだろうから、

スパットを中目に変えて投げる方法もあるなぁ、で、

 

4投目

立ち位置27枚スパット12枚目を通過したボールは、

厚目の④⑥残り。

 

チョット内ミス気味に投げてしまったけど、

えっ!ここもオイルを感じないのかなぁ・・・

 

しょうがない、

試す意味も込めて、

もう少し中からにするか、で、

 

5投目

立ち位置28.5枚目スパット10枚目を通過したら、

ストライク

 

とはいえ、

これは完全にスパットミスだし、

出し過ぎだと思ってるので、

もうちょっと中の12枚目を通した結果が知りたいので、

 

6投目

立ち位置28.5枚目スパット12枚目を通過したボールは、

チョイ厚目の④番残り。

 

しゃあない、もう一枚中に立つか、で、

 

7投目

立ち位置29.5枚目スパット12枚目を通過したボールは、

薄めのバラバラストライク。

 

じゃあ、立ち位置を半分右にして、

10枚目を通った時にポケットだったんだから、

そこへ狙って投げれば良いのかもね、で、

 

8投目

立ち位置29枚目スパット10枚目を通過したボールは、

⑤‐⑦の薄めのスプリット。

 

なんだか変だなぁと思いつつ、

もう一回同じところを通してみようと思って、

 

9投目

立ち位置29枚目スパット10枚目を通過したぼーるは、

④‐⑤のスプリット。

 

あかん!

これじゃあだめだよ!

また試しで28枚目に立ってみるか、で、

 

10投目

立ち位置28枚目スパット10枚目を通過したボールは、

⑥‐⑩の厚目

 

なんだかはっきりしない結果ですし、

投げてる途中で思ったのは、

これは外から削ってなくて、

10枚から15枚目の間を投げてたんだろうなって思ってました。

 

その後、

このままじゃ打てないレーンで終わっちゃうので、

外を削ってから中に入ろうと思ってみたり、

内側に合わせるラインで投げてみようとか、

いろいろ試すもこれってラインが定まらず、

どうにもまいったなぁって凹む寸前まで行ってしまいました。

 

私の悪い癖なのですが、

先の何枚目が動くのかを、

はっきり見ない傾向があるんですね。

 

だから手前のスパット中心に考えてしまうのです。

 

で、少し頭を冷やす意味で、

少しゆっくりこれまでの結果を考えたら、

引き出しの奥の奥に!

 

この時までの結果で、

内側に合わせるラインは、

立ち位置31枚目スパット14枚目でした。

 

でも先が9枚目にかかると薄めですし、

もしかすると抜けてしまうかもと感じてました。

 

外は7枚目に触ると手前から曲がるのも確認済、

8枚目も少しは曲がるとも確認済。

 

ということはですよ、

8枚目より外に持って行ければ、

戻っても来るんじゃないかってね。

 

ただしです、

普通に投げたら戻って来ないのも確認してましたから、

少しスピードを落として8枚目まで出してあげれば、

きっと戻って来てくれるラインになるだろうし、

14枚目付近から感じる内側のオイルも使えるかもって・・・

 

この考えに行きつくまでに時間が掛かりましたσ(^_^;)

 

で、立ち位置31.5枚目

スパット13枚目先は8枚目狙いで投げたら、

9/XXX9/9/XXXXX9       257

 

なんとかなりましたが、

あまりに奥に仕舞いこんであったので、

取り出すのに時間が掛かったって、

ヘボまる出しでした(^o^;

 

転機

テーマ:
人生においても何度かありましたが、
ボウリングでも、
記憶している大きな転機が、
二度ほどありました。

その昔、
久しぶりに昔の仲間.・・・

トリオで組んでいた友人でしたが、
訳あって、
しばらくの間ボウリングからは遠ざかってた友人です。

その友人は、
頭が良くて、
ボウリングのセンスはピカイチ。

アマチュアなのに、
ジャパンオープンに出場した際に、
なんであいつはプロのワッペンを付けて無いんだと、
プロ協会のお偉いさんに言われる逸話の持ち主!

そんな、
誰もが一目置く存在の友人との話しです。

普段投げてるセンターではなく、
その友人が投げに来られそうな、
チョット遠くのセンターで、
復帰させようと一緒に投げた時の事。

私は自分が投げ易い所を優先して、
外にオイルを感じていながらも、
内側にラインを引いて投げていました。

ただ単に、
その友人にイイカッコをしたいばっかりに、
スコアを獲るだけの為に、
厳しいと感じるラインを選んでたのです。

この時は数名で行ってたので、
2ボックスを借りて、
互いに違うボックスで投げてました。

たぶん2ゲーム投げて、
ボックスを交換して間もなくだった時、
その友人が発した言葉が、
「なんで外から投げてないんだ」
「全国行ったら、
 みんな外からキレイに削って来るぞ」と・・・・

ここまで強い口調だったかは定かではありませんが(^^ゞ

まだまだ未熟だった私は、
ただただ笑って誤魔化すしか、
その場をやり過ごす術を持たずだったかと・・・

しかしです、
その言葉が、
私には深く刺さって来てました。

それ以来、
出来る限り、
外から投げてオイルを削ろうと、
そうして来たのは言うまでもありません。

おそらく、
その友人は覚えて無いだろう事ですが、
今の自分を作ってくれた転機の一つです。

この気付きをくれた友人とは、
今でも親しくさせてもらってます(^^)v




これが大事

テーマ:
いつもと同じ所を投げて、
何かが違うと感じる。

それが、
外にミスをしたとして、
いつもならヘッドピンに当たらないのに、
なぜか今日はヘッドピンに当たるとか・・・

そんな、
微妙なレーン上の違いを感じられたら、
それがレーンとの会話の糸口に(^^)

オイルが有ると曲がらないし、
オイルが無いと曲がる。

基本はこれだけ!

そして、
点数が出やすいのは、
外にミスしても戻ってくれるし、
内にミスしても真っ直ぐ行ってくれる時。

そういう場所を探すのがボウリング!

点数を出せるのは、
そういう所を探したからの結果でしかなく、
重要なのは、
そういう所を探す過程なんだと気付くべき。

冒頭の例で上げた、
外にミスをしたけど戻って来た、
これからでも分かるように、
投げミスからしか分からない事。

毎回同じ所なんか通せないからこそ、
レーンがモノを言いだす訳で、
その言葉を聞き逃さないようにすれば、
それだけでOK(^^)v

投球制度が悪いからと言って、
レーンと会話出来ないのでは無く、
投球制度が悪いのを、
単純に言い訳にしてるだけ。

投球制度が悪いなら、
投球制度を上げられるようにすればいいだけ!

と厳しい言葉だけど・・・

投球制度が悪いからと言っても、
毎回違う所を通してたとしても、
同じような所を通る事はあるはず。

何かが違うと感じた原因を、
投げ方じゃないとしたら・・・

そう思うようにしたら・・・

そこから導き出される答えは・・・


私のボウリングを始めた頃を思い出すと、
そんな風に考えていたような気が(^o^;



優しさ

テーマ:
先日から一緒に投げてる、
我がセンターから、
国体予選に出場している女子選手。

本人は気付いて無いか、
照れからかは微妙ですが、
かなり旦那様は支えてるんだなと、
旦那様と話してると感じちゃいます。

例を上げますと、
新しいボールが欲しいと、
センターの方に、
選手から話しが有ったと聞いてました。

実はこのボール、
私も欲しいと思い、
秘かにセンターにお願いしておりました。

けれど、
発売したてなのに、
在庫は無いかもと言われてたボールでした。

なかなか凄いボールに目を付けるなぁと、
正直、チョット驚いてました。

で、そのボール、
実は、
旦那様が買いなさいって言ったそうなんです。

ちなみにですが、
旦那様もボウリングをするんですよ。

なのに、
自分の為じゃなく、
奥様の為にですよ。

夫婦で話してる所を見てると、
旦那様の口調が、
時としてキツく感じる事もあったり・・・

典型的な日本人男性なんでしょうね。

内に秘めた優しさを悟られまいと、
ついついキツく言ってしまってる的な!

一番のファンであり、
一番の理解者である旦那様の想いに、
嬉しくなったオジサンでした(*^。^*)