私には今度中学3年生になる子供がいるのですが、彼が大学受験をする2020年には日本の入試制度、英語制度が大きくかわろうとしています。

そんなことをいっても、いったい何をしたらいいんだろうかと迷っているのですが、やはり語学というのは時間がかかるものと思います。




早めに文法事項は終わらせて、あとは英語を聞いたり、英語を話す体験を多く積み重ねることが大切になってくるのだと思います。

そのときに大切だなと思うのは、英語嫌いにならないようにすることだと思います。

英語てできるとおもしろいなという気持ちを忘れないような学習方法、そしてTOEICのような英語レベルを図るテストなども利用しながら。




外国語学習というと、とにかく丸暗記とか、わからない言葉は全部辞書で調べるだとかそういった学習法しか思いつきません。

私はいまだに、わからない単語がでてくると辞書を引かずにはいられないという習性から抜け出せずにいます。


そういった、過去にとらわれた古い勉強の仕方から脱却したい、もっと効果のある楽しい勉強の方法をしたいという方には朗報です。

多言語の専門家で英語の指導も大企業などで行いながら研究を続けている井上大輔先生の多言語の正しい学び方のレッスンを

メールで受け取ることができます。



私はこの勉強を聞いてから、子供に自分のしっている昭和的な学習方法ではなく、正しい語学学習法をアドバイスできるようになりました。

有料でももちろん学べます、井上先生はたくさんの書籍を執筆されていますので、本を買ったりして学ぶことも可能です。

が、すでに本の中でもかかれている内容を無料のメール講座で読めるのはお得だとおもいます。

興味のある方はこちらから 


(英語)の姉妹ブログの多言語についてかいた記事にジャンプします)

 ↓↓