こんな話しを

テーマ:
最近
レーンの板目に沿って投げられる様になったのに、
今月のレーンではそれが難しい・・・と

これはね、
なんの変哲も無い他愛のない話しにも感じますが、
実は、
かなりの問題点が隠されていたりする事にお気付きでしょうか?

この話しを聞いた私は、
ボウリングで真っ直ぐに投げるのは、
かなり難しいですからね〜と、
本質からズレた言葉を発してました(・・;

どうせ解らないだろうし、
解かろうともしてくれないだろうと、
勝手に判断しての事なんですが、
ちょっと反省の意味も込めての記事です(^^ゞ

私の中では、
投げる所(ライン)は、
レーンがそこを投げなさいと言ってる、
そこを投げるんだけなんです。

言い方を変えると、
そう感じるから、そこを投げる。

だから、
クロスで投げてても、
変化したと感じれば、
真っ直ぐや出しのラインにもなるはず。

つまり、
「真っ直ぐ投げたい」は間違いだって思うんです。

も少し言えば、
真っ直ぐ投げれないのは、
今のあなたは、
真っ直ぐ投げてはダメですと言ってるともとれるのではないですかね。

ボウリングにおいてのラインなんて、
どれが正解なのかと問われたら、
う〜んと唸ってしまうんですが・・・

その人が感じて選んだラインで、
ラッキーに助けられてるのではなく、
結果としてスコアが出せてたなら、
きっと誰も文句は言わないと思うんですよ。

好きずきもあるし、
得意不得意もある。

ボールの違いもあるし、
回転だって違う。

だから人それぞれなんだけど・・・

だからこそかな、
自分の感じた事を信じて投げるしか、
その道は無いんじゃないのかなぁ。




AD

そうそう

テーマ:
思い出しました。

以前の記事にも登場したお姉様が、
「今までは投げ方ばかりを気にしてたのに」
「気が付いたら、
 何処を通ってるとかが気になってて、
 投げ方なんて気にしてない自分が・・・」

「練習なんてほとんどしなかったのに、
 忘れない様にと思って投げに来ちゃった」
と笑顔で(^o^)

その昔、
ブログで知り合ったボウリング馬鹿が、
自然と集まってたclubB1

教えた事を理解してもらうのには、
驚きと感動が必要だと、
優秀な仲間から教わりました。

このお姉様には、
3本指の話しからの幅だったり、
出しちゃったけどストライクや、
内ミスでもストライクなどなど、
多少は感動する場面を作れたとは思ってます。

それでなのかも知れませんが、
toroマジックに掛かっちゃうと、
今まで何をしてたんだってなるなんて、
嬉しい言葉を発してくれてます。

でもね、
マジックでも何でもなく、
レーンとの会話をしてるだけで(^^ゞ

こうなってるんだから
きっとこうなるだろうって事が、
たまたま当てはまっただけの事なんですよ(^o^)



AD

おもしろいことに

テーマ:
先月まで楽しそうに打ててた人が、
今月はとっても苦労されてると、
人伝に耳に入って来ました。

先月までと大きく変わったのは、
中目のオイルの量なんですね。

私も初投げでは苦労しましたから、
同じ苦しみを味わっているんだなぁと、
妙に親しみを感じてたりして(^^ゞ

では、
どの位オイルの量を増やしたのかと言うと・・・

これが驚きの1mg

マジでたったのこれだけ!

それなのに、
外に外にと押し出されちゃう。

だから私はくすませて対処出来たけど、
それをしていなかったら、
おそらく同じ様に苦しんでいたでしょうね。

本来なら、
オイルの量が増えたのですから、
当然の様に高低差も激しくなるわけで、
境い目がより鮮明になるから、
打てる筈だと思っていたけど(^o^;

ボウリングはそんなに簡単じゃない事を、
今更ながら思い知らされました(^.^;

とくべつ?

テーマ:
いえいえ
違いますよ〜。

皆んながしようとしない事をしているだけです。

ぶーすけさんからのコメントで、
同じ事が出来ないとありましたが、
この言葉もかなりの人が口にしてます。

それは私だって同じなんですよ。

その証拠が昨日の記事じゃあないですか。

ストライクが続いてるのは、
同じ事をしているからではなくて、
同じ様な事をする事で、
レーンが助けてくれてるだけの事。

誰だって投球精度には誤差があります。

それは私だって同じ。

しかし、
投球精度を上げる事と、
レーンと会話する事は、
同じじゃあないんです。

投球精度が悪いからこそ、
レーンと会話をして、
投球精度の悪さをカバーするんです。

毎回同じ事が出来て、
毎回同じ所を通せるなら、
レーンと会話する必要は無いんです。

どんなコンディションでも、
1本の細いラインは有ると書いたでしょう。

そこを通そうとするのは必要ですよ、
でもそれはまた別の話しです。

皆〜んな上手くなりたいのは一緒です。

そのヒントがレーンとの会話だし、
昨日の記事の事だったりします。

難しいと思わずに、
立ち位置と通過点に到達点、
最低でもこの位は見る様にしてみましょうよ。

そして、
2年後、3年後、
その先にいるであろう皆さんの、
明るい未来を信じてみましょう(^^)v



頭の中

テーマ:

記事を書いてから投げに行って来たので、

一つの例としてその時の感じたままを、

メモしてきたのを頼りに、

思い出しつつ書いていこうと思います。

 

まずは投げだしですが、

前回投げた立ち位置とスパットをを基に、

立ち位置(左足中央)26枚目

スパット10枚目で投げてみるとしました。

 

かるく転がした程度ですが、

極々薄目に行き、

結果としてストライクになりました。

 

これから仮説を立てるわけで、

たぶんちょっと速いんだろうから、

立ち位置を24枚目にして、

スパットは9枚目くらいで・・・

 

そう思って投げたのが、

狙った所から1枚ずれた8枚目を通過、

そしてジャストと思ったら⑩ピン残り。

 

まあ、ジャスト思ったけど⑩ピンだから、

半分立ち位置を右にして23.5枚目から、

8枚目のスパット狙って投げると・・・

 

厚目の残りピンの、

④‐⑦‐⑨崩れの④‐⑦残り。

やっぱりさっきの所で良かったのかの結果でした。

 

24枚目⇒8枚目⇒7枚目でストライク

24枚目⇒8枚目⇒8枚目でもストライク

   チョットの内ミスはOKだなぁ・・・

24枚目⇒6枚目⇒4枚目で薄目のストライク

   あちゃ~出し過ぎちゃってる( ̄_ ̄ i)

   まあストライクだったけど、ここまではダメじゃんね。

24枚目⇒8枚目⇒7枚目でストライク

24枚目⇒10枚目⇒9枚目で④番残り

   なんとヒドイ内ミス、

   でもオイルがあるから④番残りに厚目で助かったぁ

24枚目⇒8枚目⇒7枚目でストライク

24枚目⇒8枚目⇒6枚目で⑩ピン残り

 

立ち位置⇒スパット通過⇒先

この順に表記してますが、

先に関してはそこへ持って行こうとするわけではなく、

勝手にその辺まで行ってると思った方が正解かも(^▽^;)

 

次のゲームは、

立ち位置が半分変えてます。

これがなんでなのか忘れてしまってますが、

なぜか厚目に行ってると感じてたのかもしれませんわ。

 

24.5枚目⇒8枚目⇒7枚目でストライク

24.5枚目⇒9枚目⇒7枚目で薄目の⑦番ピン残り

   1枚中の9枚目はオイルがあるんだなぁ・・・

   しかもそのオイルが7枚目まで勝手に運んでくれてる

24.5枚目⇒10枚目⇒未確認でもストライク

   う~ん、コントロールが悪いや(><;)

   しっかり投げなきゃ、で

24.5枚目⇒8枚目⇒7枚目これがど真ん中で④‐⑥‐⑦

   なんと!こんなに急に変わるんかい!

   じゃあ次はちょっと中の9枚目を狙うか(^_^)

24.5枚目⇒9枚目⇒8枚目薄目の⑦番ピン残り

   やっぱり9枚目はオイルが濃いのかぁ・・・

24.5枚目⇒11枚目⇒9枚目でストライク

   本当にコントロールが悪いや(><;)

24.5枚目⇒12枚目⇒10枚目でもストライク

   また内ミスじゃんか!

   もう少ししっかり狙った所を通さねばの想いが・・・

24.5枚目⇒9枚目⇒7枚目でストライク

   やっと通せたかな(^ε^)♪

24.5枚目⇒10枚目⇒10枚目で④‐⑨残り

   また内ミスだよ~( ̄_ ̄ i)

   この結果は、まぁしゃぁないなぁ

24.5枚目⇒10枚目⇒11枚目で⑥‐⑩残り

   ここまで中に向けたら、そりゃあど真ん中だわな(^o^;)

 

とまあ、なんともコントロールの悪さを露呈してます。

でもね、だからこそレーンとの会話が重要なんですって。

 

そうそう、

実はこのゲームの終盤、

立ち位置も狙いもずっと同じの、

24.5枚目⇒9枚目⇒7枚目に固執してたようですσ(^_^;)

 

なんだかなぁって終わり方でしたし、

もっとしっかり狙った所を通そうって、

そう思っても良かったようには思いますが、

お試しの意味も込めて、

25枚目⇒10枚目⇒8枚目に変えてと思ってたようです。

 

きっと狙った所を通そうとしていたら、

それこそ迷宮に入っていたかもしれません(^o^;)

 

25枚目⇒8枚目⇒7枚目 ストライク

   あ~あまたミスだよ、

   今度は外ミスだぁ・・・(x_x;)

25枚目⇒10枚目⇒8枚目で④番ピン残り

   厚目に行くんだぁ・・・

   じゃあもう半分立ち位置を変えよう

25.5枚目⇒10枚目⇒8枚目でストライク

   でも若干厚目と感じるのでもう半分

26枚目⇒11枚目⇒8枚目だと⑩ピン残り

   あちゃ~、中に立ちすぎでしたか(^o^;)

25.5枚目⇒10枚目⇒8枚目でストライク

25.5枚目⇒10枚目⇒8.5枚目でもストライク

   でもやっぱり厚目に行ってる時に見る、

   最後に⑦番ピンが倒れたので・・・

26枚目⇒10枚目⇒8枚目でストライク

26枚目⇒10枚目⇒8枚目で⑩ピン残り

   なんだよって思ったのもつかの間・・・

26枚目⇒10枚目⇒8枚目で⑥‐⑩残り

   また変化かい!

   じゃあもっと中ですね~

26枚目⇒11枚目⇒8枚目で⑨番残り

   まだ厚いってか!

   じゃあもう半分寄って

26.5枚目⇒12枚目⇒10枚目でストライク

 

さあどうでしょう?

こんな風に考えて投げてます。

 

この後もう1ゲーム投げてますが、

立ち位置26.5枚目から、

12枚目でも11枚目でも、

10枚目でもポケットに行きそうでしたから、

9/XXX9/9/9/XXXXX       247

 

やっぱりコントロールが悪くても、

さすがの癒し系(-^□^-)

 

 

今いちど

テーマ:
ボウリングではスコアが出ます。

だからそれに固執するのも分かります。

でも、
スコアが出せた理由は何だったのでしょう?

毎回狙った所に通せたからでしょうか?

そう思うならそれでも良いですよ。

どんなコンディションでも、
細い1本の線はあるのですから、
毎回狙った所に通せる自信があるなら、
そうしてください。

そういう人はレーンを読む必要はありません。

残念ながら私には無理な事です。

だからこそレーンが言ってる言葉に耳を傾け、
無い頭をフルに使って、
出来るだけ楽をしてストライクを出せるのか、
これを続けるしかないのです。

時と場合によっては、
狙った所に通そうと、
無我夢中に投げ込む事だってありますよ。

でも、
それでも、
あらゆる場面から、
かすかな情報を得ようと努力はします。

誰にだってスコアが出せる時はあります。

では、上級者と言われる人達と、
あえて言っちゃいますが、
たまたまスコアが出せた人との違いは何でしょうね。

何かが違うはずですよね。

その何かのひとつが、
レーンとの会話だったりしたら・・・

難しいとか、
出来ないとかはありません。

誰にだって出来る事です。

常にボールの動き方に意識を持とうとする事からで良いんです。

スコアが出た時のボールの動き方には、
少なからずヒントは隠されているはずです。

結果がストライクなら良い、
じゃないんです。

指を離れたボールがピンに当たるまで、
その途中の経過が大事なんです。

私は何度も書いてる通り、
ここに立って、
あそこを通ったら、
あそこに到達した、
これだけしかしていません。

全ての基本がこれだけです。

投げ方がどうのこうのは別にしてです。

その先の話しは・・・

仮説と検証になるだけです。

世界に通用したいとか、
トッププロになりたいのなら、
もっと他の事も重要ですけど・・・

ちょっとだけの事をするだけで、
もしかすると、
上級者に近づくのだったらどうです?

1ゲームは最低でも10回は投げますし、
多ければ21回は投げますよね。

全ての投球とは言いませんが、
少なくとも、
3ゲームで30回は経験出来る一投目、
その積み重ねこそが成果に繋がるとしたらどうでしょうかね。