さて、ココでは、レアな山ネコの紹介。これ持ってる人、見つけた人は幸せ!


・初めて作った山ネコ 

山ネコの日記

↑写真ちっちゃ・・・わかるかな~。台座付。唯一寝グセがない、と言うか付け忘れた・・・。
 歴史でも説明した、粘土の授業で子ども達以上に集中して作った山ネコ。「先生色塗らないだ~?私達は塗ってるのに~」 「う・・うん・・でも山ネコ何色かや??」 本来赤ペンで描いてるだけなので、色のキャラ設定は無い。しばらく真剣に議論した。粘土の白そのままか?山ネコは山がつくから緑色か?赤ペンで描いてるから赤か?悩んだ結果、野性的な緑にした。しかしやっぱりしっくりこない・・・・。何とかごまかすために・・・・どうしよ~・・・・結局緑からごまかせる色・・・・・う~ん・・・迷彩色になった。これがなかなかかっこう良くて!家庭参観日に展示。卒業式の前までテレビの上に飾られていた。ちなみに迷彩柄の背中に、不思議絵のように「山ネコ」と描いてある仕掛け付き。「これが読めたら幸せになる」と言うデマ(?)が流れ、他のクラスからたくさんの観光客が訪れた。 最後は多くの希望から、教室大ビンゴ大会の景品となり、yuki君が運良くゲットして持ち帰った。大事にしろよ~! Jun.2008.


・本家本元 山ネコ大明神(素焼き)

山ネコの日記  

 歴史でも説明した素焼きの山ネコ。当初ざらざらで気持ち悪かったが、授業の合間に紙ヤスリで磨き続けた。「山ネコ大明神を磨くと頭が良くなる」というデマ(?)が流れ、休み時間になると誰かが磨いている状態。頭を中心にテッカテカになった。 家庭科の時間(ミシン)で、子ども達はエプロンを作り、torojiro先生は山ネコ大明神の座布団を作った。 卒業アルバムにもこの山ネコはクラスのページで登場!!卒業色紙のデザインにも山ネコ写真を貼りたいという希望多数!う~ん、愛されてるね~。 最後はコレも出血大サービス、教室大ビンゴ大会の景品として、icchanがゲットして帰りました。おめでと~! Aug.2008.


・ミケ山ネコ
山ネコの日記

 ↑最前列真ん中。ビーズで作られた分顔立ちがハッキリしている感じ?

 世界に一つだけ。ちょっと混ざりすぎた感じがするが・・・。普段は3色の粘土で3種類の山ネコを作っていたが、一回全部混ぜてやろうと思った。せっかくだからとことんスペシャルにしようと、目・口・まゆ毛などのパーツは全てビーズで作ってみた。

 気持ち悪いと言う人と可愛いと言う人に分かれる。コレも最後のビンゴ大会で、前からミケ山ネコをねらっていたmizukiさんにもらわれていきました。めでたしめでたし。 Sep.2008


・レンガ色の山ネコ 

山ネコの日記   

 ↑色の真ん中

 世界で3つしかない。他学年の先生に「教材屋さんが持ってきたサンプル粘土だけど、torojiro先生ネコ作らない??」と言われてもらったのが始まり。つまり粘土はそれで終わり。しかも、こよりは細くならず、固まるまでポロポロになりすごく扱い難いので、あまり使いたいくない。でも難関突破して出来上がったら凄くいい色だし、丈夫だし、重量感あるし・・・。1つ(大きいタイプ)はtorojiro先生の学校でとなりの席だった先生へ。残りの2つはキルギスとスリランカへ旅立っている・・・。 Jul.2009.



・そろばんバージョン 

 山ネコの日記

↑torojiro先生は珠算隊員なので、それをアピールすべく(?)作ってみた。ギザギザのスベリ止を粘土にプリントして、そこにつまようじで穴を開けて・・・作るのに1時間以上かかります。今までに10体程作ったなぁ。1体はトンガで自分専用。後は大阪のそろばん教場へ行ったり、長野の校長先生にあげたり。KTCの事務窓口にもあるぞ~。 ちなみに自分専用は世界で1つだけのサウスポースタイル!写真の中に一つだけ違うそろばん山ネコが・・・分かるかな?? Apr.2009.



・ひなまつりバージョン 

  山ネコの日記 山ネコの日記

  ↑赤じゅうたんの写真は奥

 Q&Aでもありましたが、日本をアピールすべく作ってみました。凄く時間がかかります。一対は大阪の伯母の家。一対はトンガで焼き物バージョン。2年の間に王様へプレゼントできないかな~って企んでおりますが、ほとんど会う機会はないようです・・・。いや何が起きるかわからんぞ~! May.2009.

↓トンガに来てからのひなまつりバージョン

http://ameblo.jp/torojirotriun01/day-20100214.html

http://ameblo.jp/torojirotriun01/day-20100322.html

↓2011年9月22日(帰国の日)焼き物バージョンはMiwaさんにもらわれました。

http://torojiro.blogspot.com/2011/09/22nd-sep-last-day-in-tonga.html




・ノルウェーコインバージョン

山ネコの日記  

↑ノルウェーから持ち帰ったコインを持っています(確か5クローネ)。穴が空いたコインとしては、日本の5円でも作れるはず。トンガで作って置き土産にしようかなぁ。世界に2体(コイン表1体・裏1体)ちなみにコレは大阪の実家に置きっぱなし・・・。 Jun.2009.



・まゆ玉バージョン

山ネコの日記

写真右。訓練所(KTC)にいる時、語学クラスのワンデー・トリップで「シルクミュージアム」へ行った。まゆ玉を使って小物作りに挑戦。完成見本はブタだったが、見本のブタさん悲しいかな、あるものに似てるじゃあ~りませんか!!これは作れるかも・・・


館員:「それでは、まゆ玉細工の体験を始めましょう。材料の確認をしてください・・・」

torojiro:「あの~、僕ブタじゃなくて、こういうのを作りたいんですけど~。これ僕のマイキャラで山ネコっていいましてね・・・・」←(いつも携行している粘土の山ネコを見せる。)

館員:「あら~可愛い~。いいですね~、ブタの材料で作れるならやってみましょう。」

torojiro:「やった~がんばるぞ~!」


30~40分程で完成。まゆ玉をほぼ2個使っている。ちなみに頭の部分には蚕の死骸がそのまま入っているので、振ると音がする。コロンコロン・・・

もちろんこれ1個しか作ったことがない。寝グセと巻いたしっぽも忠実に表現されており、一緒に参加した語学講師やクラスメートからは大変好評をいただいた。シルクミュージアムからKTCまで帰り、その日の夜まで名札の中に入れていた。気付いた人は「あ~山ネコじゃん、可愛い~」と言ってくれた。嬉しかったが、名札を見て可愛い可愛いと言われるのは恥ずかしいもので・・・。次の日からは部屋の机上に飾った。現在大阪の実家に置きっ放し・・・。 Sep.2009



・ストラップバージョン 

山ネコの日記 山ネコの日記 YAMANEKO'S DIARY

↑一番前の山ネコ

 世界最小!作るのに一番技術と集中力を要するのがコレかも知れない。頭に鎖をつける輪っ子が出ているが、粘土に輪っ子のネジを回すともろくてすぐ取れそうなので、小さい棒状の木にネジを回して、棒の周りに粘土をつけていく。ほとんどのパーツは細かいのでシール剥がし(スクレーパー)でカットする。目やまゆ毛は針の先で溝を掘ってからつける。今まで4体作ったが、通常サイズと同じ顔・バランスになるのが非常に難しい。基本的に身内にしか配っていないが、アフリカ大陸に1体出かけて行った。 Sep.2009


・歯みがきバージョン

山ネコの日記
↑トンガ隊員の歯科衛生士aiちゃんのリクエストで作った。左の山ネコは10月末にaiちゃんの任地であるvavau島へ渡って行った。

お別れの日までに間に合わせなければならないので失敗は許されないということで2体作った(10月24日現在世界で2体のみ)。両方とも上手く出来たが、右の山ネコはnukualofa市内のtorojiro邸に飾られている。

Oct.2009




・FANIFOバージョン  FANIFOSURFING サーフィン

山ネコの日記

↑トンガ隊員の湘南レディーjunco姉さんのリクエスト。誕生日に合わせて作った。サーフボードって結構形が単調で、特徴が少ない。作ってみて何か物足りないのでラインを入れた。動きのあるものは初めて作るので動きを出すために波を作った。まだ物足りないので名前を入れてみた。結構苦労しています。ちなみに波とサーフボードと山ネコはバラバラに離れます。junco姉さんには屋久島・種子島旅行でお世話になった時、鹿児島で山ネコを渡しており、写真の山ネコは別ネコです。Nov.2009



・木彫りの山ネコ(ボス) Dec.2009
山ネコの日記 YAMANEKO'S DIARY

↑町のはずれに住む彫刻家にTS50(2,500円)で作ってもらいました。その後、自分でも作りたかったのですが実現せず・・・。

 この山ネコは、ボスとしてTorojiro先生が帰国するまでの間、Havelu Tokelauの自宅を守り続け、同じ家に住むことになった後任のSakikoさんへ引き継がれました。 何度か遊びに来たNekoちゃんとのやり取りもみものでしたね。

http://ameblo.jp/torojirotriun01/day-20091228.html

http://ameblo.jp/torojirotriun01/entry-10665860186.html   ←Nekoちゃん



・ジャンベバージョン

山ネコの日記

↑アフリカの太鼓ジャンベを持っています。同期隊員ブルキナファソのsakiちゃんから、出国前より注文をもらっていた作品が、ようやくできました。 お待たせ~!だけど渡せるのは帰国後だよね・・・。

 左側がリクエスト作品。ジャンベは、木の部分は黄色粘土、ロープの部分は黒色粘土、叩く膜の部分は白色粘土で出来ており、そのジャンベをアフリカンな黒色山ネコが叩いています。
 最近動きのある山ネコも作れるようになってきたなぁ~。「完成したぞ~」の記事は、

http://ameblo.jp/torojirotriun01/day-20100131.html   で確認できますよ~!31 Jan.2010.

ようやくあげました~の記事は、

http://torojiro.blogspot.com/2011/09/27th-sep-training.html    です 27 Sep. 2011





http://torojiro.blogspot.com/2010/09/rare-yamanekos.html

  アップアップアップアップアップアップアップアップアップアップアップ

New Page of Rare YAMANEKOs レアな山ネコの新しいページはこちら



AD