澁谷耕一の取寄せ日記

リッキービジネスソリューション株式会社 代表の澁谷耕一が『地方からの贈り物』の通販サイトより商品をお取り寄せ。


テーマ:
こんにちは。
今回は山形県鶴岡市の株式会社佐徳の、『だだちゃ豆おこわ』をお取り寄せしました。

株式会社佐徳は、6月18日に創業137年を迎えられたそうです。老舗のお漬物屋として代々受け継がれてきたそうですが、近年分野を広げた商品開発を行われ、、中でも、地元鶴岡の特産品である「だだちゃ豆」を用いて開発した商品の一つが、この『だだちゃ豆おこわ』なのです。




「だだちゃ豆」は枝豆の中でも、独特の香ばしい香りと、豊かな味わいで大変人気があります。栽培が難しく、収穫期の短かさと、保存の難しさから、長くまぼろしの豆とされていましたが、近年の輸送手段等の向上により、全国的に広く出荷が可能になったことで今の人気につながったそうです。

ところで、名前にある「だだちゃ豆」とは、庄内地方の方言で「親父さん」を意味するそうで、鶴岡が庄内藩だった頃、枝豆好きのお殿様が、枝豆が献上されると「どこのだだちゃの枝豆か?」とよく尋ねていたことから、そのうち「だだちゃ豆」と呼ばれるようになったと伝わっています。なんともユーモラスな由来ですね。

この『だだちゃ豆おこわ』、美味しさの秘訣は手作りの製法にあります。「だだちゃ豆」は手作業で豆を一粒ずつ丁寧に殻から外し、薄皮も丁寧に外していきます。使用するもち米は鶴岡産の「でわのもち」。この「でわのもち」「だだちゃ豆」を清酒、砂糖、みりん、食塩、しょうゆで味付けし、蒸しあげます。蒸しあがったら、一つ一つ手作業で包んだ後に急速冷凍をすることで、出来立ての風味を閉じ込めます。


自然解凍か、電子レンジで解凍することができるようなので、今日は電子レンジで温めました。
包みを外すと、なんとも甘く香ばしい香りがふわっと立ち上ります。
たっぷり入った「だだちゃ豆」の風味と「でわのもち」のもちもち感と甘味が相まって、まさに山形の美味しさそのもの。

贈り物にもご家庭にも嬉しい一品です。是非お試しください。



↓商品はこちらからお買い求めいただけます。

http://chihou-gift.com/SHOP/S049.html
AD
いいね!(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。