トリテンとカボスの散歩

定年後をいかに退屈しないよう生きるか、日々模索しています。
ブログ参加も刺激になるかなぁ・・・と

NEW !
テーマ:

今日も天気が悪くて、とうとう午後からは小雨になったというのに、窓を閉めるともうすぐ10月とは思えない蒸し暑さ。

午後22時前の今も、エアコンをつけています。

 

この暑さは10月にも持ち越すそうで、その反動で冬は寒いという予報ですが、このところの日照不足で野菜が高騰しています。

米もこれから実が完熟する時期なのに、今年の稲作が心配されますね~

 

そんな中、涼しくなったので元気を取り戻したシシトウ。

 真夏より大きな実をつけ始めました。

ミニトマトも、伸びすぎた枝をカットし、もう抜いてしまおうかと思っていたら、先週留守にしている間にグングンと伸び始め、

初夏と同じ勢いで、実をつけています。

夏野菜も、やっぱり暑けりゃいいってものじゃないんですね。

花を咲かせ始めたバジル。

トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼに、バジルがいい仕事をしてくれました。

このところ、サンマの刺身が続いていたので、今夜は太刀魚の細造り。

カプレーゼには、オリーブオイルと黒胡椒、この前柚子胡椒を作った際の、残りの柚子を絞ってポン酢にしたので、これを回しかけました。

 

近年、異常気象なのか、これから先こんな気象が続くのか、植物はそれに対応した進化を遂げるのでしょうね。

 

さあ、私たちも季節の変化に負けないように、対応した体力作りで頑張らなくちゃ にやり

 

未来の物語で、人間が地上で生活できなくなり、地下都市に住むなんて、蟻やモグラのようなことにならなければいいのですけどアセアセ

もちろん、その頃まで生きてないでしょうけど、人類の未来を心配するのは

ああ、「もの思う秋なんですね~」

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ ワンクリックをお願いします ミニトマト はっぱ バジル チーズ 太刀魚

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

帰宅途中で、しょっぱなから道草を食ってしまいましたが、一気に八幡浜まで高速をすっ飛ばし、昼食をどこかで・・・・・

ところが、この日は秋分の日でどこのお店も待ち時間ありの満員御礼。

 

少し遅れた昼食になるけど、甥は11時に食べたばかりだしということで、先を急ぎます。

次に着いた所は、伊方町の道の駅「きらら館」。

 

リニューアルしたばかりのきらら館は、残念なことにレストランがありません。

まずは屋上の展望台へ案内し、すぐ真下に見える伊方原発を甥に説明します。

東北の大震災以来、全面停止していた原発が、8月に全国で2番目に運転再開した伊方原発です。

ところが、再稼働直後にも停止を求める抗議声明が発せられ、明日にも提訴の模様です。

 

屋上から下に降りる途中、甥がトイレに入ったので、一人で階段を降りていたら、こんなものがありました。

「きららアクアリウム」

 

きららアクアリウムとは、映像投影技術を駆使した、プロレタリウム(天体)の海中版だそうで、3面の壁と天井にバーチャル水族館、床には佐田岬の地図が投影されています。

28台のプロジェクターを使い、まるで海の中にいるような魚の映像です。

ヒラヒラと立ち泳ぎの太刀魚、左右に泳ぐ鯛やフグ、イワシの群れ・・・・・

マンボウものんびり泳いでいます。

 

私はフェリーの上から、このマンボウが泳ぐのを見たことがあり、佐伯のマンボウのプールでは触ったこともありますよ。

実物のマンボウは座布団ほどもある大きさです。

 

この後、一階に降りて甥を見つけ、「二階に面白いものがあるよ」と言ったら、上がっていったものの待てど暮らせど降りて来ません。

しびれを切らしてまた上がってみると、甥は携帯で写真を撮りまくっていて「おばさん、知ってた?この魚たち触ったら逃げて行くよ」

 

へぇ、そうなの?私も触ってみたけど・・・何もなかったのよね?

 

そこでもう一度、壁に映った小魚の群れに触ると、サーッと群れが逃げて行きます。

鯛も、あっという間に進行方向の彼方。

 

更に、マンボウやウミガメは、頭を撫でていると・・・・・

正面を向きました。

フグはぷんぷくりんに膨れます

これは本物の水族館より面白いかも ニヤニヤ

 

一階の水槽には、南国の鮮やかな色の魚が泳いでいて、餌付け体験ができるのですが、掃除をしていたおばちゃんが「ここに手を入れてパシャパシャしたら、餌がもらえると思って魚が寄って来るんよ」パシャパシャ・・あせるあせる

ああ、餌はたったの30円なのに・・・・

 

すみません、ここで遊んでいる場合ではないのあせる

15時30分のフェリーを予約していて、1時間くらいの食事時間の余裕もあったはずなのに、道草ばかりで時間が足りなくなりました。

それなのに、往路にしかないメロディライン(みかんの花咲く丘)をUターンして走ってみせ、ここで5分以上のロス あせる

 

港にも道の駅があるから、そこで弁当でも買おうねっ、とスピードアップします。

 

やっとこさ港について乗船手続きを済ませ、出航まで30分ほどあったので、港の駅でお弁当を買いました。

私はサザエ弁当(550円)、甥はシラス丼(300円)とジャコ天3種。

これらの支払いは甥がささっとレジに持って行き、ジュースも追加で買って来ました。

 

ジャコ天も甥が割り箸で半分に切って、半分こ。

手前は全部サザエで、釜揚げシラスと魚のそぼろの3色弁当です。

おいしそうでしょう?

フェリーは乗り慣れている甥も、この航路は初めてなので(しかも帰りも運よく新造船)、風景に感動していました。

 

さようなら、佐田岬。

今度はいつ会えるかしら。

フェリーの船尾

このフェリーで息子と実家に行ったこともあり、あの道この道、思い出もいっぱい。

その同じ道を、息子と同年の甥を乗せて走り、なんだか泣けてきます。

 

息子が重ねられなかった年を、これから先もこの甥が重ねていってくれますね。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ ワンクリックをお願いします ふね 船 とうだい 魚 さざえ

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

実家からの帰りは、姉の次男の甥が一緒でした。

お墓はないからと言うのに、どうしても息子に会いたいと言うのです。

 

同年齢で、生まれ月も一か月違いの息子たち。

赤ん坊の時から高校卒業まで、毎年のように夏休み冬休みには、私が子供連れで帰省していたので、時には喧嘩をすることがあっても、お互いに会うのを楽しみにしていたものです。

 

最後に息子と甥が会ったのは、5年前の母の葬儀の時でした。

甥は東京でレストラン勤めをしていて、40才になったら独立したいという夢を叶えるべく、この度東京を引き上げて実家に帰ったばかりでした。

 

しまなみ海道の橋を渡り、今治のSAに寄り、「ここのアナゴのせいろ蒸しがおいしいのよ」と言うと、わたしがお土産を買い物をしている間に、それを注文して食べていました。(この時まだ11時前、私はお腹が空いていなかったので)

 

車に戻ると、後から乗って来た甥が「さっきそこでこれをもらった」と、トイレットペーパーなどの入ったビニール袋を見せます。

車を動かし始めて振り返ると、なんと、着ぐるみの「わたるくん」が見えたので、あわててUターン。

 

ちょっと写真を撮らせてね~ 爆笑

ここで、私にもグッズの入ったビニール袋を二ついただきました。

その上、「一緒に撮りましょうか」なんて言われて、周囲から「せっかくだからパトカーをバックにしたら?」と言う声もかかり、この足の短い「わたるくん」の手を引いてパトカーの前へ誘導します。

 

よちよち歩きのわたるくん。

一体、前も見えているのか、どうやらメッシュの鼻から見えているみたいだけど、まるで100才の父の手を引いている気分デレデレ

 

なぜパトカーや安全パトロールの車の前なのかというと、「秋の全国交通安全運動」の一環なのでした。

本四架橋のキャラクターの「わたるくん」が一役買っていたわけです。

 

ゆるきゃらや着ぐるみが大好きな私。

どんな有名なタレントや俳優や歌手や・・・・・そんな人たちより、断然こちらが好きなんです。ビックリマーク

 

有名無名にかかわらず、こんな3頭身の着ぐるみがいたら、子供を蹴散らしてでもツーショットに収まりたい ニコニコ

幸いにこの日は平日だったので、周囲に子供の姿はありませんでした。

 

いただいた袋の中には、トイレットペーパー(カラーのストライプ柄)の他に、ビロード加工の高級今治タオル、ボールペン、マグネット、クリアファイル2枚、スマホなどの小物入れケースなど、帰って出してみてびっくりするほど入っていました。

(これを3袋ももらっちゃった~)

ここのSAで、以前はバリィさんグッズを買いましたが、今回はもちろん「みきゃん」を買って来ました。

昨年の「ゆるきゃらグランプリ」で、インターネットの得票で1位になったものの、開催地の静岡県に逆転されて2位になり、今年は愛媛県が開催地なので「みきゃん」はエントリーを辞退します。

開催地の票が有利になるので、それで一位になっても嬉しくないそうな。

 

愛媛ミカンのマスコットは、耳はみかんの葉、尻尾はミカンの花がついていて、・・・・う~ん、犬を模したマスコットキャラクターです。

 

愛媛の方言で「・・・・やけん(~だから)」という、「けん」と「犬」をかけたそうな。

作者は愛媛県出身のイラストレーターに依るもので、来年の愛媛国体のマスコットにもなります。

 

来年ゆるきゃらグランプリにエントリーした際には、皆さまよろしくお願いしますね。

 

さて、私はこのマスコットを、この前の神社のお守りと同じように、車の目印のためにぶら下げるつもりだったのですが、近所の子供(小1男児)が「みきゃん」を知っていて、お土産を渡しに行った際、羨ましがるので「こんど帰った時、マスコットを買ってきてあげるね」と言ってしまい、ほとぼりが冷めるまで目につく所に出せなくなったのでありました。えーん

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ ワンクリックをお願いします わたる(青)  みきゃん バリィさん 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。