保育士ママが保育園の裏側と転職事情をお伝えします!

保育士でもあり2児の母でもある管理人が、保育園・幼稚園・こども園に直接関わった経験から、保育園の知られざる裏側と保育士の最新転職事情をお伝えします。こども・保育士・保護者すべてが幸福になれる、より良い保育の実現を願って情報発信してゆきます♪


テーマ:

 

「新しく入ってきたあの子が

気に食わないから意地悪したの」

 

「やることが遅くてイライラしたから

仲間はずれにしたの」

 

もし、小さい子どもがこんなことを言ったら

あなたはどのように対処しますか??

 

「それは相手が悪いね!

仕方のないことだよ。。。」

 

とは、まさか言いませんよね??

 

 

 

…でも、保育士仲間の口からは

同じようなやり取りを聞いたことが

何度もあります。

 

 

小さい子どもに

人間関係の築き方の基礎を

教える保育士の言葉とは思えない

言葉です。

 

まあ、保育士でなくても大人として

相手の立場や個性を理解せず排斥する

というやり方はちょっと幼すぎますよね?

 

 

でもこういうやり取りがバックヤードで

ある保育園って、必ず何か問題を

抱えている園です。

 

 

伝統や歴史があり

保育士がプライドを持って働いている

保育園。

 

保育士が熱意をもって立ち上げ

運営している新進気鋭の保育園。

 

賃金・待遇・研修制度など

保育士を大切にしている園などでは

あまりこういったやり取りは

聞かれません。

 

心に余裕があり

大切にされて必要とされて

働いていると実感できる保育園では

意地悪な保育士さんは少ないです。

 

 

逆に、

保育園側も資金不足・保育士不足で

いっぱいいっぱい。

 

園長も保育士もキャパオーバー

雑務・時間外労働・休日出勤当たり前の

保育園では保育士同士の関係も

ギスギスしていました。

 

これは、いろいろな保育園を

見てきた今だから振り返って

思えることです。

 

 

その時は、

何とか業務をこなすので精一杯、

他の保育園と比較することなんて

思いもよりませんでした。

 

しかし、

結婚・出産・引っ越しなどで

いろいろな保育園や幼稚園・こども園を

経験する中で、それぞれ園の持つ個性の

様々なことに驚かされました。

 

「あー、引っ越しで辞めた

あの園もったいなかったな…」

 

「なんであんな園に2年間も

務めてたんだろう??」

 

振り返ればそんな風に思えますが、当時は

「近くの公立園であればまあ問題無いだろう」

なんて安直な理由で保育園を探していました。

 

でも、

きちんと精査して選ぶことの重要さに

今なら気づきます。

 

保育園は年度の縛りのきつい職種ですので

転職や再就職は焦りがちですが、

きちんとじっくり自分に合った保育園を

探すことが重要だと私は思います。

 

きちんと探せば、

意外ときちんと自分の希望の園が

見つかるものです!

 

今は保育士不足なので

とても就職しやすい時期でもあります。

 

自分の理想の保育ができる

保育園を探して、理想の保育を

実践してみませんか??

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。