高次脳機能障害 その他症状てんこ盛り!! ~ど根性系障害者 とりっぴのリハビリ~

信号無視の大型車に轢かれ、加害者側の極悪損保にも襲われ、それでも負けるものか!と、お友達に助けてもらいながら頑張っている高次脳機能障害公務員のリハビリブログです


テーマ:

 京都祇園の大惨事の原因は、高次脳機能障害の脱抑制だというような
「高次脳機能障害者イコール危険な障害者」というような、誤解だらけの報道が、フジテレビの「とくダネ!」なる番組でありました。


 これは、高次脳機能障害者への偏見をもたらすような誤報道です。


 僕は、高次脳機能障害で、脱抑制だし、記憶障害だし、注意障害だし、遂行機能障害だし・・・・と、数え上げたらきりがないほど、症状てんこ盛りの障害者です。


 でも、その「とくダネ!」では、脱抑制イコール反社会的な行動をする危険な障害とも言ってたけど、僕は、好きでなった高次脳機能障害じゃないし、キケンなのは僕を轢いた信号無視野郎なんです!!


 だから、反社会的という形容詞を使ってもいいくらい、違法行為が大っ嫌いになりました。


 僕が通ってる、リハビリ病院の臨床心理士さんが、僕の脱抑制の発作を「イノシシ攻撃」と呼んで説明してくれました。


 「イノシシ攻撃」とは、猪突猛進のことを指してるんだな、っていうのはあとで気が付いたことなんですけど、僕は、悪い奴を見つけると、すぐに注意しに行きます。


 それを反社会的だというのなら、見て見ぬふりをするのが当たり前の世の中が異常なんです!!


 大津のいじめ事件だって同じです!!


 いま、尾木ママさんが、あちこちのテレビや、講演会などで頑張ってるけど、大津市の中学校で、生きていくのが辛くなるほどいじめられた少年は、先生たちに何度も「助けて!!」と言ってたはずなんです!!


 だけど、いじめられてるのを見て見ぬ振りができなかった素直で正直な同級生たちが、「助けてあげて!!」と先生たちに言いに行ったはずです。


 それなのに、学校は見て見ぬふりをしたから、少年は死を選んだんです!!!!



 あれ?また話がそれちゃったみたいだけど、続けますね。



 今日、地元のスーパーのマルヤで、あきたこまちのご飯を好きなだけ詰めていいお弁当を売ってました。


 うちは、それを奥さんと僕の二人で食べることにして、二つ買ったんですけど、奥さんが、ご飯をてんこ盛りにし過ぎて、ごはんをこぼしちゃったんです。


 こぼしたと言っても、小さじ一杯くらいのごはんなんですけど、食べ物を粗末にすることを、僕は許せないから、そのご飯を拾ってどうしようか迷ったけど、そのごはんを、保温ジャーの横の台の上に置いておきました。


 誰か拾って食べることはないだろうな、とは思ったけど、気になったから
離れていきながらも、ずっと見てました。


 そしたら、小学校3、4年の男の子と、小学校5、6年の女の子と、40代半ばくらいのおばさんが、そこに近づいてきて、そのお弁当のところにきました。


 なんか、選び始めたようなので、僕は、「まさかあの落ちたご飯食べないよなぁ・・・」と思ってたんだけど、その横にあった、天ぷらとかフライの単品を選び始めたから、ほっ、と一安心・・・。


 でも、あの家族みたいな人たち、なんか変だぞ、と思ったんです。


 というのは、子供二人は姉弟だと思うんですけど、40代半ばくらいのおばさんがだれなのか?と思ったんです。


 おばあさんにしては若すぎるし、お母さんにしては老けすぎてるし・・・・。


 でも、カートに乗って遊んでる弟を注意しないのはおかしいぞ!と思ったんです。


 なんだかわからないから気になって、ずっと見てたら、お姉ちゃんらしい女の子は、パックを手に取り、天ぷらか、フライかなんかを選び始めました。


 そこへ、カートに乗って遊んでた、弟らしき男の子が、カートに捕まって足を高く上ると、なんと、なんと、天ぷらの上で、足首を細かく動かして、ブラブラ振ったのです!!!


 うちの子がそんなことをしようものなら、そこで半殺しですけど、厳しく育てたから、うちの子はそんなことは絶対しないです。


 だけど、ビックリしたのは、そのあとのその家族らしき者たちの対応です!!!


 そのお姉ちゃんらしき女の子は、「あ~あ」と言ったような表情で、その弟らしき男の子に注意するでもなく、おかずのパックに何も入れずに、パックをもとの場所に戻したんです!!!!


 40代半ばのおばさんは、まったく何も言わない!!!!!


 あとで考えれば、あれは、30代半ばで産んだ子供たちと、そのお母さんなのでしょう。


 高齢で、やっとできた子供だから、可愛くて仕方なくて、しつけもまともにしていないお母さんと、しつけもされていない子供たちの親子だろうな、と思いました。


 でも僕は、あの男の子だけじゃなくて、その親子が許せないから、「何なんだ~、お前らは~!!!」と言いたくて我慢してました。


 だって、おそらく、あの子が足を天ぷらの上で振ったから、靴からゴミが落ちて、天ぷらの上に降りかかったんでしょう。


 だから、それを見たお姉ちゃんらしき子が、「あ~あ」と言って、天ぷらをとるのをやめた。


 十中八九、そうに違いありません。



 だけど、僕が臨床心理士さんに言われた、復職に必要な教訓を思い出しました。


 それは、「イノシシ攻撃が出そうになったら大きく深呼吸をしよう」ということです。


 だけど、何とか、イノシシ攻撃が出ないように、深呼吸したけどおさまりそうもなかったから、僕は奥さんに、今の気持ちを切り替えようと話しかけました。


 でも、イノシシ攻撃寸前の僕の脳くんは、気持ちの切り替えようがなかったようで、僕は、「何でさっきご飯をこぼしたの?」と聞いちゃいました。


 でも、そんなこと言われた、うちの奥さんは、「だって、まさかあんな小さい台の上で、ご飯をよそうなんてこと考えられないもん!!」って言って、逆イノシシ攻撃開始!!(笑)


 でも、結果オーライで、僕のイノシシ攻撃は出ないで済みました。



 だから、フジテレビに言いたい!!

 高次脳機能障害者は危険な障害者じゃないんだ!!


 
 それから、おそらくは、大津市のいじめの加害者の親子は、あんな親子だったんだろうと思う。


 一人前の大人になるまで、責任を持って教育するのが親の義務なんだぞ!!!


 それが義務教育だ!!!!


 少年法なんかで守ってやる必要がどこにあるんだ!!!!


 法律で子供を守ってやるんだったら、親の義務を果たしていない、その親を処罰の対象にしろ!!!!!


 もちろん、成人だから、少年法で守る必要なんかどこにもないから、実名で、ぼかしなし顔写真の公開が当たり前だ!!!



 それから、それから、なんで、京都亀岡の無免許暴走野郎が少年法で守られて、轢かれた子どもたちや、お母さんと、生まれるのを待っていたおなかの中の赤ちゃんが守られないんだ!!!!


 昨日、千葉でひき逃げされた子は、無免許飲酒のインド人野郎が逮捕されたからって、全てのインド人が憎いわけではありません!!


 そのひき逃げした奴は健常者だったんでしょうけど、健常者だって危険な奴がたくさんいるんです!!!

 


 あれ?また、話がそれたかな?

 高次脳機能障害者はキケンな障害者なんかじゃないんだぞ!!

 キケンな健常者をどうにかしないと大変なことになるんだぞ!!



 大津市の教師、教育委員会は、教育のプロらしいことをやれ!!
 
 それが、自ら死を選ばされた少年へのせめてもの償いだ!!!!!



 ん~~~~、なんかまた話がそれてる気がするけど、それが、僕の今の気持ちです。

PR
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード