世界が広がる

テーマ:

壮大なタイトルですが、自転車の話です!笑

 

 

昨日、小学2年になった息子が、ついに補助輪無しで、自転車に乗れるようになりました!!!

 

 

 

乗れる子は保育園のうちに乗れるようになるみたいなんですが、うちは父親に似て、なかなかどんくさいんですよ。

 

 

さらに、これまでほぼ乗る必要性が無く、練習もしない。

 

 

 

そら乗れんわな、って感じでした。

 

 

 

しかし、徐々に友達と遊びの約束なんかもするようになってきて、そろそろやらなあかんのちゃう?ってことで、特訓をしよう!となりました。

 

 

 

1回目。

 

フラフラながらも乗れる!!!

 

 

 

 

特訓終了。(ちーん)

 

 

 

 

ほんまに1回で終わりました。笑

 

 

 

 

というのも、ストライダーって練習できるやつがあるんですけど、それを一時期友達から借りていて、それをビュンビュン乗ってたんですね。

 

だから、もう感覚は完全に掴めていた模様。

 

 

 

自転車のポイントは感覚なんですよね。

 

 

 

何はともあれ、無事乗れるようになって一安心。

 

 

 

でも、昔、祖父母に買ってもらった小さい自転車しかなかったので、さすがに買ってやることに。

 

 

 

白のかっちょいいやつで、大満足しております!

 

 

 

今日の夜、自転車に乗る心得を、ベッドの中で教えました。

 

交差点や道を走る時の注意事項などを色々と。

 

 

「そんなん分かってる!」とか言ってましたので、ガチン!と怒り、自転車がいかに危険か、それは自分だけじゃなく、他の人を傷つけることもあるんだ、ということをコンコンと話しました。

 

 

 

そして、これから自転車で色んなところへ自分だけでいくということは、もう親は真横で守ってやれないんだ、自分で自分を守らなきゃいけないんだ!と伝えました。

 

 

 

親としては、少し不安もあります。

 

 

でも、自転車に乗れるようになるってことは、子供にとって、無限に「世界が広がる」と思うんです。

 

 

大人にとっては、すぐソコかもしれませんが、子供にとって、歩いていけない距離は未知ですよね。

 

 

この自転車で、どんどん自分の世界を広げて、沢山の経験をして、ワールドワイドな男になって欲しいな、と思います!(←だいぶおおげさ)

 

 

 

それと、補足で、絶対にしてはいけないことを教えました。

 

 

それは、、、

 

 

 

ハンドルを左右反対の手で持つことは絶対にアカン!

 

 

 

これ、やったことあります?

 

 

 

私は、小学校高学年くらいに、前から気になってたもんで、一回やってみたんですよ。

 

 

 

結果は・・・・

 

 

一生やらない!と心に誓いましたね。

 

 

それくらいの恐怖体験をしましたね。

 

 

いまだに、その場所覚えてますもんね。

 

 

 

 

良い子のみんなは、絶対マネしたらあかんよーーー!

 

 

ということで、息子ワールドワイド特集でしたーーー

 

 

 

 

 

 

 

AD