フランス語マスターへの道♪~辞書なしでフランス語がよみたい

語学が好きで勉強するも挫折ばかり、ところがフランス語が続いています。挫折しないコツと、辞書なしでフランス語がよめるようになって~>フランス語の翻訳ができるまでを目指します。

英語で挫折したけど、多言語へのあこがれは止まらない、アラフォーですがフランス語の勉強はじめました。3年後フランスへ飛び立ちます。

テーマ:

 

 

映像と感覚があざやかな

サンテグジュペリの文章

 

 

星の王子さまをフランス語で読むと、まだ語彙力のないときでも、

様々な発見をしながら楽しんでフランス語に触れることができます。

 

 

そして一文一文がとても印象的なので、その語られている場面が映像的にフランス語とともに心にのってゆきます。

今日の星の王子さまで学ぶフランス語で学ぶ文章はこちらです。

 


J'ai sauté sur mes pieds comme si j'avais été frappé par la faoudre.

J'ai bien frotté  mes yeux.

J'ai bien regardé.

Et j'ai vu un petit bonhomme tout à fait extraordinaire qui me considérait gravement.

 

砂漠の真ん中での突然の出会い

 

 

この場面は、ちょうど砂漠で本当に、たった一人ぼっちでいるところに、王子さまのような恰好をした小さな子供が現れた場面です。


誰もいないと思って、たった一人でいたところに、突然子供の声がしたらそれは驚きますよね。


そんな状況を思い浮かべながら読むと、わからない単語もわかるような気がしてきます。


前回の星の王子さまをフランス語で読む回はこちらになります。

 
 ↓↓
フランス語の基礎表現~星の王子さまで学ぶフランス語 frapper
 
 
(姉妹ブログの ここふら にジャンプします)
 
 
 
 
おまけ
フランス語が上達する秘訣を プレゼント中 
             ↓↓↓
  フランス語の旅へ
 


 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 
 
私には今度中学3年生になる子供がいるのですが、彼が大学受験をする2020年には日本の入試制度、英語制度が大きくかわろうとしています。

そんなことをいっても、いったい何をしたらいいんだろうかと迷っているのですが、やはり語学というのは時間がかかるものと思います。




早めに文法事項は終わらせて、あとは英語を聞いたり、英語を話す体験を多く積み重ねることが大切になってくるのだと思います。

そのときに大切だなと思うのは、英語嫌いにならないようにすることだと思います。

英語てできるとおもしろいなという気持ちを忘れないような学習方法、そしてTOEICのような英語レベルを図るテストなども利用しながら。




外国語学習というと、とにかく丸暗記とか、わからない言葉は全部辞書で調べるだとかそういった学習法しか思いつきません。

私はいまだに、わからない単語がでてくると辞書を引かずにはいられないという習性から抜け出せずにいます。


そういった、過去にとらわれた古い勉強の仕方から脱却したい、もっと効果のある楽しい勉強の方法をしたいという方には朗報です。

多言語の専門家で英語の指導も大企業などで行いながら研究を続けている井上大輔先生の多言語の正しい学び方のレッスンを

メールで受け取ることができます。



私はこの勉強を聞いてから、子供に自分のしっている昭和的な学習方法ではなく、正しい語学学習法をアドバイスできるようになりました。

有料でももちろん学べます、井上先生はたくさんの書籍を執筆されていますので、本を買ったりして学ぶことも可能です。

が、すでに本の中でもかかれている内容を無料のメール講座で読めるのはお得だとおもいます。

興味のある方はこちらから 


(フランス語の姉妹ブログの多言語についてかいた記事にジャンプします)

 ↓↓
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

星の王子さまを読んでいたら、フランス語で本を読んでみるという楽しみに完全に目覚めてしまった。

調子にのって、シンプルライフをきわめているフランス人マダム、ドミニク・ローホーさんの本をアマゾンで購入。

こんなタイトルの。

L'infiniment peu 
 





Infiniment アンフィニマン 


意味:無限に、限りなく、とても


Infiniment grand  アンフィニマン グラン   限りなく大きい


Je vous suis infiniment obligé de votre aide.


あなたの援助には大変感謝しています。





peu


少し、やや、多少


un peu de 少しの少量の



un tout petit peu.  ほんのすこしだけ。




タイトルの意味は


限りなく少し という意味になります。


限りなく少し、ほんとうにほんとうに少し。といったかんじでしょうか。








そして、この本の作りがまたかわいらしくて、持ち運びにもとても便利な小型サイズなんです。

ハンカチにくるんでカバンの中にしまっておきます。







日本語で読んでみたい方はこちら






挫折しないフランス語の学習法の秘密を知りたい方はメルマガがありますよ~

 ↓↓(姉妹ブログのココフラのメルマガ案内の記事にジャンプします。)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


オフィスの整理整頓をしていたら、田口ランディさんの本がでてきた。

 

 

 

そうなんだよね、

いつも仕事をしていると目の前のことだけで世界がいっぱいになってしまう。

 

 

そんなときに、田口ランディさんの小説というのは、心をほぐしてくれるです。

世界が舞台

 

 

それから


自分がいってみたいところの話だったり

じっさいのお話しが目の前で展開されているような錯覚をおぼえる

今だって、ページをひらいてみたらカンボジアの話がでてきた。


「これは、子供を木にうちつけた木です。」


一回ページを閉じてしまった、それぐらい衝撃的。

そんなことが田口ランディさんの小説ではあちこちで起こる。

元気がないときには、「サンカーラ」を読む

 

 


でも私がもっていた「サンカーラ」は今エジプトの私の御部屋に、私の

大切なほかの本たちと一緒においてある。


田口ランディさんの本のほかに、

別世界の入り口となっているものがある。


それはこれです!!!


フランス語のお話しを、フランス語できいて、日本語で読む。

これです。

 

使う言語が違うと、使う言葉の単語の種類はかわるかもしれないけれど、

伝えたいという思いがあればそれは同じ感動として受け取ることができる。

 

 

田口ランディさんの「根をもつこと、翼をもつこと」

この本を開けるとそこにあることば。。


翼とは意識だ。

飛翔し、創造する力。イメージし、自由に夢想する力。

根を持つこと、翼をもつこと。

 

使う言葉も違う、表現する方法もちがうけど

そこにはたしかに、同じ思いがあると思う。

 


ブランドコンセプターヴァレリーさんの言葉は、『時を超越する』です。


 ↓↓
http://ameblo.jp/torikonofuransugo/entry-12235051945.html

 

(ヴァレリーさんの記事をこのブログで前回かいたので

そこにジャンプします)

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

星の王子さまという名作がこんなにも、

小さな手のひらに載る本だとは。

 

 

フランス語で読んでから日本語で星の王子さま読む。

と固く心にきめていたのに。

 

 

とうとう、どうしても日本語で読んでみたいという欲求に

まけてしまって、フランス語で読んだ部分なら

日本語で読んでもいいということにしました。

 

 

同じ本のはずなのに、

なぜか日本語で読む☆彡の王子さまと

 

フランス語で読む☆彡の王子さまは違います。

 

 

どうしてでしょうか。。。。

 

 つづきはこちらから

 ↓↓

http://furansugo.website/?p=1572

 

姉妹ブログのココフラにジャンプします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

パリには本当においしいパティスリーがたくさんあるとききます

それから、とても素敵な雰囲気のサロンドテとか。

 

 

その経営をされている方の哲学というのを考えたことはありますか?

人気のあるお店、人を引き付ける場所というものには、ある秘密が隠れています。

 

 

それは「コンセプト」だったり「哲学」だったり文字でかいてあったりしないので見えませんが、

感じることができるものです。

 

 

そんな素敵なサロンドテのお話しです。

 

 ↓↓

 

 

 

 

普通の旅行では耳をすますことのないフランス語が

聞き取れるようになるメルマガです

 

 ↓↓

http://furansugo.website/?page_id=133

(姉妹サイトのココフラのページへジャンプします)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

173

 


新年というのはいいですね、それだけで古いものがなくなって、さっぱりとキレイになった気がします。

 

 

フランス語はあなたの生活でなくてはならないものになっていますか?

 

 

私はフランス語に触れる時間がまったくないと、大切な人とのデートにいけなくなってしまったような残念な気持ちになります。

 

<フランス語の挫折しない秘密はただ一つ>

 

フランス語は触れようと思ったときには、触れられるところにいますので、あとはあなたが本当にフランス語を聞いてみたいか、読んでみたいか、話してみたいかの気持ちだけだなとおもいます。


なのでフランス語の学習の挫折しない秘密は、「本当にフランス語に触れていたいですか?」というところにもあるかもしれません。

 

別のたとえ方をすると、歯を磨かないでねても気持ち悪くありませんか?という生理的な問題にまでかかわってくる感覚に近いかもです。

 

 

<ドキドキするフランス語に触れる楽しみ>

 

最近のフランス語の教材のテキストが日本語で読んでも本当に心にざわざわと残るエッセイのようなので、それを今日は紹介したいです。

Paris Life Collection というシリーズで今年中には書店にならぶ予定もあるそうなので、今のうちにゲットですよ。

今なら本を買わなくても無料でお話しがきけます。
 

パリへ直通のどこでもドア

 

 

 

<パリライフコレクションに登場する型破りな女性とは?>

 

今日はおそらく個性を何よりも重んじる?フランス人のなかでもご自身で「私は型破りな人間です」とかたっておられるので、彼女の話をきいてみるとやっぱりドキドキしてきます。

 

そんな彼女の職業は空間コンセプターというもので、その前の職業はフードデザイナーという最近やっと耳にするようになった分野の第一人者でもあります。

 

 

その空間コンセプターとして最近請け負った仕事について語っている一言から、今日は学んでみたいとおもいます。

 

 

<時を超えつしたものです>


彼女が質問されるのが好きなこととは?

そして その質問にたいして答えるときに大好きな答えとは?

何だと思いますか?


ヴァレリーヴァイスさんは「あなたのスタイルはどんなものですか?」と聞かれるのがすきなんだそうです。

Quel est ton style ?

 

 

ヴァレリーヴァイスさんの答えは 「時を超越した」 です。

Intemporel

 

 

<一流の人>

 

この答を聞いたときにおもわずうなりました。

一流の人に特有なものの見方というののなかに、俯瞰するという態度があります。

空高く、地球が青くみえるぐらいまで高いところに上って、そしてそこでいろいろと思っている、思索する。そういった態度です。


時を超越したスタイルだと答えるヴァレリーさんのことばのなかには彼女の願いというか 狙い?目指すものがきっちりとあらわされています。

 


「私の作るものは時代を超えていく、過去から、現在、そして明日へ」

J'aime bien dire que  ce  que je crée traverse

le  époques, passé, actuel et de demain.


世界遺産みたいな時代を超えて人に感動をあたえるものを作り出したいというつよい魂の思いのようなことを感じてしまったのは私だけでしょうか?

 

 

 

<本屋さんで買わなくてもいいですよ、今だけ>

 


今年フランス語を始めたい人の背中をおしてもいいよっていわれたら、

楽しいフランス語、書店で買わなくてもいいよいまなら!とお勧め中

 

 こちらから
 ↓

パリへ直通ドア

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

星の王子さまをフランス語で読むというのは、

一年前はちょっと辛いと思うこともあった。

 

知らない単語が多すぎて、調べるのでつかれてしまったから。

意味調べはほどほどにしないと、いつまでたっても

フランス語がスラスラよめるようにはならないとは聞くけど。

 

 

はてな?というものがあったら、そして調べる手段があったら、調べたくなるというのがホントのところ。

 

 

でも一年たったら、あら?結構わかる単語が増えてる。

わからない単語があっても、前と後ろの分かる分をつなげて、検討をつけることができる。

うれしい発見でした。

 

 

フランス語の楽しいまなび方は?ときかれたら

星の王子さまをフランス語でよむこと!と答えられるようになりました。

 ↓

http://furansugo.website/?p=1567

 

 

 

 

 

 

続きはこちらから(姉妹ブログへジャンプします)

 ↓↓

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

捨てることで新しい学習法が見えてくる?~無料だけど学びどころ満載

 

フランス語を学習している人の話をよくよくきいてみると、「英語」というキーワードがたくさん出てくる。

 

そしてその英語に対しての道筋が二つに分かれる。


道筋1:英語を学校で学んだけど全然楽しくなくって、外国語がきらいになった。

道筋2:英語が得意で外国語を学ぶことの楽しさをしった

 

 

そしてフランス語で出会った2つの道筋をまとめる一つのキーワード「パリがすき」


何度もなんどもパリを訪れて旅を楽しむ人。

パリになんとなくあこがれがある。

 

そこでフランス語を学んでみよう、もっと楽しいことがあるはず。

この、もっと楽しいことがあるはずというのは本当にそうだとおもう。

フランス語を学ぶことで世界が広がるのは本当にそうだから、

でもやっぱり躓くことはある。


本当にフランス語が上達しているんだろうか、とかね。

そんなときには学習方法そのものをいったん見直してみるのもいいかもしれない。


 つづきはこちら

 ↓↓   

(姉妹ブログのCOCOFRAの記事へジャンプします。)

古い学習法はすててみる?

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

パリのマルシェでキノコを買うときの会話です。


買う人: Bonjour! Vous savez quel champignon c`est ?


売る人: C'est du champignon brun de Paris .


買う人: D'accord, des champignon bruns de Paris....

     C'est bon ?


売る人: Ah oui, oui, ! C'est super bon !

買う人: Ah bah !

Champignon brun de paris .


パリのキノコ、パリではキノコの栽培が盛んなのでしょうか?

あるところでは、Champignon de paris というのはマッシュルームだという説明がありましたが、

はっきりいって、マッシュルームってどこでも栽培できるとおもうのですが、de Parisと

くっつけるにはなにか理由があるのでしょうか。気になります。


キノコの話の続きはこちら (姉妹ブログのCOCOFRAの関連記事へジャンプします)

 ↓↓
 http://furansugo.website/?p=1521

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。