高雄まで400キロ走破

テーマ:

昨日の記事で、アミ族の舞踊がポリネシアンダンスに似ていることから、ポリネシア人のルーツではないかと書きましたが、調べてみたらやはりそうでした。

 

なんとなんと、台湾から南のフィリピン、インドネシアを経て、パプア、ニューギニア更にはニュージーランドやハワイなどに何千年もかけて広がっていったのだそうです。

そのルーツは、中国大陸や東南アジアやオーストラリアではなく、台湾だというのが興味深いですね。

このことがはっきりしたのは、ほんの40年前のハワイの実験航海、言語学やDNAなどの検証からだそうです。

 

さて、旅行の三日目は、朝7時半にホテルを出発して、台湾の東海岸沿いを南下し、一日で400キロ以上走りました。

 

花東海岸公路を走り、三仙台へ到着。

もとは陸続きだったという三つの岩は、海水浸食で切り離され、橋が架かるまでは引き潮の時だけ岩場に渡れたそうです。

 

ここは三仙人が降り立ったという伝説のある場所。

足元の小石は麦飯石。(無数の穴が開いている石で、水の浄化に使われます)

たった一個でも持ち出しは禁止てで、中国からの観光客が増えた現在では、持ち出し禁止にしないとすぐになくなってしまいますからね。

山口県の錦帯橋のような橋が続いていますが、時間と体力の関係で一つ目を上るのがやっとでした。あせる

続いて、近くの八仙洞へ行きます。

ここは130年前に発見された、台湾で最も古い遺跡です。

この洞窟から発見された「火を燃やした跡」は2万年から3万年以上も前のものだとか。

ここに立つと、後方の海の波の音が岩に反響して、岩の奥から聞こえて来ます。

この洞窟の奥は、右から左に抜けるようになっていて、

 

中には観音像があり、ここに滴る水が、これまたご利益のある水だそうです。

 

 

花蓮から400キロを走破して、高雄の街に入り、高雄は台北に続く2番目に大きい都市。

 

その名のとおりの「蓮池潭」(リェンチータン)

龍の口から入って虎の口に抜けるとご利益があると言われています。

 

この湖の向こうには、こんなものもあって、

毎度の時間の都合と体力の問題で、とても歩いて行くことはできませんでした。

25日の台湾のニュースで、私たちが行った二日後の九份の山の商店街で、日本人観光客が10数万円と旅券入りの財布を紛失し、それがお金もカードも旅券も無傷で警察に届けられ戻ったということです。そのニュース→http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201605250005.aspx

 

「台湾人に感謝」ということですが、それを拾って届けたのは?

なにしろ、私たちが行った時も、日本人観光客でごった返していましたからね~

 

ちなみに、台湾の新総統が反中的というので、中国人の観光を制限しているので、どこへ行ってもあまり中国の団体を見ませんでした。

 

これから、ロマンチックな高雄の夜はまだ続きます。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ ワンクリックをお願いします

AD

さて、二日目の午後は、太魯閣渓谷(タイルーゴーシアグー)、台湾屈指の景勝地です。

ここは大理石の産地で、渓谷の両岸は大理石。

ここの岩の穴は、かつてはここまで水があったということで、ツバメが巣を作っているので「燕の巣」という別名があるそうです。

落石の危険があるので、ヘルメットをかぶって見学。

まるで工事現場のおばちゃんです。

矢印の辺りまで歩くのですが、

 

まるで、大分県の「青の同門」のような、石を手掘りで掘り抜いたようなトンネルを通りました。

観光客がヘルメットをかぶってゾロゾロ歩くのは、どこか炭鉱のような感じです。

ここに行くまでの途中、地震で一山崩れてしまったという危険地域を通り、ガイドが「中国からの観光バスが増えたせいで、その振動で崩れた」のだと、ブラックジョーク。滝汗

これも大理石の山ですよ。

 

世界的に有名だという大理石の生産地と加工の工場見学。

まるで、豆腐を切るように、大理石が切られて研磨されていました。

なんかもう、ここがどこだったのか、なんでも数百人の犠牲者を祀るお寺だそうで、

上のほうにも3か所の寺院があります。

 

夜はオプションツァーで、花蓮の原住民族、阿美(アミ)族の舞踏ショーを見学し、トリテンはバンブーダンスに誘われて、躊躇することもなく参加しました。

 

そのダンスショーは撮影禁止だったので、最後の記念撮影しかありません。

イケメンと美女たちの踊りは、ハワイのポリネシアンダンスのようで、ハワイのルーツはここかと思いますね。

 

足元で竹を開いたり閉じたりするバンブーダンスは、日頃フラダンスで鍛えているおかげで、竹に足をはさまれることもなく、無事にタップを踏むことができましたわ~ほっこり

台湾は九州と同じくらいの島なのですが、ここはまだ、台北(福岡)を出発して大分県くらいの所です。

南国の植物が茂る庭園。

白い花は月桃ですが、この赤い花は何ですか?

ヘリコニア種の花で、生姜種。

別名オウムバナというのは、オウムのくちばしみたいだから?

月桃の花は、車で走る途中の山道にもたくさん咲いていて、写真を撮るのも大変でしたが、ここでゆっくりと撮ることができました。

 

この日のホテルも、ダブルサイズのベッドでしたが、4泊は全部ダブルサイズでした。

 

日本に泊まった中国、台湾人は、シングルベッドは、寝返りをうったら落ちそうなベッドだと思ったでしょうね~アセアセ

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ 台湾旅行にワンクリックをお願いします

AD

九份、十份観光

テーマ:

一日目の台北観光で、故宮博物館にも行きました。

昨年、福岡の太宰府で、日本に初めて来た「故宮博物院」の特別展示があり、その時の記事→http://ameblo.jp/toriten500g/entry-11945903706.htmlここで見損ねた「翡翠の白菜」をやっとと見られると思ったのですが・・・・

昨年できた台南のほうの故宮博物院に移動しているそうで、ここでは見ることができませんでした。

 

90分を予定していた博物院は、入場制限のため30分くらいに減ったので、もう中は駆け足状態あせる

ゆっくり見て回れば数時間かかるというのに、30分はひどいでしょ?

 

この日のホテルは、世界10大ホテルに数えられる圓山大飯店。

二人部屋のベッドはダブルサイズ。

風呂もデラックスで、

窓の外には台北の夜景がきれいです。

2004年に完成した、世界一高かった(2007年にドバイのブルジュ・ハリファに抜かれました)「台北101」高さ509、2メートル。

翌朝のベランダからの風景

台北101の上のほうは雲の中です。

この日は8時にホテルを出発して、九份(ジュウフン)へ向かいました。

元は9軒しかなかった山奥の村が、ゴールドラッシュで栄え、その後映画の舞台となったことから観光客が増えたのだそうで、狭い石畳の坂道沿いに、いろいろな店が並んでいます。

宮崎駿監督の、「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったという街並みと阿妹茶酒館

朝早くだったので、まだ小雨と霧に包まれていましたが、

ここの屋上で中国茶をいただきました。

茶菓子4品

爪楊枝のある皿は、梅干しの甘露煮ということでしたが、梅ではなく別の果物でした。

お茶を飲み終わる頃には少し霧も晴れてきたところです

茶館の手前にある洞窟?は、ここから細い路地に繋がっていて、車のない時代に栄えた山の上の街ですね。

この階段の下のほうは霧で見えなかったのですが、てっきり山の中と思いきや、晴れていれば海が見えるという場所でした。びっくり

 

次に十份老街散策に向かい、ゴールドラッシュ時代の線路の上で天燈上げを体験します。

紙風船の四面に願い事を書き、

それぞれの紙風船を持って、記念撮影

油紙に火がつけられて、熱気球の如く膨らんだら「はい、手を放して」と合図があり、天燈があっという間に空高く舞い上がります。

 

この線路は現役で、一時間に一本くらいの割合で列車が走ります。

それなのに、なぜ線路の上で天燈を飛ばすのでしょうね?

 

この天燈、元々は山賊の多かった時代に、「山賊が引き上げた」ということを隣村に知らせる「狼煙(のろし)」のようなものだったそうです。

この後、瑞芳駅から特急列車で花蓮へ

車内で出された弁当は、金鉱採掘の時代の、鉱夫弁当でした。

ピリ辛の南蛮漬けのような鶏肉の下は、タケノコや青菜など。

手前の茶色のものは、魚の甘ったるしい干物でした。ニヤニヤ

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ ワンクリックをお願いします

AD